南大阪の最新医療を担う 近畿大学医学部附属病院

総合メニュー

病院のご案内

外来受診のご案内

診療科・部門ご案内

入院に関するご案内

より良い治療の為に

交通アクセス

医療機関のかたへ

近畿大学へのリンク
近畿大学近畿大学医学部ホーム近畿大学ホーム

近畿大学医学部附属病院 ホームページTOPへ

読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

サイト内検索はこちらから
診療科のご案内

診療科・部門ご案内

整形外科

近畿大学医学部 整形外科 ホームページはこちら 外部リンク


診察している特殊(専門)疾患

運動器の障害や損傷などに対する外科治療を通じて健康と福祉に貢献します。

  1. 関節外科:関節リウマチ、変形性関節症(股、膝、足、肘、肩など)、関節スポーツに伴う運動器障害や外傷、感染症など
  2. 脊柱疾患:頚椎症、脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、脊柱変形による立位保持困難、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、感染症など
  3. 手の外科、末梢神経障害:手根管症候群、肘部管症候群、足根管症候群など
  4. マイクロサージェリーを要する再建外科:腕神経叢損傷、軟部組織欠損
  5. 骨軟部の良性・悪性腫疹

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ー…休診

担当医師案内

  午前 午後
リウマチ・下肢関節外科
  • 赤木 將男
  • 井上 紳司

脊椎・脊髄外科
  • 橋本 和喜

整形一般全般
  • 中川 晃一
リウマチ・下肢関節外科
  • 赤木 將男
  • 井上 紳司

脊椎・脊髄外科
  • 橋本 和喜

整形一般全般
  • 中川 晃一
スポーツ・下肢関節外科
  • 朝田 滋貴

整形一般外来
  • 墳本 一郎
  • 福岡 宏
  • 小川 智永
スポーツ・下肢関節外科
  • 朝田 滋貴

整形一般外来
  • 墳本 一郎
  • 福岡 宏
  • 小川 智永
手・上肢外科
  • 柿木 良介

骨・軟部腫瘍、骨転移
  • 西村 俊司

骨・軟部腫瘍
  • 橋本 和彦

整形外科一般
  • 家村 駿輝
手・上肢外科
  • 柿木 良介

骨・軟部腫瘍、骨転移
  • 西村 俊司

骨・軟部腫瘍
  • 橋本 和彦

整形外科一般
  • 家村 駿輝
脊椎・脊髄外科
  • 宮本 裕史
  • 池田 光正

整形外科一般
  • 山岸 孝太郎
脊椎・脊髄外科
  • 宮本 裕史
  • 池田 光正

整形外科一般
  • 山岸 孝太郎
骨粗鬆症・骨代謝
  • 池田 光正

整形外科一般
  • 野中 藤吾
  • 冨山 貴司
  • 中村 文久
骨粗鬆症・骨代謝
  • 池田 光正

整形外科一般
  • 野中 藤吾
  • 冨山 貴司
  • 中村 文久
整形外科一般
  • 交替制
             

診療スタッフ

責任者・診療部長:赤木 男 教授

→専門医資格について

担当医師名 専門分野 専門医資格
赤木 將男 リウマチ・下肢関節外科 整形外科専門医・リウマチ専門医
柿木 良介 手・上肢外科整 整形外科専門医・リハビリテーション専門医
宮本 裕史 脊椎・脊髄外科 整形外科専門医
朝田 滋貴 スポーツ・下肢関節外科 整形外科専門医・リウマチ専門医
池田 光正 脊椎・脊髄外科 整形外科専門医・リウマチ専門医
西村 俊司 骨・軟部腫瘍 整形外科専門医・リウマチ専門医
橋本 和喜 脊椎・脊髄外科 整形外科専門医・リウマチ専門医
井上 紳司 整形外科一般 整形外科専門医
橋本 和彦 整形外科一般 整形外科専門医
中川 晃一 整形外科一般 整形外科専門医
墳本 一郎 整形外科一般 整形外科専門医
山岸 孝太郎 整形外科一般 整形外科専門医
中村 文久 整形外科一般
家村 駿輝 整形外科一般

診察内容

  1. 運動器は人が人らしく自立した生活を送る上で欠くことの出来ない重要な器官です。急速な高齢化により運動器に障害を持つ患者さんは増加の一途を辿っており、一方、少子化社会においては未来を担う小児の運動器疾患・外傷の位置づけも必然的に高くなります。さらに、豊かな社会はスポーツ人口の増加をもたらし、それに伴う急性・慢性運動器障害が増加しています。これら運動器損傷や障害を扱い、患者さんの健康と福祉、生活の質向上に貢献します。
  2. 当科では運動器のあらゆる障害と外傷について高度で専門的な診療を行っております。診断が明らかでない場合や、保存的治療にて改善がなく手術治療が必要な状態と判断される場合には、診療情報提供書とともに当科へのご紹介をお願い致します。一般的な四肢外傷にも対応しております。
  3. 近隣医療機関との診療連携、診療支援にも尽力しております。地域医療連携室(患者支援センター)を通じて、または、診療情報提供書持参の初診患者のご紹介を宜しくお願い致します。

特色

  1. リウマチ・スポーツ関節外科、上肢(手)外科、脊椎外科、骨軟部腫場外科の4 グループに分かれて専門的な診断・治療を行っています。それぞれチームは国際的な学術活動も行っています。
  2. 人工関節置換術(膝と股関節)は日本有数の高い技術力、臨床研究能力を誇っています。大学病院として最多の症例数で、在院日数もわが国では最短です。主任教授の専門分野です。
  3. 当科は伝統的に関節リウマチ診療を得意分野としており、スタッフの多くがリウマチ専門医・指導医の資格を持っています。早期からの積極的な薬物治療を行い、四肢の関節から脊椎に至るあらゆる外科治療を行っています。
  4. 手・上肢は非常に繊細な運動器で、手術には高度な専門性が要求されます。一般的な手外科手術に加え、マイクロサージェリーによる機能再建術、血行再建術を得意としています。
  5. 様々な原因による脊柱管狭窄症による脊髄・神経根圧迫、麻療に対応しています。低侵襲手術から高度な技術を要する脊柱変形矯正・固定まで様々な手術を行っています。
  6. 骨軟部の良性・悪性腫療の診断治療は当院の重要な業務です。多くの手術症例に対応し、集学的治療により良好な成績を上げています。
  7. 周術期管理を徹底し、安全で満足度の高い医療を目指しています。