近畿大学医学部看護職員募集案内

病院見学会/インターンシップ資料請求
近畿大学医学部サイト
新人の1日 (手術編)

外国語大学を卒業後、手に職をつけようと看護専門学校に入りなおしました。近大病院には、附属病院の救命センターで診療補助員の仕事をして、看護師の方の働く姿に「これだ!」と思って入職を決意。オペ室に配属されてからは、器械や術式、解剖整理など勉強することがたくさんあります。医師と協力しながらたくましく働く先輩看護師を見ていて、「早く自分も一人前になりたい!」と思う毎日。手伝いながらも、その仕事ぶりを観察して学んでいます。

早めに出勤して着替えます。夜勤帯で起こったことの申し送りを受けた後、患者さまの状況や手術内容などを確認。その後、手術の準備として、ベッドに必要な物品が用意されているので準備表を見ながらチェックし、使えるよう展開します。

ストレッチャールームにて、患者さまの本人確認。病棟の看護師や主治医、また全身麻酔が必要であれば麻酔科の先生も参加します。その後、手術室に入り、麻酔を導入。全身麻酔であれば挿管し、人工的に呼吸ができるようにします。麻酔の導入時間が1時間ほどかかることも。

1年目の看護師は主に、器械だしを担当。執刀医と同じガウンを着用し、指示に応じたメスなど必要な器械を渡します。手術の状況を見て、先回りして指示前に用意できるのが理想です。大切にしているのは、コミュニケーション。正確な指示や状況が把握できていなかったり、まわりと連携がとれていないと、ミスや遅れにつながります。特に1年目だと、指示や必要な器械を理解しているかどうか返事をすることはとても重要です。また器械だしのほかに、手術が安全に行われるように全体的に管理して、手術記録に入力したりする外回り担当の看護師もいます。

手術が終わり、患者さまが自発的に呼吸できるようになれば管を抜きます。患者さまは麻酔から急に目が覚めて混乱することもあり、点滴などが抜けないようしっかりと気をつけています。「手術がおわりましたよ」「ベッドが狭いので動かないでくださいね」と優しく声をかけ、落ち着かせてから退室します(手術の片づけに関しては、専門の業者が行います)。

休憩して昼食をとります。1日で担当する手術の件数は、日によってバラバラ。手術にかかる時間もさまざまで、大体3時間~3時間半ほど。長ければ10時間以上に及ぶこともあります。ただ、その途中でも休憩や退勤の時間がきたら、交代する看護師と申し送りを行います。

手術終わった後の片づけを行います。また、翌日にスムーズに手術が行えるように準備します。

家に帰ってからその日の振り返りや次の日のオペの勉強を行います。堺市に住んでいるので、途中のなんばでショッピングをすることも。また、外国語大学出身で英語に興味があるので、なんばの英会話教室にも仕事終わりに通っています。