近畿大学医学部看護職員募集案内

病院見学会/インターンシップ資料請求
近畿大学医学部サイト
専門看護師・認定看護師紹介

家族支援専門看護師として現場で実践しながらも、現在のメインの仕事は病院全体の教育システムの構築です。専門看護師になるために大学院で学んだ教育アセスメント・プログラムづくりに関するノウハウや知識を活用し、現場の看護師一人ひとりが自らのキャリアを能動的に築ける教育環境を整えています。高齢化が進む世の中において、各地域によって求められる医療の質や環境はさまざまです。現場の看護師が流動的な目の前のニーズを見極めながら、必要な知識やスキルを身につけていくことができれば、それは最終的に患者さまやそのご家族に質の高いケアを提供することにつながります。看護師自身も「良い看護ができた」というやりがいをより実感できるはずです。

※大学院修士課程を終えるために2年間学校に通う必要があります。しっかりとプランを立て、モチベーションを維持することが重要です。

私が認定看護師になったのは、外来で放射線療法を受けていた乳がんの患者さまがきっかけ。コミュニケーションもしっかりとっていたはずなのに、残り3回の時点で「私は薬がよく効くし、副作用も強く出やすいのでもうやめます」と治療を完遂できなかったのです。のちのち再発してしまうのですが、もっと専門知識やがん患者さまへの理解ができていれば防げたことかもしれません。認定看護師になってからは、患者さまやご家族の身体的・心理的・社会的問題をアセスメントするとともに、放射線療法の原理を理解した上で治療を完遂できるように支援しています。また、他の看護師への相談対応やがん看護セミナーによる指導などを通して、看護の質の向上にも貢献できていますね。

※実務経験が問われるので、まずは自己研鑽に励むことが大切です。関連の教育機関の6ヶ月の研修では、気力と体力が必要です。