近畿大学医学部看護職員募集案内

病院見学会/インターンシップ資料請求
近畿大学医学部サイト
チーム医療

近大病院で質の高い医療を実現するための核の一つが、スペシャリスト集団による「チーム医療」。病院の特性やニーズに沿って様々な職種のスタッフが集い、組織横断的に活動しています。実際に、どのようにして患者さまに最善のケアを提供しているのか。チーム医療に携わる看護師が紹介します。

緩和ケアチームでは、主にがん患者さまのケアに対応しています。チームメンバーは身体ケア担当の医師と精神ケア担当の医師、また薬剤師や管理栄養士、臨床心理士、歯科衛生士、口腔外科医、ソーシャルワーカー、理学療法士が数名ずつ所属。私は看護師として患者さまを全人的にとらえて調整を図り、ケアを提供する役目を担っています。がんと診断された場合、仕事や家庭の状況をどのようにして調整、治療と向き合うのかを考えていかなければなりません。緩和ケアチームでは特に、病棟のスタッフだけでは対応しきれない複雑なケースを取り扱うことが多いですね。痛みなどの身体的苦痛、治療方法の意思決定、日常生活や家族との関わり方、仕事の継続など、色んな要素が複雑に絡み合っているため、それを一つひとつ解きほぐして、問題解決に導くことが求められます。

チーム医療では、QOL(quality of life=患者さまの生活の質)と治療の両立を最も大切にしています。治療のみを優先して、患者さまがそれまで過ごしてきた生活を損なってしまっても意味がありません。その人らしさを大切にし、患者さまを「患者」としてだけではなく、「生活者」としてとらえる視点も必要。たとえば、日常的に運転するなら薬も眠気の副作用が起きないものにするなど、生活のあり方が治療方法に大きく影響するのです。また、患者さまと一番接する病棟スタッフとの連携も大切にしています。あくまでチーム医療は現場のサポート。前に出すぎて、病棟の主治医や看護師と患者さまの関係を壊してしまっては最適な治療が実現できません。主体は現場であり、緩和ケアチームは多職種の専門性を活かしてご提案することで、病棟を支援できたらと考えます。

緩和ケアチームと病棟スタッフのケアがつながり、一体感を持って患者さまとそのご家族が希望するゴールを迎えることができたときですね。それぞれが専門性を発揮しながらも、いかに一つのゴールに向かって集約していけるか、それは全体の調整役である看護師の腕の見せ所です。カンファレンスにおいて、私は司会進行としてみんなが意見を言いやすい雰囲気づくりを意識しています。専門外のことに関しても、いち生活者として意見を言い合って、それぞれが成長できる場となるよう心がけています。それは、病棟スタッフとの関わりでも同じですね。多職種の緩和ケアチームと病棟のチームがそれぞれどの役割を担い、それをどう調整していけばゴールにたどり着けるのか戦略を考えていく。最適なケアが提供できた時はケーススタディとして次に活かされるなど、看護の質の向上にもつながっていきます。