教育・研修

キャリア開発

近畿大学の原点は「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成すること」にあります。そして当院でもこの教えを基盤に看護師の「キャリア開発システム」を構築してまいりました。当院の「期待する看護師像」は、人間性豊かで思いやりの心を持った自律した看護師です。その看護師像を目指し、育成するキャリア開発の中心が「マイキャリア」です。自身のキャリアは自身で開発するという「自律」の意味を込めて名付けています。
一人ひとりの看護師が専門職者として自律しやりがいを持って活き活きと仕事に取り組めるように、Ⅰ~Ⅳ段階に設定した看護実践能力別到達目標の達成を目指した教育プログラムを立案し研修を展開しています。どの研修でも大切にしていることは「人間性や倫理的感性の豊かさ」です。
キャリア開発
看護実践能力別到達段階の定義 看護実践能力別到達目標
看護実践能力別
到達段階Ⅰ
免許取得後、初めて就労する看護職員で、就労後1年未満の者
就労後、早期離職等の理由で看護実践がない場合も含む
指導や助言を受けながら看護実践ができる者
看護実践に必要な基本的能力を習得する
チームメンバーとしての役割・業務がわかる
看護実践能力別
到達段階Ⅱ
就労1年以上の者
基本的な能力を有し、看護チーム内の看護実践ができる者
役割の目安:チームメンバー、担当看護師
基本的能力を活用し看護実践ができる
チームメンバーとしての役割と責任を果たす
看護実践能力別
到達段階Ⅲ
看護の必要性を判断し、自律的に看護実践できる者
主体的に学習する姿勢を持ち、自己の学習課題を明確にできる者
情緒的に安定した教育的指導ができる者
役割の目安:実地指導者、サブリーダー、日勤・夜勤リーダー
看護の必要性を判断し実践できる
チームの現状を把握し問題に対する取り組みができる
看護実践能力別
到達段階Ⅳ
リーダーシップを発揮しながら看護実践ができる者
看護実践者として役割モデルになり、指導的・研究的能力を有する者
役割の目安:教育担当者、臨床実習指導者、チームリーダー
看護実践者としての役割モデルとなり、
責任を持って後輩・学生の指導ができる
看護チームの中でリーダーシップが発揮できる

キャリア開発概念図

教育・研修

研修計画

看護実践能力別到達段階研修
新規採用者研修 看護実践能力別
到達段階Ⅰ
看護実践能力別
到達段階Ⅱ
看護実践能力別
到達段階Ⅲ
看護実践能力別
到達段階Ⅳ
管理者(主任以上) 全看護職員対象
看護部の概要、教育計画
看護記録
看護必要度
BLS研修(既卒者)
薬剤管理
スキンケア
静脈注射
報告、連絡、相談
感染予防対策1
安全管理1
看護倫理1
採血技術
1ヶ月研修
救急看護処置技術
3ヶ月研修
心電図研修( 基礎・応用)
輸血療法
6ヶ月研修
キャリア開発について
1年研修
医療用ポンプ
人工呼吸器
防災災害対策
安全管理1
看護倫理1
静脈注射実施者育成
感染予防対策2
実地指導者育成
教える力研修
看護研究1(事例検討)
看護倫理2
退院支援アセスメント
退院支援プロセス
フィジカルアセスメント(基礎)
フィジカルアセスメント(実践)
災害の備え
がん患者家族への看護実践を見直すための基礎知識
静脈注射認定 看護師育成
感染予防対策3・4
安全管理2
臨床指導者研修
交渉術
看護倫理3
急性期病院における高齢者ケア
マネジメント(リーダーシップ)
マネジメント(交渉術)
マネジメント(問題解決)
教育担当者育成
安全管理3
看護倫理4
主任昇格者研修
安全管理
人事評価
問題解決
活動報告会
臨床研究の楽しさ
看護研究発表会
ハラスメントの予防と対策
領域別研修
皮膚・排泄ケア 手術看護 糖尿病
褥瘡予防・治療ケア
手術看護を学ぼう
糖尿病看護

新人支援体制

新人看護職員の教育方針に基づき、各部署で実施される研修の企画・運営を中心に行う教育担当者を配置し、新人看護職員への指導・評価、実地指導者への助言および指導を行っています。 実地指導者(プリセプター)は、最も身近な指導者として新人1~2名に対し1名を配置し、臨床実践に関する指導、評価を行っています。 新人支援体制では、部署全体、チーム全体で育てるという認識を持ち、メンタル面にも配慮しながら看護実践能力獲得のために関わっています。
新人支援体制