近畿大学東洋医学研究所 / 大阪府で漢方・鍼灸治療 月経前症候群、PMS、冷え症、アトピー、がん、心身症でお困りの方へ

受診される方へ

  • HOME
  • 受診について

受診について

自由診療(保険診療でない)のメリットは?

 煎じ薬で最も大切なものの一つが原料である生薬です。ところが、保険診療では使用できる生薬の品目数が限られており、高品質な生薬を使用することができません。エキス製剤に関しても保険病名の制限があるため、本当は効果が期待される薬剤でも保険診療では使用できない場合があります。また、検査に関しても同様のことがいえます。私達は、個々の患者様の治療が最大限の効果を発揮できるように自由度の高い診断・治療を実施しております。そのため附属診療所では自由診療による診療を行っております。

診療費(税抜き) *平成26年4月1日現在

初診 再診 お薬代 調剤料 鍼灸治療
5,000円 2,000円 *1日あたり
約200~500円
10日分を超えた場合
1日あたり10円加算
左記の診察料+鍼灸治療費3,000円
受診について
  • お薬代は処方内容によって異なりますので、あくまでも目安の金額です(今後、変更する可能性もあります)。
  • 煎じ薬について
    煎じ薬が処方された患者様に、煎じ方、服用時間、服用方法、保存法等につきまして、「お薬渡し口」で薬剤師が説明しますので、初めて服用される方もご安心下さい。

保険診療部門(漢方診療科)について

保険診療部門である漢方診療科外来を週1回、火曜日に実施しています。

このページの先頭へ