近畿大学附属看護専門学校

情報発信Information

お知らせ

新型コロナウイルス感染症 拡大に対する取り組みについて

学生・保護者の皆様

令和2年5月1日

新型コロナウイルス感染症拡大に対する取り組みについて

 新型コロナウイルス感染症による特措法施行に基づき、当校は4月の新学期開始当初より登校をとりやめ、オンラインによるガイダンスや授業を行ってまいりました。現在のところ、学生・教職員の健康が維持された状態で講義が進められており、あらためて皆さんの努力に感謝いたします。

【登校に関する事項】
 登校禁止期間を5月10日までとしておりましたが、このたび、近畿大学は5月31日(日)まで期間を延長することに決定いたしましたので、看護専門学校も同様の措置をとることとしました。
 登校開始日については、関西以外から来阪する学生がいることを踏まえ、準備に必要な期間(1週間~10日)を考慮し、改めてお知らせいたします。

【学修面での支援】
 オンラインでの講義は、文部科学省及び厚生労働省がこの新型コロナウイルス感染症の発生に伴う対応の一つとして推奨しているものであり、単位修得として正式に認められています。当校ではより一層の双方向的な教育活動を目的に、Google Classroomなどの新たなツールの導入を検討しながらオンライン講義の充実に取り組んでまいります。
 また、学生への健康面・感染予防の観点からやむなく延期している臨地実習においても、文科省・厚労省から提示されている対応策にのっとり、単位修得ができるよう準備をしているところです。
 一人で学習することは不安であり、自分を律することも必要なため、皆さんにかかるストレスは大きいでしょう。しかし、この事態は全国の看護学生・助産学生にとって同様であり、まだ新学期の授業が始められていない学校も多くあります。そんな中でも同じ夢をもつ人たちが全国で頑張っていることを忘れないで乗り越えてほしいと願っています。

【経済的支援】
 このたび、近畿大学は、大学が設置するすべての大学・学校で学ぶ学生全員に対して、オンライン授業等の学修環境整備を含めた自宅学修支援金として一律5万円の支援を実施することになりました。登校が開始になったのちも、しばらくの間、オンライン講義と対面講義を併用することが予測されます。その準備にぜひご活用ください。
支給方法につきましては、別途お知らせすることとします。また、そのほかの支援として、授業料の延納・分納の制度もありますので、教育要項を確認のうえお問合せください。

2020/05/01 12:00