文字サイズ
  • 標準

がん相談支援センター

HOMEがん相談支援センター支援内容

がん相談支援センターの支援内容

具体的な相談支援について ~例えば、このようにご相談ください~

  • 検査・治療
    自分のがんや治療について詳しく知りたい
    担当医から提案された以外の治療法について考えたい
    セカンドオピニオンって何?
    将来子どもをもつことができるか心配です
  • 医療者とのコミュニケーション
    担当医からの説明がよくわからない
    質問したり、希望を伝えることができない
    何を聞けばよいかわからない
  • 身体の症状
    痛くなったり眠れなくなった時に、どうしたらいいか分からない
    治療の副作用が心配、対処方法を知りたい
  • 社会福祉制度
    活用できる社会福祉制度、介護・福祉サービスを知りたい
    仕事や育児・家事のことで困っている
  • 療養生活について
    自宅を含めて、療養場所を考えたい
    療の副作用や合併症と上手につきあうには?
  • 社会との関わり
    病気について職場や学校にどのように伝えれば…
    仕事を続けながら治療はできるだろうか…
  • 心のこと
    落ち込んでつらい…
    誰かに気持ちを聞いてもらいたい
    これからどうしたらいいのかわからない
  • 緩和ケアについて
    緩和ケアって何?
    緩和ケアはいつから受けるの?
    治療を受けながら緩和ケアを受けるにはどうしたらいいの?
  • がん予防や検診
    がんの予防方法ってあるの?
    がん検診の申し込みはどこでできるの?
    がん検診を受けて再検査が必要と言われ心配です
  • 家族のこと
    家族にどう話してよいのかわからない…
    家族ががんと診断されてどうしたらよいかわかりません

相談支援に関わる職種の紹介

国立がん研究センターの研修を修了した、看護師・ソーシャルワーカーが、相談員として対応しています。

がんゲノム医療コーディネーター、両立支援コーディネーター、国立がんセンターアピアランス研修を修了したスタッフが相談に対応しています。

まずはがん相談支援センターにご相談ください
  • がんという病気や治療に関する一般的な情報提供を行い、療養に必要な情報収集をサポートします。
  • がん治療の選択について迷った時、疑問に思った時には必要な情報を伝え、納得して決めるためのサポートを行います。
  • 診断結果を待っている間・診断直後に何を相談したら良いかわからない時は、それらを整理することからサポートします。
  • 治療開始前・治療中・治療後も、病気や今後に対する不安や気がかりなど、気持ちの整理をお手伝いします。
  • 診断時からの緩和ケアについて、苦痛を緩和する方法を一緒に考えます。
  • 医療費の負担や仕事を継続するための情報提供を行います。
  • 病院や在宅など、療養場所の選択についてサポートします。
Page
Top