文字サイズ
  • 標準

がん相談支援センター

HOMEがん相談支援センターがんゲノム医療について

がんゲノム医療について

がんゲノム医療とは
がんゲノム医療現在の医療では、身体からがん組織を採取し、その遺伝子を調べることによって、そのがんの特徴を知ることができます。既に、いくつかのがんでは、遺伝子の変化について個別に検査し、その結果に応じた薬剤での治療が行われています。
このようにがん毎の遺伝子の変化を明らかにし、解析結果に即した医療を行うことを「がんゲノム医療」といいます。
「がんゲノム医療」は、がんの種類や病状によって、すべての方が受けることができるとは限りません。また、解析結果によっては、その後の薬剤での治療が確立していなかったり、研究段階の場合もあります。
がんゲノム医療の情報提供の現状
新聞やインターネットでは、聞きなれない用語が飛び交い、患者さんは自分が検査を受けるにはどうしたらよいか、わからないという現状が予測されます。
がん相談支援センターでのサポート体制

がん相談支援センターでは、正しい情報提供を行い、がんゲノム医療を受けることを含めた、これからの治療について、一緒に考えサポートします。

  • 相談者がイメージしているがんゲノム医療について確認します。

    検査の対象となるがんの種類や進行度についてご存知ですか
    検査にかかる費用はご存知ですか
    検査する遺伝子の種類はご存知ですか
    ・・・・・等

  • がんゲノム医療の目的、検査方法、結果の取り扱いとのその後の薬物療法での治療、受診方法について必要時は、検査担当医師と連携をはかりながら個別にご説明します。
  • がんゲノム医療を受ける経過に応じて、必要時には、一定の研修を受けた、がんゲノム医療コーディネーターが対応します。
がん相談支援センターでのサポート体制
Page
Top