施設認定など

・日本内科学会認定医制度の研修医指導施設
・日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
・日本心血管インタ-ベンション治療学会研修施設
・日本心血管カテーテル治療学会(JACCT)
 教育認定施設
・超音波専門医研修施設
・日本心臓血管内視鏡学会認定施設
・植込み型除細動器認定施設
・ペーシングによる心不全治療認定施設

 


関連機関紹介

患者さんの命を救うこと、救えること、この深い喜びが私たちの原動力です。
プロフェッショナルの集団として最高の医療を目指します。

近畿大学医学部循環器内科の理念 /教授 中澤学

 この度近畿大学病院循環器内科の第4代目の教授として勤務させていただくことになりました。先代の宮崎俊一教授からの引き継がれる伝統、理念を生かしつつ更なる飛躍のために誠心誠意尽力してまいりたいと思います。
 近畿大学循環器内科は臨床、研究、教育を三位一体として地域医療の中心的立場として社会貢献することを目標に活動しています。中でも最重要項目は地域の患者様に安全で満足度の高い医療を届けることです。このために患者様に寄り添い、皆に信頼される医療機関を目指して日々研鑽を積んでいます。近年、チーム医療の重要性が強調されております。前述のような良い医療をお届けするためには医師のみならず、看護師、技師、ソーシャルワーカーをはじめとするコメディカルスタッフとの協力が不可欠です。これはそれぞれの業務負荷軽減にもつながりますので、現在の働き方改革とも矛盾しない考え方となります。
 リーズナブルで良い医療を提供するためにはグローバルスタンダードを知っておくことが重要です。常に研究的視点を持ち、世界標準と照らし合わせて、自身の医療行為への振り返りおよび検証が必要であります。科全体としてそのような研究的視点を大切に、かつ目の前の患者様に真摯に向き合う、そんな医療を実践していきたいと思います。さらには、その延長線上には世界に対して有意義なデータが大阪から発信できる日が来ると信じています。このような意識を持てるような学生、研修医、専攻医、医員の教育も継続的に行っていければと思いますので、皆様の温かいご支援を切にお願い申し上げます。

 

WHAT’S NEW

2020.01.06 トップページを更新しました。