母性看護学|近畿大学附属看護専門学校

看護学の紹介Science of Nursing

母性看護学

到達目標

母性看護学
  1. 妊産褥婦の身体的・心理的・社会的特徴および新生児の胎外生活適応課程を理解する。
  2. 妊産褥婦および新生児とその家族の看護上の問題を把握し、必要な援助を計画・実践できる能力を養う。
  3. 妊娠・分娩・産褥各期の保健指導を理解する。
  4. 地域社会における母子保健管理の実際を学ぶ。

到達目標を果たすための実習内容や方法

母性看護学実習では対象の理解と看護を学んでいくために、産婦人科外来・分娩室・褥室(産婦人科病棟)の3ヶ所で実習を行っています。

分娩室実習では、実習時間内に出産見学が必ずできるとは限りませんが、出産がある時は、ご本人の了解を得て学生数名で立ち会わせていただいています。生命の誕生に立ち会う感動はなにものにも代え難い体験です。実際、出産の見学ができなかった場合は、出産後の褥婦から出産時の様子を聞かせて頂いたり、見学できた学生から状況を聞くなどして、情報を得ています。

周産期の正常な経過をたどる対象への看護は、問題点を見つけ出そうとしても困難な場合があります。対象が健康であるからこそ、今後も母子共に元気で過ごすことができ、育児もスムースにスタートできるよう援助していくことが大切です。このことは、母性看護学実習ならではの内容で、実習の醍醐味でもあります。

褥室実習では、母子一組を受け持って、授乳指導やオムツ交換、乳房の手当て方法や沐浴指導(赤ちゃん用お風呂に入れる)等を看護者とともに行っていきます。もちろん学生も初めての経験のことが多いので、学内実習で練習したうえで、臨んでいます。

母親も初めての育児で、不安を伴うことが多いので、技術的な指導にとどまらず、心理面への配慮が育児支援へとつながっていきます。

看護学を通して学んで欲しいこと

母性看護学実習では、一人の女性がわが子への思いを育みながら、出産・育児を通して母親へと成長していく姿を目の当たりに体験できる貴重な実習です。

また、妊娠・出産に関する知識や体験は、将来学生自身にも役立つ内容であり興味深い実習となっています。
実習を通して、生命の尊さを改めた実感することで、自分自身もまた尊い命を持った一人の人として大切にできる心を育んでいって欲しいと願っています。