基礎看護学|近畿大学附属看護専門学校

看護学の紹介Science of Nursing

基礎看護学

到達目標

基礎看護学

基礎看護学は、看護における基礎的知識・技術をはじめ、看護師としての自分のあり方を考えるための基礎となり、看護学の基礎として各看護学への発展もさせていく教科です。

看護についての基本的知識とともに、対象となる人間や健康についての理解を深め、様々な対象の個別性を尊重した看護の実践ができる能力を身につけることに到達目標を置いています。

到達目標を果たすための実習内容や方法

基礎看護学は、全ての看護学の基礎・土台となる教科です。
看護学に必要な専門的知識に基づき、講義・学内実習・臨地実習を通して、さまざまな対象の個別性を尊重した看護の実践ができる能力の素地を育成することを目指しています。

1・2年次では、講義が中心となります。
講義は入学後すぐより始まります。講義では看護の対象となる人間を身体的・精神的・社会的側面から統合的に理解するために必要となる知識や看護の役割・機能について学びます。

1年次の5月後半からは学内実習が始まります。講義で学んだ基礎的な知識・技術・態度を統合し、科学的根拠に基づいた看護技術を習得します。基本的な原理・原則に基づいて、設定条件に応じた看護技術を実施すると同時に、模擬患者の体験を通して、患者の気持ちを理解した上で看護師としての行動jができることを目標としていいます。

2年次の終わりより、近畿大学病院での臨地実習が始まります。実際に患者さまを受け持たせていただき、患者さまの健康状態に応じた看護を展開できる基礎的能力を身につけることを目標としています。
また、患者さまを取り巻く様々な職種の人たちの相互関連を知ることによって、看護師に求められる能力についても理解することを目標として実習を進めていきます。

看護学を通して学んで欲しいこと

患者さま個人の意思を尊重し、患者さま自身が決定できるように援助することの大切さを学んでもらえたら、と思います。
その人その人の価値観や幸福基準は異なるということ、それが形成されるのは生活環境や人が発達・成長していく中であるということを知り、謙虚にその人の気持ちに近づく努力をしながら自分が援助できることは何かを常に考える姿勢を持ち続けるようになって欲しいです。