成人看護学|近畿大学附属看護専門学校

看護学の紹介Science of Nursing

成人看護学

到達目標

成人看護学

家庭や仕事などそれぞれの生活を営む成人期の人を対象にします。

身体的に生命の危機状態にある人、生涯にわたり疾患コントロールが必要な人、終末期において症状の苦痛緩和が必要な人など健康状態は様々です。

成人看護学では、成人期にある対象のライフサイクルや健康状態レベルに合わせて必要な看護を提供できるようになることを目標としています。

到達目標を果たすための実習内容や方法

成人看護学総論では、青年期・壮年期・向老期と変化していく成人期の特徴やその年代に起こりやすい健康問題や対象がどのような社会的・文化的時代を生きてきたかを考え対象を理解することを学んでいきます。

・講義、学内演習について
成人看護学方法論では、さまざまな健康状態にある対象の身体面・精神面・社会面の特徴と看護について考えます。実際の対象をイメージし、それぞれの疾患の経過で何が問題になるのか、実際にどのような看護が必要になるのかを考えていきます。具体的な援助方法については、事前課題で調べたことを用いて思考を深めたり、グループで話し合ったりしながら学びを深めていきます。グループ活動では、自分一人では考えられなかったことに気づいたり、皆で協力して1つのことに取り組むことで協調性も養われます。

・実習について
実習では、実際に病院で病気の経過の異なる対象を担当させて頂きます。それぞれの治療経過や病状から身体面を理解するとともに、対象の生活背景や生活習慣、健康への考え方など精神面や社会面を理解し、一人一人の対象に必要な看護を考えていきます。1・2年生で学んだ知識・技術・態度を統合し、社会的な生活を送る成人期にある対象を支える看護を実践する中で、看護の基礎的能力を養っていきます。

看護学を通して学んで欲しいこと

成人期は人生の中で一番長期で、成長・成熟・衰退の過程をたどる時期です。自立した社会的存在である成人では、生活習慣、発達段階の達成や加齢に伴い、健康に関しての課題は多様で、その健康問題が社会生活へ及ぼす影響は大きいといわざるを得ません。
成人期の特徴と健康を害することによるライフサイクルに及ぼす影響や生活の場に生じる問題を理解し、健康の保持・増進、疾病の予防・健康レベルの回復に関わる看護を学んで欲しいと思います。