在宅看護論|近畿大学附属看護専門学校

看護学の紹介Science of Nursing

在宅看護論

到達目標

在宅看護学

在宅看護の特徴は、対象となる人々の生活の場で展開するという点にあり、看護においては、人々がそれぞれにもつ生き方、生活・健康に対する価値観や主体性を尊重しながら、自立支援や自己決定という視点をもち、健康を維持・増進することが目的となります。

そして、在宅療養生活をおくる対象者の特徴や支援方法を学ぶとともに、在宅ケアシステムや社会資源の活用・調整方法について理解することを目標としています。

狭い部屋で一人で暮らす人、家族と一緒に暮らす人など、様々な環境で生活している人がいます。生活の様式や考え方、価値観には、実に多くの個性が存在します。

到達目標を果たすための実習内容や方法

講義・演習内容に関して

【在宅看護概論】
在宅看護が必要とされる社会状況や在宅看護の特性、対象を理解するための概念や、在宅ケアシステム、訪問看護サービス、社会資源・制度について学びます。地域看護との関連から保健師による講義も行なっています。

【在宅看護方法論I】
対象者がおかれている様々な状態や状況に応じた看護過程を学びます。具体的な事例について訪問看護師による講義を行っています。

【在宅看護方法論II】
訪問マナーやケアマネジメント技術、相談・指導技術のほか、在宅における日常生活援助方法や医療処置を伴う援助技術を学びます。ケアマネジメントの具体例についてケアマネージャーによる講義を行なっています。

【在宅看護方法論II演習】
「家庭用品を活用した臥床患者への洗髪」「自己啓発」「訪問看護場面のロールプレイング」を行ない、援助方法における創意工夫の必要性や自己のものの見方や対人関係の傾向、対象者とのコミュニケーションについて学びます。

臨地実習に関して

訪問看護ステーションでは、訪問看護師とともに同行訪問を行ない、個々の家庭に応じた看護の実際について学びます。また、介護老人施設では、通所や入所サービスの実際を知り、施設を利用する高齢者へのケアのあり方について学ぶ機会となっています。

看護学を通して学んで欲しいこと

健康問題や介護を抱えながら生活を営むことに対する考え方、感じ方は人により違い、また、家族との関係のありようも1つ1つの家庭で異なります。

在宅看護という学びを通して、対象となる人とその家族の生活に対応した個別的な援助方法について理解を深め、多様な価値観と向き合い受けとめていく資質や、福祉など他の領域・職種と連携していくための協調性を育んでほしいと考えています。