業績 過去に発表した論文等が一覧できます。
2016年(平成28年)業績

原著

英文論文

  1. Saigoh K, Yoshimura S, Izumikawa T, Miyata S, Tabara Y, Matsushita T, Miki T, Miyamoto K, Hirano M, Kitagawa H, Kira JI, Kusunoki S. Chondroitin sulfate β-1,4-N-acetylgalactosaminyltransferase-1 (ChGN-1) polymorphism; association with progression of multiple sclerosis. Neurosci Res. 2016;108: 55-59.
  2. Moriguchi K, Miyamoto K, Takada K, Ueno R, Nakayama T, Yoshie O, Kusunoki S. C-C chemokine receptor type 4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neuroimmunol. 2016; 291:54-58.
  3. Tanaka K, Nakayasu H, Suto Y, Takahashi S, Konishi Y, Nishimura H, Ueno R, Kusunoki S, Nakashima K. Acute motor-dominant polyneuropathy as Guillain-Barré syndrome and multiple mononeuropathies in a patient with Sjögren’s syndrome. Intern Med. 2016;55: 2717-2722.
  4. Ishii J, Yuki N, Kawamoto M, Yoshimura H, Kusunoki S, Kohara N. Recurrent Guillain-Barré syndrome, Miller Fisher syndrome and Bickerstaff brainstem encephalitis. J Neurol Sci 2016; 364: 59-64.
  5. Ureshino H, Shindo T, Nishikawa H, Watanabe N, Watanabe E, Satoh N, Kitaura K, Kitamura H, Doi K, Nagase K, Kimura H, Samukawa M, Kusunoki S, Miyahara M, Shin-I T, Suzuki R, Sakaguchi S, Kimura S. Effector regulatory T cells reflect the equilibrium between antitumor immunity and autoimmunity in adult T cell leukemia. Cancer Immunol Res.2016;4:644-649.
  6. Nakane S, Higuchi O, Hamada Y, Maeda Y, Mukaino A, Sakai W, Kusunoki S, Matsuo H. Ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Guillain-Barré syndrome. J Neuroimmunol. 2016; 295-296: 54-59.
  7. Ishigaki H, Hiraide T, Miyagi Y, Hayashi T, Matsubayashi T, Shimoda A, Kusunoki S, Fukuda T. Childhood-Onset Multifocal Motor Neuropathy With Immunoglobulin M Antibodies to Gangliosides GM1 and GM2: A Case Report and Review of the Literature. Pediatr Neurol.2016;62:51-57.
  8. Fukae J, Tsugawa J, Ouma S, Umezu T, Kusunoki S, Tsuboi Y. Guillain-Barré and Miller Fisher syndromes in patients with anti-hepatitis E virus antibody: a hospital-based survey in Japan. Neurol Sci. 2016; 37:1849-1851.
  9. Saito Y, Akazawa-Ogawa Y, Matsumura A, Saigoh K, Itoh S, Sutou K, Kobayashi M, Mita Y, Shichiri M, Hisahara S, Hara Y, Fujimura H, Takamatsu H, Hagihara Y, Yoshida Y, Hamakubo T, Kusunoki S, Shimohama S, Noguchi N. Oxidation and interaction of DJ-1 with 20S proteasome in the erythrocytes of early stage Parkinson’s disease patients. Sci Rep. 2016; 6: 30793. 
  10. Misawa S, Sato Y, Katayama K, Nagashima K, Aoyagi R, Sekiguchi Y, Sobue G, Koike H, Yabe I, Sasaki H, Watanabe O, Takashima H, Nishizawa M, Kawachi I, Kusunoki S, Mitsui Y, Kikuchi S, Nakashima I, Ikeda S, Kohara N, Kanda T, Kira J, Hanaoka H, Kuwabara S; Japanese POEMS Syndrome for Thalidomide (J-POST) Trial Study Group. Safety and efficacy of thalidomide in patients with POEMS syndrome: a multicentre, randomised, double-blind, placebo-controlled trial. Lancet Neurol. 2016;15:1129-1137.
  11. Akaishi T, Suzuki Y, Imai T, Tsuda E, Minami N, Nagane Y, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Murai H, Aoki M, Utsugisawa K. Response to treatment of myasthenia gravis according to clinical subtype. BMC Neurol. 2016; Nov 17;16:225.
  12. Tanaka K, Nakayasu H, Suto Y, Takahashi S, Konishi Y, Nishimura H, Ueno R, Kusunoki S, Nakashima K. Acute Motor-dominant Polyneuropathy as Guillain-Barré Syndrome and Multiple Mononeuropathies in a Patient with Sjögren's Syndrome. Intern Med. 2016;55: 2717-2722.
  13. Hirano M, Oka N, Hashiguchi A, Ueno S, Sakamoto H, Takashima H, Higuchi Y, Kusunoki S, Nakamura Y. Histopathological features of a patient with Charcot-Marie-Tooth disease type 2U/ AD-CMTax-MARS. J Peripher Nerv Syst. 2016; 21:370-374.
  14. Samukawa M, Kuwahara M, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S. Electrophysiological assessment of Guillain-Barré syndrome with both Gal-C and ganglioside antibodies; tendency for demyelinating type. J Neuroimmunol.2016; 301: 61-64.
  15. Morikawa M, Kuwahara M, Ueno R, Samukawa M, Hamada Y, Kusunoki S. Serological study using glycoarray for detecting antibodies to glycolipids and glycolipid complexes in immune-mediated neuropathies. J Neuroimmunol.2016; 301: 35-40.
  16. Yamaguchi N, Misawa S, Sato Y, Nagashima K, Katayama K, Sekiguchi Y, Iwai Y, Amino H, Suichi T, Yokota T, Nishida Y, Kohara N, Hirata K, Nishiyama K, Yabe I, Kaida KI, Suzuki N, Nodera H, Tsuji S, Koike H, Kira JI, Hanaoka H, Kusunoki S, Kuwabara S; JET-GBS Group. A Prospective, Multicenter, Randomized Phase II Study to Evaluate the Efficacy and Safety of Eculizumab in Patients with Guillain-Barré Syndrome (GBS): Protocol of Japanese Eculizumab Trial for GBS (JET-GBS). JMIR Res Protoc 2016; 5: e210.
  17. Yamaguchi Y, Torisu H, Kira R, Ishizaki Y, Sakai Y, Sanefuji M, Ichiyama T, Oka A, Kishi T, Kimura S, Kubota M, Takanashi J, Takahashi Y, Tamai H, Natsume J, Hamano S, Hirabayashi S, Maegaki Y, Mizuguchi M, Minagawa K, Yoshikawa H, Kira J, Kusunoki S, Hara T. A nationwide survey of pediatric acquired demyelinating syndromes in Japan. Neurology. 2016; 87: 2006-2015.
  18. Okazaki M, Hirano M, Iwatsu T, Yamana M, Suzuki H, Satou T, Kusunoki S. Treatable Leukoencephalopathy in a Patient with Hypophosphatemia. Case Rep Neurol. 2016;8:264-271.
  19. Utsugisawa K, Nagane Y, Akaishi T, Suzuki Y, Imai T, Tsuda E, Minami N, Uzawa A, Kawaguchi N, Masuda M, Konno S, Suzuki H, Murai H, Aoki M. Early fast-acting treatment strategy against generalized myasthenia gravis. Muscle Nerve. 2016; Sep 7. epub ahead of print
  20. Moriguchi K, Miyamoto K, Takada K, Ueno R, Nakayama T, Yoshie O, Kusunoki S. C-C chemokine receptor type 4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis. J Neuroimmunol. 2016;291:54-8.

和文原著

  1. 長田 治, 岩崎 章, 楠 進. 自律神経の中枢性統御の異常の関与が推定される2:1房室ブロックを呈したFisher症候群の1例. 神経内科 84: 316-321, 2016.
  2. 鈴木秀和, 油原佳子, 濱田征宏, 三井良之, 楠 進. 運動性失語にて発症した抗N-methyl-D aspartate receptor (NMDAR) 脳炎の一例. 大阪てんかん研究会雑誌 27:23-28, 2016.
  3. 林 信太郎, 長嶺 俊, 牧岡幸樹, 楠 進, 岡本幸市. 免疫グロブリンクラスがIgA 型からIgM型に変化したmonoclonal gammopathy of undetermined significanceを合併した重症慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーの1例.臨床神経学 56: 593-599, 2016.

総説

英文総説

  1. Kusunoki S. History of Guillain-Barré syndrome. Clin Exp Neuroimmunol 2016; 7: 305-311.
  2. Tsunoda I, Omura S, Sato F, Kusunoki S, Fujita M, Park A-M, Hasanovic F, Yanagihara R, Nagata S. Neuropathogenesis of Zika virus infection: Potential roles of antibody-mediated pathology. Acta Med Kindai Univ. 2016; 41: 37-52.

和文総説

  1. 鈴木秀和, 楠 進. parainfectious神経疾患. Mebio 33: 60-68, 2016.
  2. 上田昌美, 楠 進. ギラン・バレー症候群と自己免疫. 最新医学 71: 256-259, 2016.
  3. 楠 進. 免疫性ニューロパチーの治療:問題点と将来展望. 神経治療学 32: 901-903, 2016.
  4. 三井良之, 楠 進. 症例から学ぶ 内科疾患の診断・治療ピットフォール 脳血管障害. 内科 117: 942-947, 2016.
  5. 海田賢一, 楠 進. 免疫性神経疾患における自己抗体. 医学のあゆみ 256: 1215-1221, 2016.
  6. 楠 進. 免疫性神経疾患アップデート. Medical Science Digest 42: 364-365, 2016.
  7. 宮本勝一, 楠 進. 神経炎症疾患と病原性T細胞. 医学のあゆみ 259: 154-158, 2016.
  8. 楠 進, 野村恭一. 難治性ニューロパチー治療に対する現状と展望(司会の言葉).神経治療学 33: 162, 2016
  9. 桑原 基, 楠 進. ギラン・バレー症候群の新しい治療. Brain Nerve 68: 1423-1429, 2016.
  10. 桑原 基.  Guillain-Barré症候群などの末梢神経障害 重症例に対する治療と全身管理. [ICUにおける神経内科] (Part3) 末梢神経・筋疾患 Intensivist 8:839-848, 2016.

単行本

  1. Kusunoki S. Guillain-Barré syndrome: epidemiology, diagnosis and treatment. In, Neuroimmunological Diseases (ed. by Kusunoki S), Springer Japan, Tokyo, pp153-164, 2016.
  2. Kusunoki S. Preface. In, Neuroimmunological Diseases (ed. by Kusunoki S), Springer Japan, Tokyo, pp v-vi, 2016.
  3. Kusunoki S. Animal models: Anti-ganglioside antibodies as causative factor for GBS. In GBS100 (ed. by Willison HJ and Goodfellow JA), Peripheral Nerve Society, San Diego, USA, pp 365-371, 2016.
  4. 楠 進. 免疫介在性の末梢神経障害(Guillain-Barré症候群, Fisher症候群, 急性汎自律神経異常症, 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー, 神経痛性筋萎縮症, Crow-Fukase症候群, 傍腫瘍性ニューロパチー). 臨床神経内科学 改訂6版(平山恵造 監修, 南山堂, 東京)pp526-531, 2016.
  5. 楠 進. 抗ガングリオシド抗体検査. 臨床神経内科学 改訂6版(平山恵造 監修, 南山堂, 東京)pp844-845, 2016.
  6. 楠 進. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP). 今日の治療指針2016(山口徹 他編, 医学書院, 東京)pp980-981, 2016.
  7. 宮本勝一, 楠 進. Guillain-Barré症候群. 慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)とその類縁疾患. EBMに基づく脳神経疾患の基本治療指針(第4版)(田村晃他編, メジカルビュー社, 東京)pp622-629, 2016.
  8. 三井良之, 楠 進. アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 NEXT ワクチン接種は免疫性神経疾患を悪化させるのか. 免疫性神経疾患 病態と治療のすべて(辻 省次 総編集編, 中山書店, 東京)pp539-542, 2016.

書評その他

  1. 楠 進. 患者さんとご家族の方へ:ギラン・バレー症候群の免疫グロブリン療法 監修. 2016年2月
  2. 楠 進. 学会印象記 INC 2016/GBS 100(Inflammatory neuropathy consortium 2016/ GBS centenary meeting, 2016年6月21日~24日, グラスゴー)Brain Nerve 68: 1399-1401, 2016.
  3. 三井良之. 神経・精神・運動器疾患. year note 2017 26th edition 監修

雑誌の特集号編集

  1. 楠 進. 免疫性神経疾患の病態解明と診療の進歩. Medical Science Digest 42巻8号, 2016年(ニューサイエンス社, 東京)

書籍の編集

  1. 楠 進. Neuroimmunological diseases 2016年(Springer Japan, Tokyo)/li>

学会招待講演

国際学会

  1. Kusunoki S. Serological investigation of IgM paraproteinemic neuropathies without anti-MAG antibody activities; association with the clinical features. The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience. Awaji Yumebutai International Conference Center, Japan, January 14-16, 2016.
  2. Kusunoki S. Gangliosides and anti-ganglioside antibodies. Inflammatory Neuropathy Consortium 2016, Glasgow University, Glasgow, UK, June 21-24, 2016.
  3. Kusunoki S, Kuwahara M, Samukawa M, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y. Antiglycolipid antibodies in neurological diseases subsequent to Mycoplasma pneumoniae infection. 141st Annual Meeting of American Neurological Association, Baltimore, USA, Oct 16-18, 2016.

国内学会

  1. 楠 進. 免疫性末梢神経障害の病態と治療:IVIgの治療反応性を含めて. 第16回広島神経免疫セミナー(2016年4月20日, 広島)
  2. 楠 進. 日本の神経内科専門医制度の現状と課題. Novartis Neuro Forum(2016年5月6日~7日, 東京)
  3. 楠 進. しびれの鑑別と治療. 日本神経治療学会 第1回神経治療研修会(2016年5月8日, 大阪)
  4. 楠 進. シンポジウム 100年目のギラン・バレー症候群:これまでわかったこと、これからの展望. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  5. 楠 進. レクチャーマラソン05 免疫性末梢神経障害. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  6. 楠 進. なおる神経内科 08 ここまで来た!近未来の神経治療 ギラン・バレー症候群に対するエクリズマブ治療.  第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  7. 桑原 基.  S2-2 慢性免疫性ニューロパチーと抗糖脂質抗体. シンポジウム2 [慢性免疫性ニューロパチーのメカニズム] 日本末梢神経学会総会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  8. 楠 進. シンポジウム1 「神経免疫学のこれから」に向けて取り組むべき課題. GBSの研究および診療における課題. 第28回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日, 長崎)
  9. 宮本勝一. 教育講演 3 動物モデル 中枢神経疾患の動物モデル.  第28回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日, 長崎)
  10. 楠 進. 免疫性ニューロパチーの病態と治療. 第25回なにわ神経内科懇話会(2016年10月1日, 大阪)
  11. 楠 進. 副会長講演 神経免疫疾患研究の進歩. 第34回日本神経治療学会総会(2016年11月3日~5日, 米子)
  12. 楠 進. ギラン・バレー症候群の病態と治療. 第69回日本自律神経学会総会(2016年11月10日~11日, 熊本)
  13. 楠 進. ギラン・バレー症候群の歴史 ~過去・現在・未来~. TV講演会(2016年11月14日, 大阪)
  14. 宮本勝一. ランチョンセミナー 1 難治性神経疾患の治療. 第37回日本アフェレシス学会学術大会(2016年11月25日~27日、横浜) 
  15. 宮本勝一. 自己免疫性脳炎. シンポジウム7 「神経疾患での新たなアフェレシス適応拡大」 第37回日本アフェレシス学会学術大会(2016年11月25日~27日, 横浜) 

一般学会発表

国際学会

  1. Ueno R, Miyamoto K, Moriguchi K, Kadomatsu K, Igarashi M, Kusunoki S. Role of proteoglycan in experimental autoimmune encephalomyelitis. The 3rd International Symposium on Glyco-Neuroscience. Awaji Yumebutai International Conference Center, Japan, January 14-16, 2016.
  2. Kuwahara M, Samukawa M, Hamada Y, Kusunoki S. The spectrum of neurological diseases associated with Mycoplasma pneumoniae infection and anti-glycolipid antibodies. Inflammatory Neuropathy Consortium 2016, Glasgow University, Glasgow, UK, June 21-24, 2016.
  3. Samukawa M, Kuwahara M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Hirano M, Mitsui Y, Sonoo M, Kusunoki S. Electrophysiological assessment in Guillain-Barré syndrome with both anti-Gal-C and other ganglioside antibodies. Inflammatory Neuropathy Consortium 2016, Glasgow University, Glasgow, UK, June 21-24, 2016.
  4. Samukawa M, Kuwahara M, Morikawa M, Ueno R, Hamada Y, Takada K, Mitsui Y, Kusunoki S. Immunoglobulin class switch of anti-glycolipid antibodies in neuroimmunological diseases. 141st Annual Meeting of American Neurological Association, Baltimore, USA, Oct 16-18, 2016.
  5. Isono C, Hirano M, Sakamoto H, Ueno S, Kusunoki S, Nakamura Y. Progression of dysphagia in spinocerebellar ataxia type 6. 141st Annual Meeting of American Neurological Association, Baltimore, USA, Oct 16-18, 2016.
  6. Hirano M, Isono C, Sakamoto H, Ueno S, Kusunoki S, Nakamura Y. Comparison of improvement in swallowing functions between patients with Parkinson’s disease treated with rotigotine and those with levodopa. 141st Annual Meeting of American Neurological Association, Baltimore, USA, Oct 16-18, 2016.
  7. Hirano M, Nakamura Y, Saigoh K, Sakamoto H, Ueno S, Suzuki H, Kusunoki S. Genetic analyses and counselling of sporadic amyotrophic lateral sclerosis in Japan. 141st Annual Meeting of American Neurological Association, Baltimore, USA, Oct 16-18, 2016.

国内総会

  1. 西郷和真, 濱田征宏, 楠 進. なおる神経内科 01 片頭痛治療の現在・過去・未来 頭痛の機序と鎮痛薬の使い方. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  2. 鈴木秀和, 増田眞之, 今井富裕, 津田笑子, 南 尚哉, 長根百合子, 鈴木靖士, 青木正志, 鵜沢顕之, 川口直樹, 紺野晋吾, 村井弘之, 槍澤公明, 楠 進. Minimal manifestationsと判断された重症筋無力症患者の臨床スケール値の検討. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  3. 山岸裕子, 鈴木秀和, 寒川 真, 桑原 基, 濱田征宏, 福本雄太, 山名正樹, 油原佳子, 吉川恵
  4. 輔, 森川みゆき, 上野莉乃, 河合 滋, 岡崎真央, 西郷和真, 宮本勝一, 三井良之, 楠 進. わが国におけるGBSの予後予測マーカーの検討. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  5. 寒川 真, 上野莉乃, 濱田征宏, 桑原 基, 平野牧人, 三井良之, 楠 進. 他の抗糖脂質抗体を伴ったGal-C抗体陽性GBSの臨床的・電気生理学的検討. 第57回日本神経学会学術大会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  6. 岡田匡充, 増田曜章, 高松孝太郎, 三隅洋平, 植田光晴, 楠 進, 安東由喜雄. 抗ガングリオシド抗体陽性慢性失調性ニューロパチーにおけるIVIG療法の有効性. 第57回日本神経学会学術大会(2016年5月18日~21日, 神戸)
  7. 濱田征宏, 桑原 基, 寒川 真, 森瀬譲二, 堀内惠美子, 岡 昌吾, 楠 進. 抗MAG抗体ニューロパチー:抗体affinityの変動と臨床経過. 第57回日本神経学会学術大会(2016年5月18日~21日, 神戸)
  8. 森口幸太, 宮本勝一, 田中紀子, 上野莉乃, 中山隆志, 義江 修, 楠 進. C-C chemokine receptor4 antagonist Compound 22 ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis. 第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  9. 桑原 基, 森川みゆき, 上野莉乃 ,寒川 真, 濱田征宏, 楠 進. Antibodies to paranodal and juxtaparanodal proteins in CIDP and MMN. 第57回日本神経学会学術集会(2016年5月18日~21日, 神戸)
  10. 緒方英紀, 山崎 亮, 岡 伸幸, 桑原 基, 鈴木秀和, 楠 進, 八木洋輔, 横田隆徳, 松下拓也, 吉良潤一. Useful laboratory markers for predicting anti-NF155 antibody status among CIDP patirnts.  第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  11. 奥野龍禎, 中辻裕司, 宮本勝一, 楠 進, 宮崎雄生, 新野正明, 山下和哉, 南波明子, 甲田 亨, 木下 充, 熊ノ郷 淳, 望月秀樹. Elevation of serum Sema4A in neuromyelitis optica spectrum disorders (MNOsd). 第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  12. 平野牧人, 中村雄作, 西郷和真, 阪本 光, 上野周一, 鈴木秀和, 楠 進. Novel mutationos and genetic counseling in sporadic amyotrophic lateral sclerosis. 第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  13. 経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  14. 西郷和真, 三井良之, 中野直樹, 河野政子, 濱田征宏, 池川敦子, 平野牧人, 加藤天美, 楠 進. 神経難病疾患における在宅診療の問題点-事例検討を中心に-第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  15. 三井良之, 河野政子, 中西利恵, 岡島 聡, 濱田征宏, 西郷和真, 楠 進. 本院における在宅同行訪問事業を活用した筋萎縮性側索硬化症患者の在宅支援について. 第57回日本神経学会学術集会  (2016年5月18日~21日, 神戸)
  16. 河野政子, 岡島 聡, 齋藤 努, 前田和成, 渡辺紗弥佳, 三木仁美, 中西利恵, 谷森佳弘, 内橋隆行, 大洞佳代子, 花田一志, 西郷和真, 三井良之, 楠 進.  神経難病患者の在宅療養支援のための同行訪問事業の実態と課題.  第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  17. 福本雄太, 濱田征宏, 西郷和真, 三井良之, 楠 進. パーキンソン病の難治性疼痛に対するロチゴチンの使用経験. 第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  18. 宮本勝一, 玉腰暁子, 吉良潤一, 藤原一男, 松井 真, 栗山長門, 楠 進.  視神経炎と脊髄炎を認めないNMOSDの臨床的特徴~全国臨床疫学調査結果より.  第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日、神戸)
  19. 景山 卓, 酒巻春日, 島 淳, 月田和人, 山中治郎, 古川公嗣, 和田一孝, 田中寛大, 神辺大輔, 新出明代, 楠 進, 末長敏彦. 抗ガングリオシド抗体関連脳幹脳炎における体性感覚誘発電位所見の検討.  第57回日本神経学会学術集会 (2016年5月18日~21日, 神戸)
  20. 森口幸太, 宮本勝一, 楠 進. 実験的自己免疫性神経炎における4-aminopyridineの治療効果の検討. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  21. 山岸裕子, 鈴木秀和, 寒川 真, 園生雅弘, 桑原 聡, 野村恭一, 千葉厚郎, 梶 龍兒, 神田 隆, 海田賢一, 池田修一, GBS study group, 楠 進.ギラン・バレー症候群の予後予測と治療についての多施設共同研究. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  22. 平野牧人, 西郷和真, 中村雄作, 楠 進. Fabry病における疼痛の実態と対策. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  23. 岡田匡充, 増田曜章, 高松孝太郎, 三隅洋平, 植田光晴, 山下太郎, 楠 進, 安東由喜雄. 慢性感覚失調性ニューロパチーにおける臨床像と免疫療法の効果. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  24. 寒川 真, 油原佳子, 三井良之, 岡 伸幸, 楠 進. 好酸球性肺炎の治療経過中に免疫性脱髄性ニューロパチーを発症した一例. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  25. 濱田征宏, 桑原 基, 寒川 真, 森瀬譲二, 堀内惠美子, 岡 昌吾, 楠 進.
  26. HNK-1 エピトープを認識するIgM M蛋白を伴うニューロパチー抗体affinityの変化と臨床経過の関連. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  27. 山岸祐子, 寒川 真, 桑原 基, 三井良之, 岡 伸幸, 橋口昭大, 髙嶋 博, 楠 進. 病理学的に血管炎の合併も認めたFBLN5遺伝子の異常によるCharcot-Marie-Tooth病の1症例. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  28. 宮本勝一, 岡 伸幸, 楠 進. 当院における神経生検の適応疾患. 第27回日本末梢神経学会学術集会 (2016年8月26日~27日, 大阪)
  29. 宮本勝一, 桑原 基, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進. フィンゴリモドの服薬回数を減らした多発性硬化症症例。第28回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日, 長崎)
  30. 桑原 基, 寒川 真, 池田 妙, 森川みゆき, 上野莉乃, 濱田征宏, 楠 進. マイコプラズマ感染に伴う神経疾患と抗糖脂質抗体の特徴. 第28回日本神経免疫学会学術集会(2016年9月29日~30日, 長崎)
  31. 河合 滋, 吉川恵輔, 鈴木秀和, 柳生行伸, 池田光正, 三井良之, 楠 進. 非典型的な画像所見を示し転移性脊椎腫瘍との鑑別が困難であった結核性脊椎炎の1例. 第21回日本神経感染症学会学術大会(2016年10月21日~22日, 金沢)
  32. 宮本勝一, 鈴木秀和, 三井良之, 楠 進. グラチラマー酢酸塩を連日投与できなかった症例. 第34回日本神経治療学会総会(2016年11月3日~5日, 米子)
  33. 平野牧人, 上野周一, 阪本 光, 磯野千春, 楠 進, 中村雄作. 中間型アレルサイズによるHuntington病と診断し, tetrabenazine治療によって舞踏運動が著明に改善した1例. 第34回日本神経治療学会総会(2016年11月3日~5日, 米子)
  34. 桑原 基, 鈴木秀和, 吉良潤一, 楠 進. 免疫療法を施行した抗Neurofascin 155 IgG4抗体陽性CIDP2例における臨床経過と抗体価の推移. 第34回日本神経治療学会総会(2016年11月3日~5日, 米子)

国内地方会

  1. 山本敦弘, 河合 滋, 吉川恵輔, 森川みゆき, 桑原 基, 奥田武司, 眞田寧皓, 福井彩乃, 前西 修, 三井良之, 楠 進. 海綿静脈洞内に腫瘤形成を認めた血液内大細胞型B細胞リンパ腫の1例. 日本神経学会 第105回近畿地方会(2016年7月2日, 京都)
  2. 岩津友大, 山名正樹, 岡崎真央, 鈴木秀和, 楠 進. 低リン血症により白質脳症を呈した一症例.  日本神経学会 第105回近畿地方会 (2016年7月2日, 京都)
  3. 七浦仁紀, 岩佐直毅, 形岡博史, 杉江和馬, 楠 進, 上野聡. 種々の抗ガングリオシド抗体が陽性で, Fisher症候群と咽頭頸部上腕型Guillain-Barré症候群を呈した一例.
  4. 日本神経学会第105回近畿地方会(2016年7月2日, 京都)
  5. 福本雄太, 上野莉乃, 濱田征宏, 三井良之, 楠 進, 村上沙織, 眞田寧晧. 脳膿瘍の治療中にメトロニダゾール脳症を発症した1症例.  日本神経学会 第106回近畿地方会 (2016年11月19日, 京都)v
  6. 市川昌志, 油原佳子, 寒川 真, 楠 進. 脊髄炎発症の数年後同時期に重症筋無力症と視神経炎を発症した症例.  日本神経学会 第106回近畿地方会 (2016年11月19日, 京都)

一般向け講演

  1. 三井良之. 手足のしびれにご用心 第28回近畿大学医学部公開講座 (2016年2月20日, 大阪狭山)

研究会・講演会・その他

  1. 鈴木秀和, 油原佳子, 濱田征宏, 三井良之, 楠 進. 運動性失語が目立ったNMDR脳炎の一例. 第45回大阪てんかん研究会 (2016年1月16日, 大阪)
  2. 三井良之. 糖尿病性神経障害プロスペクティブスタディ-当院での5年間のまとめ- 大阪南 糖尿病・合併症治療セミナー2016 (2016年2月3日, 大阪狭山)
  3. 三井良之. 「脊髄小脳変性症を知ろう~最新治療と日常生活の注意~」脊髄小脳変性症患者・家族の学習会 講師(2016年5月23日, 堺市)
  4. 鈴木秀和. JAMG-R2015テーマ進捗と検討-MM判定の逸脱例などに関する検討. 重症筋無力症研究 Japan MG registry 第3回/2016ミーティング (2016年10月29日, 東京)

班会議

  1. 楠 進, 池田修一, 海田賢一, 梶 龍兒, 神田 隆, 桑原 聡, 園生雅弘, 祖父江 元, 千葉厚郎, 荻野美恵子, 野村恭一, 清水優子, 酒井康成, 松尾秀徳, 横田隆徳, 野村芳子,武藤多津郎, 栗山長門, 玉腰暁子, 松井 真. ビッカースタッフ脳幹脳炎の認定基準, 臨床調査個人票と今後の課題. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  2. 祖父江 元, 小池春樹, 飯島正博, 川頭祐一, 高橋美江, 池田昇平, 桑原 聡, 吉良潤一, 松井 真, 楠 進. エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断・重症度分類, 治療アルゴリズムの確立に向けて:慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  3. 吉良潤一, 新野正明, 深浦彦彰, 田中正美, 越智博文, 神田 隆, 横田隆徳, 松井 真,     楠 進, 寺山靖夫, 西澤正豊, 大橋高志, 下濱 俊, 西山和利, 中辻裕司, 越智一秀, 錫村明生, 山本 健, 河野裕治, 辻 省次, 松山晃文, 永石彰子, 岡田和将, 清水優子, 松下拓也, 山﨑 亮. Japan MS Genetics Consortium (JMSGC), Japan MS Consortium.多発性硬化症生体試料バンクを活用したアジア人特有の遺伝環境因子探索による病態解明. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20, 21日, 東京)
  4. 吉良潤一, 眞崎勝久, 松下拓也, 山崎 亮, 松井 真, 楠 進,桑原 聡. 抗Neurofascin 155抗体関連中枢・末梢神経障害症候群(CCPD/CIDP)研究班の研究の現状と今後の展望. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  5. 緒方英紀, 山崎 亮, 岡 伸幸, 河村信利, 桑原 基, 楠 進, 松下拓也, 村井弘之, 吉良潤一. 抗neurofascin 155抗体陽性慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーの病理所見および治療反応性の検討. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  6. 熊ノ郷 淳, 奥野龍禎, 甲田 亨, 南波明子, 山下和哉, 中辻裕司, 望月秀樹, 宮本勝一, 楠 進, 木下 允, 高田和城, 狭間敬憲. NMOの病態解明と動物モデル改良を目指して.厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  7. 桑原 聡, 楠 進, 三澤園子, 関口 縁, 佐藤泰憲, 花岡英紀, JET-GBS Study Group. 「ギラン・バレー症候群に対するエクリズマブの安全性と有効性を評価する前向き・多施設共同・第Ⅱ相試験」研究班 [AMED]早期探索的・国際水準臨床研究事業 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  8. 楠 進, 宮本勝一, 玉腰暁子, 吉良潤一, 藤原一男, 松井 真, 栗山長門. 視神経炎と脊髄炎を認めないNMOSDの臨床的特徴 ~全国臨床疫学調査結果より. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  9. 山岸裕子, 鈴木秀和, 寒川 真, 桑原 聡, 神田 隆, 海田賢一, 池田修一, 園生雅弘, 高嶋 博, 千葉厚郎, 野村恭一, 武藤多津郎, 横田隆徳, 松井 真, 梶 龍兒, 吉良潤一, 祖父江元, 西山和利, 楠 進. ギラン・バレー症候群の予後予測に基づく有効な治療法についての検討. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)
  10. 中川慶一, 桑原 基, 楠 進, 高崎 寛, 角谷真人, Maria G. Ciampa, Laura Mauri, Sandro Sonnino, 海田賢一. 抗GM1抗体の反応特異性と臨床像の相関:合成GM1 dimer抗原を用いた解析。厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日、東京)
  11. 桑原 基, 森川みゆき, 上野莉乃, 寒川 真, 濱田征宏, 楠 進. グライコアレイを用いた抗糖脂質抗体の検出. 厚生労働省難治性疾患(神経免疫疾患)政策および実用化研究班 平成27年度合同班会議(2016年1月20日, 21日, 東京)

学位

稲田莉乃   平成 28年 3月22日  医学博士 第 1198号 (近畿大学)

近畿大学医学部脳神経内科(神経内科)学教室  〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2 Phone:072-366-0221 Fax:072-368-4846