業績 過去に発表した論文等が一覧できます。
2020年(令和2年)業績

原著

英文論文

  1. Inada R, Miyamoto K, Tanaka N, Moriguchi K, Kusunoki S. Oryeongsan (Goreisan) Ameliorates Experimental Autoimmune Encephalomyelitis. Intern Med. 2020; 59: 55-60.
  2. Maeda H, Ishii R, Kusunoki S, Chiyonobu T. Childhood-onset multifocal motor neuropathy with IgM antibodies to GM2 and GalNac-GD1a. Brain Dev. 2020; 42 (1): 88-92.
  3. Daida K, Nishioka K, Takanashi M, Kobayashi M, Yoshikawa K, Kusunoki S, Yokoyama K, Hattori N. A Case of New-onset Refractory Status Epilepticus Involving the Limbic System, Spinal Cord, and Peripheral Nerves. Intern Med. 2020; 59: 267-270.
  4. Verboon C, van den Berg B, Cornblath DR, Venema E, Gorson KC, Lunn MP, Lingsma H, Van den Bergh P, Harbo T, Bateman K, Pereon Y, Sindrup SH, Kusunoki S, Miller J, Islam Z, Hartung HP, Chavada G, Jacobs BC, Hughes RAC, van Doorn PA; IGOS Consortium. Second IVIg course in Guillain-Barré syndrome with poor prognosis: the non-randomised ISID study. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2020; 91: 113-121. pii: jnnp-2019-321496.
  5. Koike H, Ikeda S, Fukami Y, Nishi R, Kawagashira Y, Iijima M, Nakamura T, Kuwahara M, Kusunoki S, Katsuno M, Sobue G. Complement deposition and macrophage-induced demyelination in CIDP with anti-LM1 antibodies. J Neurol Sci. 2020; 408:116509.
  6. Matsui T, Hamada Y, Kuwahara M, Morise J, Oka S, Kaida K, Kusunoki S. Association of variability in antibody binding affinity with a clinical course of anti-MAG neuropathy. J Neuroimmunol 2020; 339: 577127.
  7. Ogata H, Isobe N, Zhang X, Yamasaki R, Fujii T, Machida A, Morimoto N, Kaida K, Masuda T, Ando Y, Kuwahara M, Kusunoki S, Nakamura Y, Matsushita T, Kira JI. Unique HLA haplotype associations in IgG4 anti-neurofascin 155 antibody-positive chronic inflammatory dmyelinating polyneuropathy. J Neuroimmunol 2020; 339: 577139.
  8. Yamagishi Y, Samukawa M, Kuwahara M, Takada K, Saigoh K, Mitsui Y, Oka N, Hashiguchi A, Takashima H, Kusunoki S. Charcot-Marie-Tooth disease with a mutation in FBLN5 accompanying with the small vasculitis and widespread onion-bulb formations. J Neurol Sci 2020; 410: 116623
  9. Hirano M, Satake W, Moriyama N, Saida K, Okamoto N, Cha PC, Suzuki Y, Kusunoki S, Toda T. Bardet-Biedl syndrome and related disorders in Japan.  J Hum Genet. 2020 May 25.
  10. Samukawa M, Nakamura N, Hirano M, Morikawa M, Sakata H, Nishino I, Izumi R, Suzuki N, Kuroda H, Shiga K, Saigoh K, Aoki M, Kusunoki S. Neutral Lipid Storage Disease Associated with the PNPLA2 Gene: Case Report and Literature Review. Eur Neurol. 2020; 19:1-6.

和文論文

  1. 楠 進. 特集「検査値を読む2020」抗GQ1b IgG抗体. 内科125: 882, 2020
  2. 山岸裕子, 楠 進. ギラン・バレー症候群の予後と予後予測因子. 臨床神経学60:247-252, 2020

総説

英文総説

和文総説

  1. 楠 進. 特集「検査値を読む2020」抗GQ1b IgG抗体. 内科125: 882, 2020
  2. 山岸裕子, 楠 進. ギラン・バレー症候群の予後と予後予測因子. 臨床神経学60:247-252, 2020

書評・その他

  1. 楠 進. 第60回日本神経学会学術大会を振り返って. 日本神経学会ニューズレター第5号 p 8, 2020年3月

単行本

  1. 楠 進. 多巣性運動性ニューロパチー. 今日の治療指針2020(福井次矢 他編, 医学書院, 東京)pp999-1000, 2020
  2. 寒川 真, 楠 進. GBS/CIDP/抗MAG抗体関連ニューロパチー. しびれが診えるーエキスパートのアプローチ(鈴木則宏編, 中外医学社, 東京)pp125-134, 2020
  3. 楠 進. 神経筋疾患における糖脂質抗体測定. Annual Review神経2020(鈴木則宏 他編, 中外医学社, 東京)pp300-305, 2020)

書籍の編集、監修


学会招待講演

国際学会

国内学会


一般学会発表

国際学会

国内学会

  1. 平野牧人.  ビデオによる神経疾患の嚥下機能解析.  第61回日本神経学会学術大会 シンポジウム.  (2020年8月31日~9月2日,  岡山)
  2. 桑原 基. CIDPにおける臨床病型と自己抗体.  第61回日本神経学会学術大会 シンポジウム.  (2020年8月31日~9月2日,  岡山)
  3. 宮本勝一. 多発性硬化症の再発予防治療を行わない患者の臨床経過. 第61回日本神経学会学術大会 ポスター発表. (2020年8月31日~9月2日,  岡山)
  4. 寒川 真. PNPLA2遺伝子関連中性脂肪蓄積病の臨床像. 第61回日本神経学会学術大会 ポスター発表. (2020年8月31日~9月2日,  岡山)
  5. 桑原 基. 診療に難渋したGBS症例から考える ~現在の課題と今後への期待.  第31回日本末梢神経学会学術集会 ランチョンセミナー. (2020年9月11日~12日,  WEB)
  6. 桑原 基. CIDPの多様性と治療の新たな展開~どのように治療を選択するか~ 第32回日本神経免疫学会学術集会 ランチョンセミナー. (2020年10月1日~2日,  WEB) 
  7. 福本雄太.  実験的自己免疫性脳脊髄炎に対するサーカディアン・リズムの影響.  第32回日本神経免疫学会学術集会 ポスター発表. (2020年10月1日~2日,  WEB) 
  8. 桑原 基.  免疫チェックポイント阻害薬関連ニューロパチーの解析. 第32回日本神経免疫学会学術集会 ポスター発表. (2020年10月1日~2日,  WEB)
  9. 宮本勝一.  神経領域のアフェレシス治療ガイドライン. 第41回日本アフェレシス学会学術大会 シンポジウム.  (2020年10月23日~24日,  千葉)
  10. 桑原 基.  GBS最新の治療.  第38回日本神経治療学会学術集会 マラソンレクチャー4.  (2020年10月28日~30日,  東京)
  11. 桑原 基.  免疫介在性神経・筋疾患の動物モデルの実験的治療.  ガングリオシド抗体陽性ニューロパチー. 第38回日本神経治療学会学術集会 シンポジウム.(2020年10月28日~30日,  東京)
  12. 寒川 真. MGに対する薬物療法の最前線.  補体標的薬の適応と効果.  第38回日本神経治療学会学術集会 シンポジウム.(2020年10月28日~30日,  東京)
  13. 平野牧人.  NMDA受容体脳炎の男性側における精巣の関与. 第38回日本神経治療学会学術集会.  (2020年10月28日~30日,  東京)

国内地方会

  1. 山下翔子 免疫治療が奏功した抗代謝型グルタミン酸受容体Ⅰ型抗体陽性自己免疫性小脳性運動失調性の一例. 日本神経学会第116回近畿地方会,  2020年9月6日, 大阪)

研究会・講演会・その他

班会議

近畿大学医学部脳神経内科(神経内科)学教室  〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2 Phone:072-366-0221 Fax:072-368-4846