文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

ご意見・ご要望

患者さまからのご意見

多数のご意見・ご要望ありがとうございました。
これからも皆様のご協力をいただき、よりよき病院をめざして努力してまいります。

『あなたのひとこと箱』に多く投函していただいた ご意見・ご要望に対する回答

駐車場料金について

当院駐車場は以前、無関係の車両の無断駐車や長時間駐車によってスペースが減少し、平日の午前中には公道まで及ぶ渋滞が日常化しておりました。
当時、周辺住民からの苦情やバス運営会社等から改善要望が出され、渋滞解消のため駐車場運営会社と連携し、平成27年4月1日から料金体系の改定を致しました。
上限料金及び料金の時間的加算方式については、渋滞解消を最大の目的として設定したもので、駐車場の警備や舗装、照明等における高額維持費を考慮しつつ、かつ患者負担や周辺の交通状況への影響を最小限にとどめた料金体系としておりましたが、最大料金が高いとのご指摘もあり、令和2年4月1日より、外来受診当日の患者様と入院のご面会者につきましては、割引処理をしていただいた場合の料金、上限料金の見直しを行いました。
ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

エレベーターについて

エレベーターの待ち時間に長時間を要する事態となっており大変申し訳ございません。これまでにも、エレベーター管理会社と協議し、利便性向上のため運用方法を変更するなど、種々の方法を検討して参りましたが根本的解決には至っておりません。エレベーター増設が理想的と考えておりますが、構造上エレベーターの増設は不可能であり、結局のところこのようにご不便をかける事態となっております。重ね重ねお詫び申し上げます。現状でも取り組めることとして職員に対しては、近接階への移動は階段を使用すること、エレベーター使用の際のマナーの改善などを指導しております。何卒、諸事情をご賢察頂きご協力ご理解お願い申し上げます。

待ち時間について

外来の待ち時間につきまして、多くの皆さまより改善要望を頂いております。
この間、受付から採血検査までの時間、診察までの時間、会計、お薬お受け取りまでの時間につきまして、関係部署にてそれぞれ対応を行って参りました。採血待ち時間、会計、お薬お受け取りまでの時間につきましては、システム変更による効率化、人員対策等を講じ、一定の成果がございました。しかしながら、依然として外来にかかる総時間は長時間となっており、根本解決はなかなか困難な状況でございます。この点につきましては、深くお詫び申し上げます。
現在、当院一日の外来患者数は平均3000人超となっており、このことが待ち時間解消が進まない主たる要因でございます。従いまして当院では、待ち時間短縮の努力を継続するとともに、特定機能病院としての機能を果たすため、病状が一定の安定を得られた患者さまには、地域のかかりつけ医での継続診療への移行をお願いする場合もございます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

院外処方箋について

当院は、原則院内処方での対応ですが、患者さまの希望で院外処方での対応も可能でございます。
その際は主治医にご相談頂きますようお願い申し上げます。
但し、複数の科を同日に受診される患者さまは、各診療科の医師との相談が必要となりますので、ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

『あなたのひとこと箱』ご意見・ご要望に対する月別の回答(2年8月)

 
初診受付で申込書を記載する際、ボールペンを多数の方が使用されていますので、このコロナの時期はテーブルにアルコール消毒液を設置されたほうが良いと思います。

ご意見ありがとうございます。
申込書を記載していただくテーブルは、お立ちのまま記載していただくため高くなっておりますので、アルコール消毒液が目に入ったりして危険とならないように設置しておりません。
正面玄関に設置しておりますアルコール消毒液をご使用になったうえで、申込書を記載していただきますようお願いいたします。

エレベーター

エレベーター内「三密」になることが多いです。
そんな中、無神経に大声でしゃべっている人がいて、とても気になります。
看護師さん同士がしゃべっていることもあります。

病棟に行くためエレベーターに乗った際、途中から乗ってきた女性がマスクをしていなかった。エレベーター内、5~6人程いたと思います。(内1人が患者さん)ドクター1人、ナース2人程いましたが注意する人がいませんでした。
すこし、怖くなりました。

エレベーター内で、大変不安な思いをお掛けし申し訳ございません。
病院内では、患者様も職員もすべての方にマスクの着用をお願いしております。
職員には、正しいマスクの着用はもちろん、エレベーター内で不必要な会話をしないこと、近接階の移動は階段を使用するように指導しております。
今回、エレベーター内に注意喚起のポスターを貼ることに致しました。
但し、乳幼児(特に2歳以下)のマスク着用は、苦しいと言えないことや自分で外せない等危険であることから、小児科学会から推奨されておりません。
周りの大人の方はマスクを着用し、会話を慎み、感染予防を行っていただきますようお願いいたします。

診察予約変更の電話が繋がらない

システムを改善してもらいたい。
変更は15:00~16:00にするようにと予約票に書かれているので電話しました。病院にはすぐ掛かるのですが、科を選んだら電話が大変混みあっているのでかけ直してほしいと2回メッセージが流れて切れてしまいました。
時間を置いて何回もトライしましたが、2日とも同じ状態でした。本当に予約日に用事ができ、変更したい場合はどのようにすれば良いのでしょうか。お断りメッセージの最初の部分も変でした。これも、チェックしてください。
一時間電話の前でロスするよりも、後日返事が来てもいいですから、メールで受け付けてもらえるほうが有り難いです。

予約変更のお電話が混みあい繋がらず申し訳ございません。
メッセージが流れて切れてしまうという不具合やメッセージ内容に関しましては、確認し改善致します。
外来での診察待ち状況の確認や予約に関しましては、お電話以外のシステム導入に向け検討しております。今後も患者様へのサービスが向上できますよう努力してまいります。

若い医師たちへのクレーム

20代前半から30代前半までの若い医師の質が悪い。患者に対して、診察や行動など自分の思い通りにならないとイライラして、それを患者にぶつけてくる。言葉にも出してくる。患者も人間で、感情があるのでそれをわかっていない。自分が若いので、高齢者の体力や体の大変さや、耳や足腰が弱くなっているのを本当に理解していない。一日に何か所も原因がわからないと、科をまわさせられたりする。
診察日(予約日)に行けなかったりする時も高齢者なのであります。その次の診察日の時、医師からごちゃごちゃときつく嫌味を言われる。
高齢者の体力なども考えて、あまりせっかちに医者はならないでほしい。逆にストレスになる。
患者の為と思っているのは、医師の自己満足だと思う。
患者から間違いを指摘されたら、医師は機嫌が悪くなる。
何も言えなくなる。

医師の対応につきまして、不快な思いをお掛けし申し訳ございません。
医師の基本的なマナーである挨拶、自己紹介、診察前後の手洗い、患者様からの質問には誠実に答え、医学用語は解りやすく説明する等、患者様に敬意を持って接することを教育しておりますが、そのように行えていなかったと思われます。
ご指摘を真摯に受け止め、近畿大学の教育目標であり、かつ病院の基本理念にもある「人に愛され、信頼され、尊敬される医師」でありますよう、今後も継続して教育してまいります。

 

私は受診・検診でも衣服の脱衣は大変苦痛です。老人になった今も同じ感覚です。聴診器を下着の上から看て下さる先生もいらして嬉しく思う時があります。
初めての入院で少し気づいた点です。
看護師さんの明るく丁寧な対応で心づくしの食事に癒され手術も終わりました。先生方には誠に感謝です。畑仕事が楽しめ嬉しい限りです。
入院中はお世話になりありがとうございました。少し気づいた事です。
6月11日(一例目)手術室にて、目を閉じて台上の私?に「田口さん」二度目は○○ですと訂正しました。術直前の間違いに「えっ?」と思いましたが、側のスタッフは誰一人声を発しなかったです。
6月11日午後6時頃、術後は膝を曲げないでと不動状態の為、腰痛が強くなり一睡も出来そうにないと伝えましたが梨のつぶて。朝一番に男性看護師に訴えましたらすぐに痛み止めが届きました。もう少し早く対処してほしかったです。夜間の見回り時、穿刺した部位の出血確認後掛け毛布を忘れて行ってしまう。
6月12日朝6時尿管を抜いた後、浴衣を開けたまま??毛布を掛けなかった。強度の腰痛のため動けず、呼び止めて掛けていただきましたが。
6月11日午前11時頃、手術室で術後にデリケートゾーンのテープを勢いよく剥がされてとても痛かった。思わず悲鳴が出ました。
日常業務の簡単な動作、所作に慣れて雑になっているのではないでしょうか。

この度は看護師の対応で、不安な思いをお掛けし大変申し訳ございませんでした。
はじめての入院と手術で不安に思われている患者様に寄り添った看護が出来ておりませんでした。中央放射線部での手術につきましても、「名前確認」「テープの剥がし方」という基本的な事柄が出来ておらず、申し訳ございませんでした。
今回のことにつきましては看護についてスタッフと共に振り返りを行いました。
今後、このようなことが無いように、患者様に合わせた看護が提供できるように努めて参ります。

50病棟入院中のこと

抗がん剤治療を6回受けましたが、いつも50病棟の看護師さんたちの看護と優しい笑顔に沈みがちな気分も助けられました。ありがとうございました。
特に掃除員のHさんは、毎朝早くから明るい元気な声を掛けていただき、いつも行き届いた掃除をされて、気分よく入院生活を過ごすことが出来ました。
これからもお元気でお仕事続けて下さい。ありがとうございました。

看護師、清掃員にお褒めの言葉を頂き、ありがとうございます。
患者様からのお言葉は、私たち医療スタッフの大きな励みとなります。
患者様が安心して入院生活が送れますように一層努力してまいります。

近大病院 狭山に残ってほしい

主人が夜中に倒れたときに救急で助けていただき、近くに近大病院があって良かったと思いました。
堺にできますが、狭山にも近大病院はいると思います。狭山に家を買うときに、近大病院があるから買われた人も多いと思います。狭山の発展の為にも残ってほしいです。

近畿大学病院が大阪狭山市に残ってほしいと思っていただき、ありがとうございます。
しかし、泉ヶ丘への移転につきましてはすでに決まっておりますので、大阪狭山市にお住いの皆様が、大学病院でしかできない高度な医療が必要となられました時でもお困りにならないよう、地域の医療機関と十分連携を図り、医療を行ってまいります。

 

小児科の食事をもう少し子供が喜んで食べられるようにしてほしいです。

当院の病院食に貴重なご意見を頂戴し、ありがとうございました。
食事内容が行き届かず申し訳ございません。小児食は小児の嗜好を取り入れながら、食育も考えて献立を作成しています。小児食で好まれる汁物を増やし、献立内容の改善に努めてまいります。
これからも、安全で美味しく皆様に満足していただける食事の提供に努めてまいります。今後もよろしくお願いいたします。

医師、看護師、スタッフの皆様へ

コロナウィルスの影響が多々ある病院で、リスクのある中働いていただき心より感謝いたします。
この地球上で、すべてに業界、すべての人々に気づきを与えているのだと思っております。
早急に改革させられているように思います。依存、他人事にできない。そして、皆で自立、助け合いが必要なのだと思います。
心より感謝いたします。ありがとうございます。

私たち、医療従事者へお気遣いいただきありがとうございます。
新型コロナウィルス感染症は、患者の皆様にも影響が大きくご不安も沢山おありになるとお察しいたします。
それぞれができる事を精一杯行い、この苦難を乗り越えていけるように頑張りましょう。

 

新型コロナウィルス対策として、医療機関では入り口で検温がなされている。
(予約票チェック病院もあり)
医療機関のみでなく、企業、その工場等、民間施設でも当り前の事となっている。
何、近大病院ともあろう機関が、ノーチェックというのは不思議でならない。

ご不安な思いをお掛けし申し訳ございません。
近畿大学病院の新型コロナウィルス対策といたしましては、1回/週の定期的な会議や大阪モデルの変化に応じた会議を通して対応を決定しております。その内容は、病院で従事している全スタッフに周知し、徹底できるよう指導しております。
入口での検温をしていないことにご指摘をいただきましたが、「新型コロナウィルスの発生と対策」を作成しておりますので、これに則り実施する予定でございます。
発熱を伴わない感染者がいる事も報告されておりますので、病院内にお入りになるときには、正しいマスクの着用を必ず行っていただくと共に、正しいタイミングでアルコール消毒や石鹸による手洗いを行っていただきますようお願いいたします。
また、感染者と濃厚接触の可能性がある方や、発熱や咳、味覚異常等、新型コロナウィルス感染と思われる症状がある方は、まずはお住まいの地域を管轄する「新型コロナ受診相談センター(帰国者・接触者相談センター)」にお電話してください。
ご協力をよろしくお願いいたします。

採血受付機について

採血受付機に、荷物置台、杖立の設置を希望

貴重なご意見を頂戴し、ありがとうございます。
ご指摘の通り、採血受付機に荷物を置く台は必要と判断し、さっそく設置いたしました。
当院は、より良い病院を目指してさらに努力を重ねてまいりますので今後とも「あなたのひとこと」にご意見をお願いいたします。

2年7月の回答はこちら

みなさまのひとこと(常設掲示)

病院関係者が、スクールゾーン等、病院敷地周辺で喫煙、ポイ捨てをしている、というご指摘を、多数頂戴しております。

当院においては、従来から「敷地内全面禁煙」を施行しておりますが、患者さま及びご家族、周辺住民から、敷地周辺のスクールゾーン等における喫煙に対し、厳しい意見を頂戴いたしております。
当院といたしましては、これらのご意見を真摯に受け止め、下記のとおり禁煙及びポイ捨て禁止区域を決定しました。

禁煙及びポイ捨て禁止区域
①医学部・病院敷地内全域(従来どおり)
(敷地内道路、全ての駐車場、庭、学生のクラブハウス、グラウンドなど敷地内全ての建物、空間を含む)
②上記①の周辺道路全て(新規)
(医学部正門前、駐車場及び歩道、患者用・教職員駐車場等の外側道路及び歩道、南海バス停前歩道、スクールゾーン等、敷地周辺道路全て)
各部署所属長に対し、具体的な対応及び周知徹底を図る様を指示しました。

みなさまのひとこと(常設掲示)

病院敷地内で、「自転車、バイク車両による、超過スピード、歩道走行、逆走」などの危険運転に関する投書が多数ございます。

病院敷地を利用される全ての方々にお願いをいたします。
病院敷地は、具合の悪い方や、身体に障がいのかる方、妊婦や乳幼児など、周囲に特に配慮の必要な方々が多数ご利用される場所です。このような敷地内では、思いがけない事故が発生してしまう可能性があります。

車両通行の際は必ず「徐行」をして下さい。歩道は手押しで通行して下さい。
車両での歩道の通行、逆走については、道路交通法上も問題です。危険運転については厳罰がございます。
人が横断しそうな場合や横断している最中、速度超過はもっての外、車両は停車か徐行するのが、走行者の常識・義務です!!!

みなさまのひとこと(常設掲示)

「駐車料金が高い。」という投書を多数頂戴しております

駐車場料金について
当院駐車場は以前、無関係の車両の無断駐車や長時間駐車によってスペースが減少し、平日の午前中には公道まで及ぶ渋滞が日常化しておりました。当時、周辺住民からの苦情やバス運営会社等から改善要望が出され、渋滞解消のため駐車場運営会社と連携し、平成27年4月1日から現行の料金体系に改定を致しました。
上限料金及び料金の時間的加算方式については、渋滞解消を最大の目的として設定したもので、駐車場の警備や舗装、照明等における高額維持費を考慮しつつ、かつ患者負担や周辺の交通状況への影響を最小限にとどめた料金体系としており、今後当院としては現行料金体系を変更することは考えておりません。
ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

みなさまのひとこと(常設掲示)

あなたのひとこと「声魂の樹」のことで、回答が更新される周期や選定基準等について教えてほしい、という投書を頂いております

当掲示板は、複数部署の委員で構成される院内委員会活動でございます。
投函されたご投書は、平日に毎日回収し、関係する部署に通知を行い、部署としての返答や対応を要請しております。月1回開催される委員会では、投書内容についての検討を行い、月毎に掲示する回答をまとめております。
例えご批判や無理な提案内容だったとしても、基本的に全てのご投書内容に回答するという考えでございます。しかし、個人名が特定されてしまう投書や公序良俗に反するもの、誹謗中傷などは掲示いたしません。
そして、部署からの返答がないものやノーコメントの場合、止むを得ず継続検討扱いとなります。
改善、解決に時間を要するものは、結果が出次第掲示させて頂いております。
以上のように、せっかくご投函頂いたにも関わらず、すぐに回答掲示することが出来ない投書もございます。また、具体性がなく抽象的なご指摘等の場合、通知を行う部署がなく、解決策などを検討出来ない場合がございます。
尚、緊急対応を要する事案や医療安全管理に関わる事案、苦情、病院管理者の判断を要するもの等につきましては、委員会活動として限界がございます。その際は、患者相談窓口、苦情相談窓口、当該部署等にお申し出を頂きたく存じます。何卒ご理解ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
今後も、微力ではありますが、回答を待たれている方の為に、「声魂」がしっかりと実るよう、心を込めて粘り強く活動して参りたく存じます。

「当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査」結果について

平成30年3月12日~16日に実施させていただきました「当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査」につきまして、結果の概要を公表させて頂きます。添付のPDFをご参照ください。
内容につきまして、自由記載欄も含めてまだまだ精査をしていかなければなりませんが、当院のがん相談支援センター、緩和ケアセンターや患者支援センターの認知度を高め、患者さまにより良い支援が行えるよう、引き続き努力して参りたいと存じます。この度は、調査へご協力頂きまして、誠に有り難うございました。

当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査結果

令和元年度 患者さま満足度調査結果について

今年度も患者サービスの向上を目的に、入院・外来別に調査を実施いたしました。 患者さまからの意見や要望を直接お伺いし、「より適切で安心できる医療サービス」を提供するための参考となるよう、結果をご報告いたします。