文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

ご意見・ご要望

患者さまからのご意見

多数のご意見・ご要望ありがとうございました。
これからも皆様のご協力をいただき、よりよき病院をめざして努力してまいります。

『あなたのひとこと箱』に多く投函していただいた ご意見・ご要望に対する回答

駐車場料金について

当院駐車場は以前、無関係の車両の無断駐車や長時間駐車によってスペースが減少し、平日の午前中には公道まで及ぶ渋滞が日常化しておりました。
当時、周辺住民からの苦情やバス運営会社等から改善要望が出され、渋滞解消のため駐車場運営会社と連携し、平成27年4月1日から料金体系の改定を致しました。
上限料金及び料金の時間的加算方式については、渋滞解消を最大の目的として設定したもので、駐車場の警備や舗装、照明等における高額維持費を考慮しつつ、かつ患者負担や周辺の交通状況への影響を最小限にとどめた料金体系としておりましたが、最大料金が高いとのご指摘もあり、令和2年4月1日より、外来受診当日の患者様と入院のご面会者につきましては、割引処理をしていただいた場合の料金、上限料金の見直しを行いました。
ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

エレベーターについて

エレベーターの待ち時間に長時間を要する事態となっており大変申し訳ございません。これまでにも、エレベーター管理会社と協議し、利便性向上のため運用方法を変更するなど、種々の方法を検討して参りましたが根本的解決には至っておりません。エレベーター増設が理想的と考えておりますが、構造上エレベーターの増設は不可能であり、結局のところこのようにご不便をかける事態となっております。重ね重ねお詫び申し上げます。現状でも取り組めることとして職員に対しては、近接階への移動は階段を使用すること、エレベーター使用の際のマナーの改善などを指導しております。何卒、諸事情をご賢察頂きご協力ご理解お願い申し上げます。

待ち時間について

外来の待ち時間につきまして、多くの皆さまより改善要望を頂いております。
この間、受付から採血検査までの時間、診察までの時間、会計、お薬お受け取りまでの時間につきまして、関係部署にてそれぞれ対応を行って参りました。採血待ち時間、会計、お薬お受け取りまでの時間につきましては、システム変更による効率化、人員対策等を講じ、一定の成果がございました。しかしながら、依然として外来にかかる総時間は長時間となっており、根本解決はなかなか困難な状況でございます。この点につきましては、深くお詫び申し上げます。
現在、当院一日の外来患者数は平均3000人超となっており、このことが待ち時間解消が進まない主たる要因でございます。従いまして当院では、待ち時間短縮の努力を継続するとともに、特定機能病院としての機能を果たすため、病状が一定の安定を得られた患者さまには、地域のかかりつけ医での継続診療への移行をお願いする場合もございます。ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

院外処方箋について

当院は、原則院内処方での対応ですが、患者さまの希望で院外処方での対応も可能でございます。
その際は主治医にご相談頂きますようお願い申し上げます。
但し、複数の科を同日に受診される患者さまは、各診療科の医師との相談が必要となりますので、ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

『あなたのひとこと箱』ご意見・ご要望に対する月別の回答(2年12月)

駐車場の警備員

身障者用の場所へ車を停めたいと思ったが、障害者(視覚)が乗っていなかったので、停めさせてくれませんでした。(いつも本人を先に正面玄関で降ろします)
今後もそうしたいのですが、結局第3駐車場へ停めることとなり、帰りに長距離を歩くこととなったため、フラフラしてしまうことになりました。
今後はそのあたり、臨機応変にご対応を頂ければと思います。

ご不便をお掛けし、申し訳ございませんでした。
1階の障害者用駐車場は駐車台数に限りがありますので、原則とし身体障害者手帳をご提示いただいた1級・2級で、お車にご同乗されている方を優先しております。ご理解いただけますようお願いいたします。

血圧計の設置場所

後ろや、近くの人に血圧の値を見られるのはイヤです。

この度は、貴重なご意見を頂き、ありがとうございます。
患者様からのご意見は十分に理解しておりますが、外来エリアの場所の確保、患者様の動線等を考慮したうえで、現在設置させて頂いている場所が望ましいと判断して設置しております。
血圧の数値など、他の患者様に見られるのがお辛いようでしたら、大変申し訳ございませんが、患者様ご自身で数値表示部分を何かで覆われるなど対応して頂きますようお願いいたします。
何卒、ご理解とご協力を頂きますようお願い申し上げます。

入院手続きから退院までお世話になった

母に乳がんが判明し、手術入院が必要になりましたが、認知症初期であることやコロナ禍で面会禁止であること、別件で4日間入院した際に精神状態や行動に異常が見られたことで、本人も家族も大きな不安を抱えていました。
そこでメンタルヘルスの主治医に相談したところ、入院時のサポートをしてくださる老人看護専門看護師のKさんを紹介して下さり、入院手続きの際にKさんが1時間半もじっくり家族の話に耳を傾け、母の手を握りながら慈愛の表情で接して下さったことで母はすっかり心を許し、初対面とは思えない程、家族皆がKさんに心を救って頂きました。父は、涙を流しながら意気投合したほどです。入院まで2回しかお会いしていないにもかかわらず、母は「Kさんがいるから大丈夫」と安心し、私たち家族も面会できない不安が軽くなりました。
8日間の入院中、Kさんは出勤日に欠かさず午前・午後に母の病室を訪れ、お話したり、母のお願いごとに応えて下さり。父に電話をかけて母の様子を詳細に教えてくださったそうです。
母のこころのよりどころになって下さったことで、恐れていた「せん妄」も起きず、手術後の回復が非常に順調でした。
無事に退院でき、母が入院前よりも表情が輝き、明るく元気に自宅で生活できているのも、Kさんのご尽力によるところがとても大きいと感じます。
お仕事上の対応以上に、人として誠実で愛のある対応をしてくださったことに心から感謝いたします。
母は、しきりに今でも「とても優しいのよ」と言っています。
Kさんと、病院のサポート体制が素晴らしく、感動いたしました。
大変お世話になり、ありがとうございました。

ご心配だった手術が無事に終わられご退院できましたこと、嬉しく思います。また、老人看護専門看護師を頼りにしていただき、ありがとうございます。
当院には、看護師や助産師の免許を持ったうえで、大学院や一定期間の専門的な研修を受けた専門看護師や認定看護師が在籍し、活動しております。
少しでも患者様のお力になれますよう、努力して参りますのでよろしくお願いいたします。

緑内障の冊子を置いてほしい

がんの冊子ばかり。
緑内障で通院していますが、失明に至るかもしれない怖い病気です。私はまだ20代なのにもう何年も、緑内障の冊子を置いてくださいと書いていますが、いっこうに何年も何年も置いていただけません。
5年も6年も置いてくださいと通院のたびに書いています。意見スルー悲しいです。

20代というお若い中で緑内障との診断を受けられ、大変ご不安であるとお察しいたします。これまでの度々のご提案に対応できておらず申し訳ありませんでした。
眼科外来では、診察時にご希望を医師に相談していただく様にしておりましたが、あなたのひとことをお書き頂いた患者様が分からず、お届けすることが出来ておりませんでした。大変申し訳ございません。
緑内障専門医と相談し、緑内障に関する患者様向けのパンフレットを、眼科受付の手前に置くことに致しました。次回の外来時に、どうぞお手に取ってご覧ください。
この度は、ご提案を頂きありがとうございました。

栄養部の皆様に感謝

いつもお世話になり、ありがとうございます。
お忙しい中での食事についたメッセージ、季節を考えたお食事、気持ちが和らぎました。
今日は気持ちが沈んでいましたが、メッセージを読ませていただき、秋を感じ今日を大切にしたいと思いました。
一つ一つのメッセージを折るのも、大変だったと思います。ありがとうございました。

当院の病院食と栄養部からの患者様へのメッセージをお褒めいただき、ありがとうございました。
二十四節季や行事に合わせてメッセージカードを作成することで、私たちも日本の四季の移ろいや行事の由来などを再確認する機会になっております。私どものメッセージが心の栄養となり、ご快復の一助となれば幸いです。
また、栄養士、調理師共に旬の味覚や調理方法を工夫して、院内に居られても季節を感じて頂けるように、患者様へのお食事の提供に努めております。
今後もよろしくお願いいたします。

30病棟の方々

手術で入院しました。みなさん、とても優しく明るく丁寧に接して下さいました。みなさんからしたら「あたりまえ」のことなのかもしれないですが、一生に一度か二度あるかないかの手術を受ける側としては、みなさんのあたたかな対応がとても嬉しかったです。針の刺しにくい腕を一生けんめいさすってくれたり、失敗したところを申し訳なさそうにさすってくれたり、何気ない優しさにキュンとしました。
コロナで大変なこともたくさん増えたと思います。そんな中で頑張って働くみなさんは本当にすごいと思います。感謝と敬意の気持ちでいっぱいです。
安心と笑顔をありがとうございます。ここに入院してみなさんと出会えて、すごく良かったです。

お褒めの言葉、ありがとうございます。
私共は、患者様と日々コミュニケーションを図り、いつもの状態を把握し、変化や変調にいち早く気づき、速やかに適切な対処が行えるよう整えています。
新型コロナ感染症の流行下では、患者様の安全を考え面会の制限などご不便をお掛けしておりますので、入院という環境の変化での精神的なご負担が少しでも軽減できるように努めております。
患者様のお気遣いのお言葉は、私共にとりましても大変励みになりました。技術的に未熟なものもおりますが、日々研鑽に努めてまいります。

会計窓口、各科の看護師

会計で名前を呼ばないでほしい。せっかく1人ずつ番号がついているのに、あんなに人の多い所で個人名をさらされるのは、いつも嫌な気持ちでいっぱいである。「病気」で来ているのだから、何の病気か分からなくても何か抱えていることはわかる。近所の人、同僚その他…ひょんな事でわかってしまう。配慮がなさすぎる。
各科で、次の検査内容や薬のことを、不特定多数のいる待ち合いで名前まで言わされて(この確認は仕方ないが、人前でするのはあり得ない)周囲の人も聞けば、この人何の病気か分かるようなことを大声で説明している。大学病院なのにあり得ません。阪大病院では、一人ひとり番号で呼んで、個室や別室に移動して次の予約の説明をしてくれます。
今時このやり方はあり得ない。早期の改善を望みます。

貴重なご意見、ありがとうございます。
ご氏名の確認に関しましては、患者様の間違いを防ぐためにご協力を頂いており、ご理解いただきありがとうございます。
患者様のお呼び出しに関しましては、番号でのお呼び出しでなく、当院ではお名前でお呼び出しさせていただいているのが現状です。患者様からご氏名での呼び出しを避けてほしい申し出には、個々の患者様に対応しております。ご希望がございましたら各科の医療スタッフにご相談をお願いいたします。
また、氏名確認も含めて、次回予約や検査説明を待合室で大声を出して行っているとのご指摘をいただきました。ご高齢の患者様も多く、ついつい大声での説明になってしまっており、不快な思いをお掛けし申し訳ございませんでした。
当院の現状では、個室や別室を設けてということが困難な状況です。今後は可能な限り患者様に配慮し、対応して参りたいと思っておりますので、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

お薬の受け取りについて

初めての受診です。
朝、初診で「本日の番号です」と言われて会計を済ませお薬を待っていたのですが、40分50分待っても番号が出ず、総合案内に聞くと領収書の右側にお薬券があるとのことを知りました。何の説明もなく「本日の番号です」と言われたので、お薬も同じ番号と思っていました。
とても分かりづらいので、何か掲示するか番号を渡す時、お薬はこの番号ではないことを伝えてほしいです。

当院を初めて受診されたにもかかわらず、受診の仕組みについてのご説明が不十分で申し訳ございませんでした。
診察番号は、診察や会計の時に表示する番号でございますが、採血や検尿をされる時に通される検査番号や、自動支払機で会計をお済ませになった後、明細書横のお薬引換券番号は、違う番号でございます。
初めて受診される患者様には、初診受付で診察番号をお渡しする時に、分かりやすくご説明できるように致します。また、自動支払機に、分かりやすく表示して参ります。
貴重なご意見、ありがとうございました。

外来トイレについて

1.トイレの荷物を掛けるフックが高くて届きません。私の背が低いから仕方がないのですが…。困っておられる方がいると思います。

2.会計の裏の男性トイレのウオシュレットの表示がかすれて見えなくなっている。どのボタンを押せばいいのか分からず困ります。

1.トイレの荷物掛けフックにつきましては、以前に低くしてほしいとのご要望がありましたので、付け替えや追加をしております。
しかし、今回ご要望のあるトイレが分りかねますので、もしよろしければご要望のトイレにつきましてお教えいただければと思います。患者支援センター窓口でお教えいただくか、あなたのひとことでお教えください。

2.ウオシュレットの表示が分かりにくくなっており申し訳ございませんでした。11月10日に見やすい表示にいたしました。

食事について

食事が冷たい。
隣接の病院は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、塩分はしっかり管理されているにも関わらず、カツオと昆布にて大変美味しかったことを思い出しました。是非、そのようにしてほしいです。

当院の病院食に貴重なご意見を頂戴しありがとうございます。
食事内容が行き届かず申し訳ございません。温食については保温食器を用いているため、適温でのお食事を提供できない場合があります。調理方法を見直し改善に努めてまいります。貴重なご意見に鑑み今後も温食の実施仕向けて努力いたします。
これからも安全で美味しく皆様に満足いただける食事の提供に努めて参ります。今後とも宜しくお願いいたします。

2年11月の回答はこちら

みなさまのひとこと(常設掲示)

病院関係者が、スクールゾーン等、病院敷地周辺で喫煙、ポイ捨てをしている、というご指摘を、多数頂戴しております。

当院においては、従来から「敷地内全面禁煙」を施行しておりますが、患者さま及びご家族、周辺住民から、敷地周辺のスクールゾーン等における喫煙に対し、厳しい意見を頂戴いたしております。
当院といたしましては、これらのご意見を真摯に受け止め、下記のとおり禁煙及びポイ捨て禁止区域を決定しました。

禁煙及びポイ捨て禁止区域
①医学部・病院敷地内全域(従来どおり)
(敷地内道路、全ての駐車場、庭、学生のクラブハウス、グラウンドなど敷地内全ての建物、空間を含む)
②上記①の周辺道路全て(新規)
(医学部正門前、駐車場及び歩道、患者用・教職員駐車場等の外側道路及び歩道、南海バス停前歩道、スクールゾーン等、敷地周辺道路全て)
各部署所属長に対し、具体的な対応及び周知徹底を図る様を指示しました。

みなさまのひとこと(常設掲示)

病院敷地内で、「自転車、バイク車両による、超過スピード、歩道走行、逆走」などの危険運転に関する投書が多数ございます。

病院敷地を利用される全ての方々にお願いをいたします。
病院敷地は、具合の悪い方や、身体に障がいのかる方、妊婦や乳幼児など、周囲に特に配慮の必要な方々が多数ご利用される場所です。このような敷地内では、思いがけない事故が発生してしまう可能性があります。

車両通行の際は必ず「徐行」をして下さい。歩道は手押しで通行して下さい。
車両での歩道の通行、逆走については、道路交通法上も問題です。危険運転については厳罰がございます。
人が横断しそうな場合や横断している最中、速度超過はもっての外、車両は停車か徐行するのが、走行者の常識・義務です!!!

みなさまのひとこと(常設掲示)

「駐車料金が高い。」という投書を多数頂戴しております

駐車場料金について
当院駐車場は以前、無関係の車両の無断駐車や長時間駐車によってスペースが減少し、平日の午前中には公道まで及ぶ渋滞が日常化しておりました。当時、周辺住民からの苦情やバス運営会社等から改善要望が出され、渋滞解消のため駐車場運営会社と連携し、平成27年4月1日から現行の料金体系に改定を致しました。
上限料金及び料金の時間的加算方式については、渋滞解消を最大の目的として設定したもので、駐車場の警備や舗装、照明等における高額維持費を考慮しつつ、かつ患者負担や周辺の交通状況への影響を最小限にとどめた料金体系としており、今後当院としては現行料金体系を変更することは考えておりません。
ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

みなさまのひとこと(常設掲示)

あなたのひとこと「声魂の樹」のことで、回答が更新される周期や選定基準等について教えてほしい、という投書を頂いております

当掲示板は、複数部署の委員で構成される院内委員会活動でございます。
投函されたご投書は、平日に毎日回収し、関係する部署に通知を行い、部署としての返答や対応を要請しております。月1回開催される委員会では、投書内容についての検討を行い、月毎に掲示する回答をまとめております。
例えご批判や無理な提案内容だったとしても、基本的に全てのご投書内容に回答するという考えでございます。しかし、個人名が特定されてしまう投書や公序良俗に反するもの、誹謗中傷などは掲示いたしません。
そして、部署からの返答がないものやノーコメントの場合、止むを得ず継続検討扱いとなります。
改善、解決に時間を要するものは、結果が出次第掲示させて頂いております。
以上のように、せっかくご投函頂いたにも関わらず、すぐに回答掲示することが出来ない投書もございます。また、具体性がなく抽象的なご指摘等の場合、通知を行う部署がなく、解決策などを検討出来ない場合がございます。
尚、緊急対応を要する事案や医療安全管理に関わる事案、苦情、病院管理者の判断を要するもの等につきましては、委員会活動として限界がございます。その際は、患者相談窓口、苦情相談窓口、当該部署等にお申し出を頂きたく存じます。何卒ご理解ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
今後も、微力ではありますが、回答を待たれている方の為に、「声魂」がしっかりと実るよう、心を込めて粘り強く活動して参りたく存じます。

「当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査」結果について

平成30年3月12日~16日に実施させていただきました「当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査」につきまして、結果の概要を公表させて頂きます。添付のPDFをご参照ください。
内容につきまして、自由記載欄も含めてまだまだ精査をしていかなければなりませんが、当院のがん相談支援センター、緩和ケアセンターや患者支援センターの認知度を高め、患者さまにより良い支援が行えるよう、引き続き努力して参りたいと存じます。この度は、調査へご協力頂きまして、誠に有り難うございました。

当院のがん医療、その他全ての支援体制に関する患者アンケート調査結果

令和元年度 患者さま満足度調査結果について

今年度も患者サービスの向上を目的に、入院・外来別に調査を実施いたしました。 患者さまからの意見や要望を直接お伺いし、「より適切で安心できる医療サービス」を提供するための参考となるよう、結果をご報告いたします。