top_bar
language:English Japanese


校舎外観 4つの診療グループ 高度な手術技術 共に学ぶ仲間 研修風景 スポーツ外傷/臨床研究

ニュース|お知らせ

  • 2020年8月11日
    大谷和裕准教授の英語論文“ Delayed rupture of all digital flexor tendons following volar locking plate fixation for distal radius fracture. A case report ”が Journal of Hand Surgery Asian-Pacific Volume(IF=0.29)にacceptされました。
  • 2020年7月29日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Characterization of PD-1/PD-L1 immune checkpoint expression in Osteosarcoma ”が Diagnostics(IF=3.110)にacceptされました。
  • 2020年7月27日
    墳本一郎医学部講師の英語論文“ Referencing the Substitute Anteroposterior Line of the Tibia Improves Rotational Alignment of the Tibial Component in Medial Unicompartmental Knee Arthroplasty ”が The Knee(IF=1.913)にacceptされました。
  • 2020年7月6日
    自主臨床研究に記事を追加しました。
    ・頚椎変形,不安定性を伴う頚椎症性脊髄症に対する画像評価と手術成績の調査に関する研究
  • 2020年7月3日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Salmonella osteomyelitis of the rib mimicking a mammary tumor: A case report ”が The Tohoku Journal of Experimental Medicine(IF=1.584)にacceptされました。
  • 2020年7月2日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Soft Tissue Myoepithelioma of the Shoulder: A Case Report ”が Acta Medica Okayama(IF=0.635)にacceptされました。
  • 2020年7月1日
    くしもと町立病院の岡 尚宏先生の英語論文“ Ascorbate sensitizes human osteosarcoma cells to the cytostatic effects of cisplatin ”が Pharmacology Research & Perspectives(IF=2.84)にacceptされました。
  • 2020年5月21日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Surgical management of sarcoma in adolescent and young adult patients ”が BMC Research Notesにacceptされました。
  • 2020年5月13日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ The Role of Oxidation of Low-density Lipids in the Pathogenesis of Osteoarthritis: A Narrative Review ”が Journal of International Medical Research(IF=1.351)にacceptされました。
  • 2020年4月20日
    鳥海賢介/専攻医の英語論文“ Radiation-induced osteosarcoma in the cervical spine after definitive radiotherapy for esophageal cancer; a case report ”が Spine Surgery and Related Researchにacceptされました。
  • 2020年4月6日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Outcomes of comprehensive treatment for primary osteosarcoma ”が SAGE Open Medicineにacceptされました。
  • 2020年3月12日
    当施設は一般社団法人日本脊椎脊髄病学会クリニカルフェロー研修施設として認定されました。
  • 2020年2月25日
    岡 尚宏助教Bが日本整形外科学会専門医試験に合格しました。
  • 2020年1月16日
    自主臨床研究に記事を追加しました。
    ・悪性骨軟部腫瘍におけるPD-1/PD-L1免疫チェックポイント機構の解明
    ・AYA世代肉腫の予後因子の検討に関する研究AYA(Adolescents and young adults: 思春期、若年成人)世代肉腫の予後因子の検討
  • 2020年1月15日
    多施設共同研究の英語論文“ Reference values for the Locomotive Syndrome Risk Test quantifying mobility of 8681 adults aged 20 to 89 years: a cross-sectional nationwide study in Japan ”がJournal of Orthopaedic Science(IF=1.3)にacceptされました。
  • 2020年1月15日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Extra-articular synovial osteochondroma in the Hoffa's fat pad involving the patellar tendon: A case report and literature review of a rare disorder ”が Molecular and Clinical Oncology(IF=0.63)にacceptされました。
  • 2020年1月14日
    第34回近整会総会・学術集会がホテル・アゴーラリージェンシー堺にて68名の参加者を得て盛会に行われました。また、鳥海賢介/専攻医が「首下がりの治療経験」にて最優秀演題賞を受賞、宮本裕史准教授が近畿大学整形外科同門会会長賞を受賞しました。おめでとうございます。
  • 【学術集会のお知らせ】
    2020年1月11日(土)14:00〜 第34回近整会学術集会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2019年11月29日
    英語版ホームページを開設しました。トップページ右上のlanguageボタンで日本語版と切り替えが出来ます。
  • 2019年11月26日
    墳本一郎医学部講師の演題「関節軟骨細胞に発現するAT1レセプターは周期的圧迫負荷により活性化され、軟骨肥大変性を促進する」が第47回日本関節病学会にて学術集会奨励賞を受賞しました。
  • 2019年10月8日
    橋本和彦医学部講師の英語論文“ Clinical features and outcomes of bone and soft tissue sarcomas in adolescents and young adults ”が Molecular and Clinical Oncology(IF:0.63)にacceptされました。
  • 2019年10月3日
    家村駿輝/大学院生の英語論文“ Role of irisin in androgen-deficient muscle wasting and asteopenia in mice ”が Journal of Bone and Mineral Metabolism(IF:2.472)にacceptされました。
  • 【学会開催のお知らせ】
    2019年9月20日(金)・21日(土)、第133回中部日本整形外科災害外科学会学術集会(会長:赤木將男)を神戸国際会議場 にて開催します。
  • 【研究会のお知らせ】
    2019年8月31日(土)14:45~18:20 第28回近整会夏期研究会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。
  • 2019年7月1日
    他施設共同研究の英語論文“ Transplantation of autologous bone marrow-derived mesenchymal stem cells under arthroscopic surgery with microfracture versus microfracture alone for articular cartilage lesions in the knee: a multicenter prospective randomized control clinical trial” が Regenerative Therapy(IF:1.182)にacceptされました。
  • 2019年6月25日
    整形外科学教室の今年度の近畿大学医学会賞受賞論文は以下の通りです。
    1. 橋本和彦(医学部講師)“ LOX-1 deficient mice show resistance tozymosan-induced arthritis”
    2. 山岸孝太郎(助教A)“ Activation of the renin-angiotensin system inmice aggravates mechanicalloading-induced knee osteoarthritis”
    3. 中村文久(大学院)“ Cyclic compressive loading activates angiotensin type1 receptor in articular chondrocytes and stimulates hypertrophic differentiation through a G-protein-dependent pathway”
    おめでとうございます。
  • 2019年6月5日
    宮本裕史准教授の英語論文“ Usefulness of dynamic contrast-enhanced magnetic resonance images for distinguishing between pyogenic spondylitis and tuberculous spondylitis ” が European Spine Journal (IF=2.634)にacceptされました。
  • 2019年6月4日
    先週6月2日土曜日16:00-救急災害棟5F会議室で、近畿大学病院・近畿大学奈良病院の整形外科医局員24名が集まり「第一回狭山・奈良合同カンファレンス」が行われました。多くの質疑応答がなされ、その後の親睦会も大いに盛り上がりました。来年は6月13日に奈良病院で開催の予定です。
  • 2019年5月29日
    昨日5月28日発売のサンデー毎日で、人工膝関節手術支援ロボットNAVIOのリリースが3~4月の大学プレスリリースランキング28位にランクインしました。
  • 2019年5月21日
    中川晃一医学部講師のTendon and Soft Tissue Biology Laboratory at Mayo Clinic留学が内定しました。 Professor ZhaoのもとResearch fellowとして肩関節のバイオメカニクスについて研究する予定です。 時期は2020年1月から1年間の予定です。おめでとうございます。
  • 【研究会のお知らせ】
    2019年5月18日(土)14:50〜18:00 第101回整形外科金剛会を堺市産業振興センター(大阪府堺市)にて開催します。
    特別講演1:松村 文典 先生(市立岸和田市民病院整形外科部長)
    「骨粗鬆症性椎対骨折の治療」  
    症例発表6題
    特別講演2:坂井 孝司 先生(山口大学大学院医学系研究科整形外科学教授)
    「特発性大腿骨頭壊死の疫学・診断・治療」
  • 2019年4月1日
    スタッフ紹介ページ、外来担当医表、専門外来担当表をそれぞれ更新致しました。
  • 【研究会のお知らせ】
    2019年3月30日(土)16:45〜19:00 第5回南大阪ロコモ研究会をアートホテル大阪ベイタワー(大阪府大阪市)にて開催します。
    講演1:河野 博隆 先生(帝京大学医学部整形外科学講座教授)
    「がん時代の整形外科に求められる意識改革ーがんロコモを考えるー」
    講演2:馬渡 正明 先生(佐賀大学医学部整形外科教授)
    「股関節外科の現状と将来展望:内視鏡手術、骨切り術から人工関節まで」
  • 2019年3月15日
    朝田滋貴非常勤講師の英語論文“ Obliquity of tibial component after unicompartmental knee arthroplasty ” が Knee (IF=1.8)にacceptされました。
  • 2019年3月15日
    4月初旬から我が国初めての人工膝関節手術支援ロボット(NAVIO、Smith & Nephew社)が導入されることになりました。このロボットは赤外線ナビゲーションと骨掘削用ドリルバーをコントロールするロボットを組み合わせたもので、手術の精度・安全性・低侵襲性を確保します。近畿大学病院整形外科・人工関節センターの益々の発展が期待されます。
  • 2019年3月7日
    浜松医科大学整形外科特任准教授の戸川大輔先生(H6年山形大卒)が近大奈良病院整形外科・リウマチ科の診療部長(准教授、脊椎外科)として4月1日着任することが内定しました。 同門会会員の皆様、宜しくお願い致します。同門会代表幹事 赤木將男
  • 2019年2月22日
    岡 尚宏/大学院生の英語論文“ Angiolymphoid hyperplasia with eosinophilia of the hand: treat with a reverse digital island flap and artificial skin: a case report ”が Journal of Medical Case Reportsにacceptされました。
  • 2019年2月19日
    小川智永/専攻医、森竹章公助教B、田中寛樹先生、中島 仁先生、八木澤朋弘先生の受験者5名全員が日本整形外科学会専門医試験に合格しました。
  • 2019年1月5日
    第33回近整会総会・学術集会がホテル・アゴーラリージェンシー堺にて77名の参加者を得て盛会に行われました。また、大学院1年目の伊藤智彦先生が「Spondyloarthritis(SpA)の一例」にて最優秀演題賞を受賞、橋本和彦医学部講師が近畿大学整形外科同門会会長賞を受賞しました。おめでとうございます。
  • 【学会開催のお知らせ】
    2019年1月26日(土)、第36回中部日本手外科研究会(会長:柿木良介)を京都府民総合交流プラザ 京都テルサにて開催します。
  • 【学術集会のお知らせ】
    2019年1月5日(土)14:00〜 第33回近整会学術集会をホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪府堺市)にて開催します。

今までのニュースはこちらから一覧できます。

circle近畿大学医学部整形外科学教室
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL 072-366-0221(内線3212) FAX 072-366-0206
整形外科専攻医募集 人工関節センター 運動器外傷センター ごあいさつ 研究・業績 モーニングレクチャー一覧表 自主臨床研究 患者様へのご案内 近畿大学医学部附属病院 近畿大学医学部 近畿大学外学院医学研究科

arrow_upこのページのTOPへ