近畿大学医学部内科学教室心療内科部門Department of Psychosomatic Medicine, Kindai University, Faculty of Medicine

当講座について

医局員向け教育

研修医(前期)

心療内科、緩和ケア科をバランスよく学んでいただきます。
研修期間によっては、いずれかに重点を置いて学んでいただくことも可能ですので、遠慮なくご相談ください。

1日の流れ

毎日9:00、16:30から医局または病棟で指導医と受け持ち患者の打ち合わせを行います。
朝の打ち合わせでは、当日の診療について、夕方の打ち合わせでは、当日の診療の振り返りを行います。
日中は受け持ち患者の診察や心療内科、緩和ケア科の初診陪席(心療内科では研修状況によってインテークも)などを通じて研修していただきます。

症例検討会

毎週水曜日14:00から症例検討会を行います。
心療内科・緩和ケア科の初診患者のプレゼンテーション、入院患者のプレゼンテーションを行います。
1症例3分程度で1週間の経過、見立て、治療方針について簡単に発表していただきます。
教授回診後、より時間をかけて症例検討を行い、患者への理解、考察を深めていきます。

抄読会

月曜日8:30から抄読会を行っています。

リサーチカンファレンス

水曜日16:00からリサーチカンファレンスを行います。時期によっては、学会の予演なども行います。

研修医セミナー

医療面接、心理検査、摂食障害、慢性疼痛、がん疼痛、がんの身体症状、せん妄、チーム医療の8項目の講義を実施しています(1講義30分~60分程度)
※興味があれば、心理療法なども別途行いますので、適宜ご相談ください

入局後

上記内容に加えて、指導医とのラインカンファレンス(月曜日17時以降)、教授との症例カンファレンス(土曜日日勤帯)など行っています。
また研修半年ごろを目安に、外来を担当してもらう予定です(まずは再診外来から)。
また学会発表や臨床研究、論文作成のサポートも随時行っています。ある程度研修内容の要望にお応えする形ですすめていきたいと考えています。