がんプロ大学院生募集

近畿大学腫瘍内科では
がんプロ大学院生を募集しています。

がん診療に携わると多くのクリニカルクエスチョンに直面します。すでに検討・報告済であれば、文献等を調べることで解決することができますが、がん診療においては、未解決のクリニカルクエスチョンが大部分を占めており、臨床試験や基礎研究でその解決の糸口を見つけていくことが大変重要です。

近畿大学腫瘍内科では大学院生時に(多くの場合は3-4年次)外来、入院患者を持たず、基礎/TR実験に勤しむ時間を設けていますので、集中して研究活動を行うことが可能です。一つ一つの課題に於いて、メンター(指導者)が付きますので、きめ細やかな指導を受け、論文化まで必ず到達できます。

また、近畿大学は、国公私立7大学が連携し、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人の養成を推進する「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」を立ち上げ、これは文部科学省がん専門医療人材(がんプロフェッショナル=がんプロ)」養成プランとして採択されています。このプランでは

  • 1. ゲノム医療の実用化に向けた課題
  • 2.希少がん及び小児がんにおける課題
  • 3.異なるライフステージのがん患者に生じる特有の課題

以上を大学院生の主たるカリキュラムとして定め、これを実践することで、個別化医療を実践できる多職種のがん専門医療人材の養成を目指しています。

7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン

本プランは近畿圏の国公私立大学の医学・看護学・薬学、そして今回新しく理工学系の大学院研究科を加えた7大学9学部が相互連携し、大学院生などを対象に、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人を養成することを目的としています。

詳しくはこちらのウェブサイトをご覧ください。
https://www.med.kindai.ac.jp/ganpro/

7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン

医局見学 随時受付中

オンコロジストを志す医師・学生の見学をいつでも受け入れています。