医師求人

オンコロジストを目指す方へ

臓器横断的・職種横断的がん診療
を目指す腫瘍内科です

近畿大学病院腫瘍内科はがん診療、特にがん薬物療法に特化した臓器横断的診療科として存在しており、臓器専門診療科と連携してがん診療を実施します。
近畿大学病院腫瘍内科は、肺癌、食道癌、胃癌、大腸癌、乳癌、頭頸部がん、肉腫、原発不明がん等に対する薬物療法を中心とした内科的治療の、主担当科として治療に関わります。

当然のことですが、大学病院の幅広い臓器専門診療科の支援を受けてがん薬物療法を行えているところが、がんに特化したがんセンター病院と比較した場合の「大学病院腫瘍内科の強み」と言えます。
また、研究となりますと更に多くの診療科の臨床専門性を研究に取り込めることや基礎研究者との学内連携が容易であることが、がん研究の質を高めます。
「各診療科と基礎研究講座それぞれが独立した専門分野を深めていくこと」と「独立した講座が互いに役割を分担して連携すること」、この2つを実現するのは相当大変ですが、腫瘍内科の理想として高く掲げておきたいところです。

診療科間の協力体制について述べてきましたが、もう一つ大切なことは、腫瘍内科内部が多様な専門性を有する医局員で構成されていることです。肺癌を主体に研究してきた呼吸器内科医、胃癌、大腸癌を治療してきた消化器内科医、もともとは肺癌を治療してきたが乳癌に専門を変更した腫瘍内科医など、多様な医局員で構成された腫瘍内科医局はそれぞれにとって学ぶところの多い、実に楽しい医局です。

がん薬物療法の専門家の集団として

新しい治療の開発を目指して臨床試験に力を入れているのも当腫瘍内科の特徴といえます。

近年はがん治療の新薬開発のラッシュで、腫瘍内科は様々な製薬会社から新薬の治験を受けております。それは患者さんにとって最新の検査や治療が選択できる環境を作り出すためといえます。がんは分子標的薬の時代から新しいがん免疫療法の時代へと変遷しており、がんの治療標的もがんの持つゲノムの異常にとどまらず、がん周囲の免疫環境までも広がりを見せています。それに伴い、これまで治らないとされていたがんですが、治ることを目指せる時代に突入しつつある、そういうダイナミズムを感じることのできる領域です。

腫瘍内科は、がんの薬物療法に関する専門家集団であり、遺伝子診断に強いゲノム生物学の西尾教授や呼吸器外科の光冨教授などと一体となり研究しています。

今後はさらに環境を整備し、がんの薬物療法の専門医を数多く育成し輩出していきたいと考えます。

近畿大学医学部腫瘍内科教授 中川和彦

医局見学 随時受付中

オンコロジストを志す医師・学生の見学をいつでも受け入れています。