近年、近大病院の系列学校(近畿大学附属看護専門学校・近畿大学附属福岡高等学校)以外の大学・専門学校出身者の入職率が増えてきています。系列出身者との違いを感じることはあるのか、他大学・専門学校出身者のお二人にご登場いただきました。

看護師として一歩を踏み出すなら、
より成長できる環境が良かったのです。

原:最近、私たちのように他大学・学校出身者も増えてきましたよね。金さんは、なぜ近大病院を選んだんですか?

金:私は卒業した学校でも神戸に系列病院がありましたが、他の病院も知りたいと思って就活時に幾つかの病院を調べていました。最初に入るなら大きな病院でしっかりと経験を積みたいと思いまして。原さんはどうでしたか?

原:私は実家が堺市で、バスで通える近さなのがきっかけです。ただ、金さんと同じように最初に大学病院に入って知識や技術面において基礎を身に付けることが大事だと思っていました。実際に入ってみて、プリセプターや実地教育者など先輩たちが手厚く指導してくれますし、研修も充実しています。他の病院から転職されてきた先輩もいますが、近大病院では1年目がしっかりと基礎を学べる環境があることとその大切について話をしていました。

金:確かに。あと、私はいま手術室で働いているのですが、近大病院は症例数も多く、ロボットを使った手術もしていて、いろいろな経験ができそうと思いました。説明会で看護長に「オペで働きたいんです」と相談したら、「だったらぜひ当院に来て下さい」と言っていただいたんです。雰囲気も良さそうでしたし、「ここでなら」と決めました。

原:私も実習で他病院を経験したのですが、優しく丁寧に接してくれる先輩たちが多いですよね。もちろん仕事ですから、看護のプロとして間違っていたら厳しく指摘されますが、理不尽ではなく、私を育ててくれようとしてくれているんだという心遣いが感じられます。わからないことがあれば、何でも相談できます。

金:特に他大学・専門学校出身だからといって関係なく、先輩からコミュニケーションをとってきてくれますし、何より優しいですね。それは患者さまに対する接し方にも表れていて、大学病院で忙しいなかでもいつも丁寧に向き合っている姿を見ていてスゴイなぁと感じます。

同期は他大学・学校出身者ばかりで、
出身校の違いを感じない職場。

金:近大系列の学校出身者が多いと感じますか? 確かに先輩たちは多いですが、同期ではそれほど多いと感じることはなくて。私と同じく手術室に配属された同期は8名いるのですが、そのうち1名以外、他大学・専門学校出身者です。

原:同期が8名も配属されているんですか! うらやましい。私はSCUですが、ACUと合わせて同期が4名います。私の方は、全員が他大学・専門学校出身ですよ。

金:全体で同期が93名なのですが、そのうち近大系列の学校出身者の割合は、約4割くらいみたいです。年々増えてきているようで、もう数年には他大学・専門学校出身者の割合のほうが多くて当たり前になるかもしれないですね。

原:ちなみに、他の病院に入職した同級生と会う機会はありますか? もともといた他病院との違いなどを感じることは。

金:たまに集まって食事をすることがありますよ。近大病院のOPは実践が早いみたいです。簡単なOPなら4月に一人で入っていたのですが、他病院のOP配属の同級生はまだでした。ただ、病棟配属の同級生が多くて、OP配属は私以外で一人だけなので一般的にどうかというのはわかりませんが。

原:私は他病院に入職した同級生と話をしていて、大きな病院なので体制が整っていて、看護師が一人あたり担当する患者数など、一人ひとりの患者さまとしっかりと向き合いやすい環境があるんだなと思いました。あとはルールや教育面でも体制が整っていて、たとえばナーシングスキルでチェックしてもらわないと一人で実践ができません。とりあえず先輩を見てやってみるというのも良いかもしれませんが、新人でもミスが起こりにくく、確実かつ段階的に成長できるステップが築かれていると思いました。

金:そう。きちんとルール・体制が整っていて、任せられる環境があります。私としては、いろいろな経験を積みたくて近大病院に入職したので、責任あるOPをどんどん任せられるのはプレッシャーではありますが、自分の成長を感じられる日々です。小児科があるので、小児の症例も多いですし、希望していた環境で働いているという充実感があります。

あこがれの看護の仕事を
存分に楽しんでください。

原:たまたま所属先には近大系列の学校出身者が少ないですが、1年目に全体研修が複数回行われるので、出身校に関係なく、同期と交流できる機会があります。

金:研修で仲良くなって、休日や仕事終わりにご飯したり、遊びに行ったりすることもします。近大系列の学校出身ではないからと言って、不便を感じたり、居心地の悪さを感じたりすることは全然ありませんね。

原:入職前は少しだけ「大丈夫かな?」と思ったこともありましたが、杞憂でした。これから入ってくる仲間には余計なことは気にせず、自分があこがれていた仕事に没頭してもらえたらと思います。

金:そうですね。私は母親が看護師。「あんたがいたら楽しいわ!」と患者さまから慕われている母の姿を見て、小さな頃から看護師を目指していました。確かにわからないことが多くて大変に感じることもありますが、自分の希望通りに配属されてOPに携われている喜びを感じる日々です。

原:たまたま所属先には近大系列の学校出身者が少ないですが、1年目に全体研修が複数回行われるので、出身校に関係なく、同期と交流できる機会があります。

金:そうなんですね! 私の母親も看護師なんです。近大病院に入った理由の一つに、母からの薦めもありました。小さい頃から看護師になるのが当たり前と思っていたので、「やっとなれた!」と看護の仕事を楽しんでいます。母親のように、いるだけで安心してもらえる、遠慮なく頼ってもらえる看護師になりたいですね。就職活動中の皆さんにも、自分が目指す看護師像を実現できる職場を選んでもらえたらと思います。