近畿大学医学部の母体は、日本トップクラスの志願者数を誇る学校法人近畿大学です。その安定基盤のもと、病院は運営されています。

中核となる近畿大学病院は1000床近くあり、看護部職員だけでも千数百名が所属。奈良病院においても、500床以上の規模があります。診療科も幅広く、救命救急センターやがんセンターなどの施設や最先端の医療機器も充実しています。

近大病院の母体は、近畿大学。2018年の受験総志願者数は16万名近くに登り、「志願者数日本一」を誇っています。経営状態は健全で、2005年6月に格付投資情報センターから「AA-(安定的)」の財務格付けを取得。格付けは2014年9月に「AA-(ポジティブ)」、2016年10月には「AA(安定的)」に格上げされ、21段階評価の中で3番目となる高い格付です。

歴史があり、規模も大きい近大病院ですが、活躍の中心は20代の若い職員。ベテランが病院の経営に集中できるのも、質の高い看護実践で現場を支えている若手の看護師たちがいるからです。また、固定概念のとらわれない柔軟な考えで、より良い看護の在り方を模索し、実践しています。

歴史があり、規模も大きい近大病院ですが、活躍の中心は20代の若い職員。ベテランが病院の経営に集中できるのも、質の高い看護実践で現場を支えている若手の看護師たちがいるからです。また、固定概念のとらわれない柔軟な考えで、より良い看護の在り方を模索し、実践しています。

時短勤務や産前産後休暇など、女性が働きやすい労働環境整備に力を入れることで、近年、離職率などあらゆる指標が良くなってきています。あこがれた看護の仕事を一生続けていただけるように、今後もさらなる改善に努めていきます。

医療スペシャリストに関しても認定看護師や専門看護師をはじめ、あらゆる分野で高い専門性を持つ人材が存在するなど、多岐にわたってトップクラスの規模を誇っています。近大病院では資格の取得を積極的に推奨し、幅広く支援するなど、高度医療を支える存在として専門・認定看護師の育成に力を入れているのです。

寮暮らしや一人暮らしで近隣に住む以外にも、遠方から車で通いやすい立地です。都心部と違って、比較的に交通量が少ないので、運転に不安のある方にとっても安心。