新人看護師の1年&1日

心技に優れた看護師に成長するための
基礎づくりを1年かけてじっくり行います。

憧れの看護師としての一歩を踏み出した新人看護師の1年は、先輩など周りに支えられる毎日。やりがいの何倍も、プロとしての壁を感じることでしょう。しかし、その日々の積み重ねの先には、必ず一人前のプロとしての成長があります。そんな新人看護師の1日と、その成長を支える1年間の新人教育をご紹介します。

新人看護師の年間スケジュールSCHEDULE

  • 新規採用者研修
    • 看護部の概要
    • 看護記録
    • 重症、医療・看護必要度
    • 感染予防対策1
    • 教育計画
    • 報告・連絡・相談
    • 静脈注射
    • 安全管理1
    • がん看護
    • スキンケア
    • 社会人・組織人・専門職としての心構え
  • 防災災害対策
  • 薬剤管理
  • 防災設備
  • 医療用ポンプ
  • 看護技術「採血」
  • 心電図(基礎)

BLS

6ヶ月研修

静脈注射

医療用ポンプ

感染予防対策

  • 看護論理1
  • フォローアップ研修:1ヶ月
  • フィジカルアセスメント
  • 酸素療法
  • フォローアップ研修:3ヶ月
  • 救命救急処置看護
  • 看護技術チェックリスト評価
  • フォローアップ研修:6ヶ月(外部施設使用)
  • 摂食嚥下
  • フィジカルアセスメント(総合)
  • 輸血療法
  • 心電図(応用)
  • 看護技術チェックリスト評価
  • フォローアップ研修:1年

看護の道を明るく切り拓くための、
出会いと気づきが得られる新人教育を。

新人看護職員研修制度では、2年間で基礎看護技術の習得を目指しています。講義だけでなく、シミュレーションや演習、グループワークなど多彩な方法を取り入れた実践的なプログラムです。でも、教えたことはそのまま現場で使えるとは限りません。習得した知識・技術をどう現場で実践していくか。また、自らのキャリアをどう積み重ねていくのかが重要です。それは教えられるものではありません。あらゆる患者さまや理想となる看護師などとの出会いを通し築き上げるもの。自分らしい看護に気づくための場として研修が機能するように内容を工夫するとともに、新人が自らの居場所を見つけられるように現場をラウンドし、フォローすることを心がけています。歩み出したばかりの看護の道を、ぜひ明るく切り拓いていただきたいです。

北本 智美

新人看護師のある1日

堂田 克海
2017年入職

入職してから外科病棟で働いています。下部消化器外科がメインです。近大病院で実習を受けた際に、内科に比べて外科は入院期間が短くて、患者さまがみるみる良くなっていくのがやりがいになりそうだと感じました。入職後は、希望通りに外科に配属。短期間で状態が変化しやすい外科において、何よりも情報収集を大切にして日々業務に励んでいます。

日勤ONE DAY SCHEDULE

  1. 08:00

    出勤

    その日に担当する患者さまの状態や1日の処置・援助内容について情報収集を行います。基本的に、情報は電子カルテに記載されているので確認します。

  2. 08:30

    日勤ペアとのブリーフィング

    PNSのペア同士で情報を共有。1日の業務調整を行います。この時にわからない処置や行いたい処置などがあればペアに申し出ます。

  3. 08:40

    夜勤からの申し送り

    夜勤帯での患者さまの状態を申し受けます。外科なので、手術の予後の状態が良くない方もいらっしゃいますので要注意です。ドレーンや点滴も抜けていないか確認します。

  4. 09:00

    ラウンドの準備

    必要な点滴のミキシングやワゴンのセッティングを行います。処置がある場合は必要物品も準備します。

  5. 09:20

    ラウンド

    患者さまのバイタルサイン測定や状態観察を行い、ペアと協力しながらカルテを入力します。また、患者さまのデバイス類の整理や排液の回収、環境整備を行います。

  6. 10:30

    清潔援助

    患者さまの洗髪や清拭、シャワー浴介助を行います。

  7. 11:45

    ペアへの申し送り・休憩

    休憩前に行ってほしい処置内容や、午前中の患者さまの状態などを申し送ります。

  8. 12:45

    ペアとの申し送り・配薬・下膳

    自分が休憩で不在であったときの患者さまの変化や、ペアが休憩中に行ってほしい処置などの情報交換を行います。

  9. 13:45

    病棟カンファレンス

    曜日ごとに決められた内容について、病棟全体でのカンファレンスを行います。たとえば、月曜日は安全について。他で発生しているインシデントについて情報共有し、対策を考えます。

  10. 14:15

    処置

    まだ対応できていない患者さまの清潔援助や処置を行います。傷の状態が芳しくない方は、洗った後に軟膏を塗ります。手術直後は痛みが強いので、痛み止めを使用するなど注意が必要です。

  11. 15:00

    カルテ記載・リシャッフル

    PNSのペアで、カルテ記載担当と処置担当の役割を分担。業務進捗状況をもとに、リーダーが再分配します。

  12. 16:00

    ペアとの情報共有

    カルテ記載を行いながら、患者さまについて処置担当の看護師と情報共有を行います。

  13. 16:30

    夜勤への申し送り

    日勤での患者さまの状態を申し送ります。また、点滴やドレーンなどが留置されている患者さまについては直接患者さまのもとでデバイスの固定を確認します。

  14. 17:00

    退勤

    原付バイクで10分程度の距離に一人暮らししています。平日はあまり寄り道することなく、家にいることが多いです。休日は好きな自動車で出かけることが多く、先輩とたまにゴルフの練習をすることもあります。

夜勤ONE DAY SCHEDULE

  1. 16:00

    出勤

    その日に受け持つ患者さまの状態や1日の処置・援助内容について情報収集を行います。日勤帯に比べて少人数で対応。翌日までの処置や手術準備など、空き時間で情報を収集します。

  2. 16:30

    日勤からの申し送り

    日勤帯での患者さまの状態を申し受けます。

  3. 17:00

    ラウンド

    患者さまのバイタルサイン測定や状態観察をし、可能であれば配薬も行います。

  4. 18:00

    配膳・配薬・下膳

    患者さまの間違いが起こらぬよう本人確認を行いながら配膳。そして、各患者さまの食事摂取状況を確認し、配薬を行います。

  5. 20:00

    休憩

    メンバーと相談しながら時間を調整し、休憩します。大体、夜勤メンバーでまとめて休憩するのが通常。夜食は何かあった際に対応できるため、病棟で食べます。

  6. 20:30

    ラウンド

    睡眠前までに行うべき処置や睡眠剤の配薬を行います。薬の飲み忘れがないようにチェックすることが大切です。また、患者さまが入眠しやすいようベッド周囲や部屋の環境を整えます。

  7. 21:30

    消灯・リーダーとメンバーへの申し送り

    患者さまに説明しながら消灯します。その後、担当患者さまに関する報告や翌日の処置内容について情報共有し、業務調整を行います。

  8. 23:00

    翌日の点滴準備

    0時から9時まで使用する点滴を準備。人数が少なくてもすぐにラウンドができるようあらかじめ用意しておくことが重要です。

  9. 00:00

    ラウンド

    点滴や血糖測定が必要な患者さまを中心に全体ラウンドを行います。

  10. 01:00

    申し送り・仮眠

    2時間ほどの仮眠をとる前に、行ってほしい処置内容や午前中の患者さまの状態などを申し送ります。

  11. 03:00

    申し送り

    仮眠中の患者さまの状態変化などについて申し送りを受けます。

  12. 04:00

    カルテ記載・ラウンド準備

    カルテの記載やラウンドがスムーズに行えるように準備します。

  13. 05:30

    ラウンド

    患者さま全体の状態を観察し、採血や処置を行います。また抗生剤などの時間が決められている薬剤を適宜投与していきます。

  14. 07:00

    血糖測定・食前薬の配薬・配膳

    血糖値を測定し、食前薬を配薬した後に配膳。患者さまの間違いが起こらぬように本人確認を行います。食事中にカルテを記載します。

  15. 08:00

    配薬・下膳・環境整備・日勤へ
    の申し送り

    各患者さまの食事摂取状況を確認し、配薬を行います。また患者さまの周囲環境を整えます。その後、夜勤帯での患者さまの状態を日勤担当に申し送ります。

  16. 09:00

    退勤

    夜勤明けでも、寝ずにそのまま日中を過ごすようにしています。きちんと夜に寝ることで、自分の生活リズムを崩さないように心がけています。