高齢化社会における医療提供を多様な角度から支えていきます。

チーム医療

それぞれの専門性を発揮し、 多職種チームだからできること
認知症看護認定看護師
中尾 有花

チームの役割について

それぞれの専門性を発揮し、
多職種チームだからできること

高度・急性期医療を提供する近畿大学においては、複雑な疾患を抱えた高齢者も多くいらっしゃいます。高齢の患者さま、認知機能の低下のある患者さまが安心して治療を受けられる為に様々な領域の専門的な視点から、どのような支援が必要かということを考え病棟や外来スタッフと連携を図っています。チーム医療では多職種が協働することで、それぞれの専門性を活かしひとつの職種だけでは成し遂げられないケアを提供することができます。
「患者さまが安心して入院生活が 過ごせるように」

チームで大切にしていることについて

患者さまが安心して
入院生活が過ごせるように

うまく思いを伝えることができない認知症の方の思いを汲み取り、“患者さまやご家族が望むことは何なのか“ということと、認知機能が低下し、不安がより強くなる患者さまが”安心して入院生活がすごせる為には何が必要か”ということをそれぞれの職種の視点から意見を出し、チームの中で共有し、スタッフが日常のケアに繋げられるように一緒に検討しています。そして、各病棟のリンクナースや所属長と連携を図りながら、様々な角度からアプローチを行い患者さまの目標を達成できるように心がけています。
患者さまやご家族が穏やかな笑顔に なったとき、私たちも笑顔をもらいます。

チーム医療の面白さ・やりがいについて

患者さまやご家族が穏やかな笑顔に
なったとき、私たちも笑顔をもらいます。

認知症の方の様々な症状はその方の何か困っていることのサインとして出ていることが多くあります。 この症状には、こうすれば必ず良くなるということは一概にはいえません。その方がどのような人生を過ごして、どの様なことを大切にしているのかを知ることも大切です。見えている入院生活の一部分だけで判断せず、スタッフとともに創意工夫する中で、薬剤のみに頼らず、ケアの力で患者さまが穏やかに過ごせるようになったり、安心した表情をされたときに私たちも病棟スタッフもやりがいを感じます。