チーム医療

チーム医療

それぞれの専門性を発揮し、 多職種チームだからできること
医療安全管理部/看護師 柏野 令子

チームの役割について

それぞれの職種の特徴を活かし、
事故を未然に防ぐことが、
チームの大きな目標です。

医療事故発生時の対応や再発予防策の検討など、病院全体の安全を守ることが医療安全管理部の役割であると考えています。医療安全管理部には医師、薬剤師、臨床工学技師、事務、看護師等が在籍しています。多様な職種が関わることで、それぞれの専門的知識を融合させ多角的な視点で医療の安全について考えることができます。医療現場は人の手で治療やケアを行いますから、小さなミスが起こることもあります。しかし、それが大きな事故となり患者さまに不利益が生じないよう、事故報告を細かく分析し、再発防止に努めています。最も大切なのは事故が起こってからではなく、起こりそうな問題に対し未然に対応することだと考えています。そのために多職種で行う、安全パトロールやチーム会議を定例化し、事故発生予防に向けて、看護師としての目線を活かし参加するよう心がけています。
「患者さまが安心して入院生活が 過ごせるように」

チームで大切にしていることについて

患者さまの安全を守るために
現場のスタッフとともに考えるよう
努めています。

最も重視しているのが、現場とのコミュニケーション。事故は人だけではなく、機械や環境、病院の体制によって起こることもあります。そのため、どんな失敗があったのか、どんな不便さがあるのかといった現場の声が重要です。その声をもとに、チームであらゆる角度から考えていくことで見えてくるものがあるからです。正確で詳細な情報を得られるよう、医療安全管理部では第一声として、現場スタッフに「一人の責任にはしない。病院として責任を取るためにこの話し合いがあります」と声をかけるようにしています。厳罰や責任を感じて小さなミスを隠すことなく、一人ひとりがささいなことでも相談してきてほしいからです。部屋のドアをいつも開けっ放しにしているのも、その表れ。また、研修の機会を増やしています。多職種合同研修などを通して、いかに安全意識を高めるか。いくら仕組みをつくったとしても運用する人の意識が変わらないと、安全管理は成り立たないのです。
患者さまやご家族が穏やかな笑顔に なったとき、私たちも笑顔をもらいます。

チーム医療の面白さ・やりがいについて

安全な環境をつくるためシステムを
整えることも看護ケアの一つです

医療安全は、患者さまの安心はもちろん、病院の理念でもある、安全で質の高い先進医療の提供に関わる責任ある仕事だと感じています。例えば、どれだけ丁寧な言葉を使って患者さまに接していても、少しのミスで信頼を得ることが難しくなってしまう場合もあります。私自身、患者さまに満足いただけるような質の高い医療・看護の提供とは何だろうと考え、たどり着いた一つの答えが、医療安全対策を充実させることでした。看護師として共に働いているスタッフは、誰もが間違いや失敗をしようとして仕事をしていません。しかし、失敗をすると一人ひとりが自分の責任として考え、自分達で解決しがちになってしまいます。そのような問題を共に考えることがチームとしての活動の意義であると思っています。どの部署の問題でも自分達のこととして捉え、協力しあうことが組織力をあげることにつながると思っています。