センター長ご挨拶

近畿大学医学部附属病院 心臓血管センター
センター長

宮崎 俊一


 我が国における死亡原因は従来から癌、心臓病、脳卒中が上位を占めており、国家政策としても国立循環器病センターの設立運営を基軸として地方における循環器診療の充実が図られてきました。この背景には欧米型の生活習慣が取り入れられたことによる循環器疾患の増加があり、近年ではメタボリック症候群という概念の浸透に象徴されるように動脈硬化性疾患はさらに増加しています。このため循環器系疾患のなかでも虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、大動脈弁疾患、動脈解離および瘤、等の疾患がますます増加している状況です。これらはいずれも救急疾患であり、救命のためには外科的および内科的治療の双方からの多面的な管理が必須であり、両方が適切な時期に実施されなければ予後改善は見込めません。すなわち、急性期から慢性期に至るまで一貫した医療体制を構築すること(つまりセンター化)が求められています。
 さて、近畿大学医学部附属病院においては、これまで救急救命センター内にCCUを設置して急性期の循環器内科・外科の診療を行ってきましたが、急性期患者の搬送依頼を頂く際に、手順が複雑でわかりにくい、または対応が迅速性に欠けるなどの問題がありました。そこで、緊急受け入れ窓口の一本化、システムのスリム化を行い、地域の医療施設にも開かれたセンターを目指します。さらに今後は慢性期治療への移行に際して提携医療機関との連携を含めた一元的運用も視野に入れた活動を進めて参ります。
 私共は近畿大学医学部附属病院に教育および研究機能を併せ持った心臓血管センターを開設することで、南大阪地域において高度循環器疾患診療を広く提供し、併せて卒前卒後教育においても充実した機能が果たせるようになると考えます。そして本センターの設置により、地域はもとより広く社会の循環器疾患の診療水準および治療成績がさらに向上し、高度循環器救急医療の発展に貢献できると確信しております。

 循環器系の救急疾患が疑われた場合は24時間いつでも下記の電話番号へ御連絡下さい。循環器医が迅速に対応致します。


近畿大学医学部附属病院 心臓血管センター
ハートコール 0120-145-810
("いー予後 ハート"と覚えて頂ければ幸いです)

△ページの上に戻る

センターの役割(ミッション)

診療 循環器診療の先進的診療、集中救急診療を広く地域に提供します。
研究 循環器疾患に関する研究開発を行います。
教育 循環器疾患の卒前および卒後教育を行います。
地域貢献 後方支援病院との連携を図ります。
△ページの上に戻る

お知らせ

2011/03/03 心臓血管センター ホームページアップしました。

△ページの上に戻る