ごあいさつGreeting

中川先生

ごあいさつ

国民の2人に1人ががんに罹患し、わが国の死因第1位の疾患である今日、国全体の取り組むべきがん対策として、平成18年度に「がん対策基本法」が制定され、これに基づいて策定された「がん対策推進基本計画」には、がん医療全般に携わる専門的な知識と技能を有する医師やその他の医療従事者の養成が明記されています。

これを受け文部科学省は、平成19年度より、「がんプロフェッショナル養成プラン」を立ち上げ、この成果を更に発展・拡充するため、平成24年度より、複数の大学がそれぞれの個性や特色、得意分野を活かしながら相互に連携・補完して教育を活性化し、がん専門医療人養成のための教育基盤を構築することを目的とする「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が実施されました。

近畿大学及び連携大学は、本事業に順次採択され、「6大学連携オンコロジー養成プラン」(平成19~23年度)及び「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」(平成24~28年度)を実施し、本事業における様々な取組を通じて、地域医療に貢献するがん専門医療人やグローバルに活躍できるがん研究者の輩出、がん教育基盤拠点の構築、多職種連携チーム医療の推進などの成果を挙げることができ、文部科学省からも高い評価を得ました。

そしてこの度、平成29年度より研究拠点形成費等補助金「多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン」として「7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン」が採択されました。

本プランは近畿圏の国公私立大学の医学・看護学・薬学、そして今回新しく理工学系の大学院研究科を加えた7大学9学部が相互連携し、大学院生などを対象に、多様化する新ニーズに対応した個別化医療を実践できるがん専門医療人を養成することを目的としています。

また 3つのタスクフォースを設置し、ゲノム医療、希少がん及び小児がん、ライフステージに応じて生じる様々な課題等に取り組み、患者中心の個別化医療を実践できるがん専門医療人を養成し、輩出してまいります。

7大学連携個別化がん医療実践者養成プラン
事業推進責任者
近畿大学医学部内科学腫瘍内科部門 教授 中川 和彦

最新情報

  • INFORMATION
  • EVENT