7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン 文部科学省採択事業 [がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン]

総合メニュー

TOPページへ

ごあいさつ

プラン概要

7大学連携先端的がん教育基盤創造プランとは

全体図

取組概要

組織図

大学院生募集中

教育内容

コース概要/教育カリキュラム

共通特論予定表(29年度)

過去の共通特論予定表

職種横断的ケーススタディ

SPを用いた職種横断的臨床課題演習

Faculty Development 活動

事業運営

合同実行委員会議事録

スケジュール

平成29年度スケジュール

お問い合せ

6大学連携オンコロジーチーム養成プラン

サイトマップ

プライバシーポリシー



HOME矢印ごあいさつ

ごあいさつ

事業推進責任者(近畿大学医学部長) 伊木雅之がんは、国民の2人に1人が罹り、3人に1人が死亡する疾患で、国民の生命及び健康にとって最大の脅威となっています。そのため2006年に「がん対策基本法」が制定され、手術、放射線療法、化学療法、その他のがん医療に携わる専門的な知識・技能を有する医師、看護師、薬剤師ら医療従事者の育成が図られているところです。
ところが、これまでの我国のがんの教育・研究・診療は臓器別、診療科別に行われ、これらを超える横断的な連携が不十分で、放射線治療・化学療法・緩和医療を専門とする臓器横断的な講座もほとんどなく、がんの教育・研究基盤において遅れをとっていました。
そこで、私たち、阪神地区の国公私立7大学8学部の医学、看護学、薬学系大学院研究科は、それぞれの個性や特色・得意分野を活かして相互に連携し、高度ながん診療と研究を実践できる人材養成の基盤整備を推進することにいたしました。
具体的には、放射線治療、化学療法や緩和医療など、がんに特化した臓器横断的な新講座を設置し、専門教育プログラムの改革、包括的がんセンター研修など、がんに関する教育研究基盤の構築、改善を行っています。また、がんセンターを中心とした地域医療に携わるがん医療人の養成、人的交流の強化、先端的ながん研究を通じて国際競争力をもつがん研究者養成のための基盤整備も充実させるとともに、優れたがん専門医療人の養成を行っています。また、がん研究やがん診療の最新情報を市民の皆様にお知らせする市民公開講座なども随時開催しております。
私たちは、このプログラムによって今後のがん医療を担う医療人の養成基盤の整備を通じて、がん患者がそれぞれの地域において安心して、科学的知見に基づく適切ながん医療を受けられるようにし、また、研究の成果はできるだけ早く社会に還元して、日本のがん医療の発展・向上に寄与すべく、今後とも努力を続ける所存です。

7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン
事業推進責任者(近畿大学医学部長) 伊木雅之




事務局からのご案内