研修案内

脳神経外科は、プライマリケアの中で、頭部外傷や脳血管障害の診察、また、意識障害を含めた神経症状の鑑別診断などの実地教育にも大きな責任を担っています。そのため、医学部学生や研修医には脳神経外科を将来専攻する・しないに関わらず、興味をもって勉学していただけるよう努めたいと考えております。

その後の専門医教育では広範な知識と手術技術の習得が必要です。実際のところ、脳神経外科学が包含する領域は多岐にわたっておりますので、教育においても段階的な習得が重要と考えます。そこで、専攻医の教育では脳神経外科一般の診療を習得して専門医の資格を取得することを第一目標とし、資格取得後はそれぞれ本人の特性や希望を見さだめ、サブスペシャリティーとして特殊な専門領域を扱う人材も育成していきたいと考えます。

私どもの教室では多様な価値観のもと、各人の独創性を伸ばす方向で脳神経外科の臨床と研究を推進しております。広い視野と特殊な技術をあわせ持った専門医が評価される時代、脳神経外科の診療・研究に興味をもち、共に発展させていきたいと考える諸君が参加されることを期待しております。

近畿大学医学部 脳神経外科教室
教授 加藤 天美

研修案内

1.脳神経外科専門研修の基本理念

  • A)新臨床研修制度における脳神経外科選択研修(初期研修)
    新臨床研修制度にもとづくローテーションの中で、必須項目とされる脳卒中など神経救急疾患を中心に学びます。
  • B)専攻医研修プログラム(後期研修)
    新臨床研修制度による2年間の研修後、4年間で次のような能力を備えた脳神経外科専門医の養成をめざします。
      (1)中枢神経系とその病変の理解
      (2)手術および処置法の習得
      (3)治療オプション提示、患者の人生を考えた治療法の選択

    脳神経外科はいくつかの領域に分かれますが、後期臨床研修では以下を目標とします。
      (1)幅広く総合的な神経外科診療能力を養うこと
      (2)日本脳神経外科学会専門医資格を得ること
      (3)将来の専門領域特化への基盤をつくること

2.研修プログラムの特徴

  • 上記の目標を達成するため次のような複数病院のローテート、他の診療科での研修や大学院などの(オプション)が組み込まれています。終了時点で日本脳神経外科学会専門医試験受験資格が得られます。
      (1)近大病院と市中病院
      (2)各種施設(脳神経外科、小児神経外科、脳卒中、悪性脳腫瘍)
      (3)関連診療科(神経内科、救命救急科、ER科、麻酔科、リハビリテーション科)

3.研修スケジュール

  • A)初期研修(卒後1〜2年目)

    脳神経外科の日常診療において脳卒中などの診断、病態、治療について学びます。

  • B)後期研修

    (1)初期(卒後3年目)
    脳神経外科研修の第一歩を近大病院で開始します。豊富な症例、スタッフによる丁寧な指導、各種のカンファレンスにより診断、病態、治療方針について理解を深めます。
    【目標】神経学的診断、画像診断、術前術後管理、救急患者対応。手術,血管造影などの基本手技の習得

    (2)中期(卒後4〜5年目)
    市中病院で実践的研修を行います。施設は大阪府ならびに近畿圏の基幹病院です。
    この期間には個人の希望や特性に応じたオプションや大学院入学を含めたバリエーションがあります。
    【目標】頭蓋形成、慢性硬膜下血腫、V-Pシャント、外傷、脳内血腫の手術手技を習得

    (3)後期(卒後6年目)
    近大病院で研修の仕上げを行います。
    特殊な症例、難易度の高い手術の経験、最新の治療技術の習得をめざします。
    【目標】血管吻合、脳動脈瘤クリッピングなどの手術手技の習得

4.近畿大学医学部附属病院脳神経外科のカンファレンス

  • 次のようなカンファレンス、回診により「専門的知識」、「プレゼンテーション能力」、「ディスカッションの習慣」を培います。
      (1)総合カンファレンス(術前・術後検討、入退院報告、検査所見解説)
      (2)神経放射線カンファレンス(放射線科診断部門)
      (3)神経内科・脳神経外科合同カンファレンス
      (4)神経眼科カンファレンス
      (5)リハビリカンファレンス
      (6)癌管理医療カンファレンス
      (7)てんかん外科カンファレンス(大阪大学合同)
      (8)抄読会

5.近畿大学医学部附属病院脳神経外科の特殊診療

  • 脳腫瘍

    画像誘導や先進的な脳機能マッピングを活用し、脳機能を損なわない安全、確実な手術を開発・実用化し、実践している。すなわち、頭蓋内良性腫瘍に対し神経内視鏡支援下の非侵襲的・根治的手術治療やエネルギー集中治療、画像誘導下の体積計測摘出を行っている。頭蓋内悪性腫瘍(原発性・転移性腫瘍)は治癒・寛解のため、手術治療に加え、定位的放射線集中治療、化学療法を総合した集学的治療を行っている。

  • 脳血管障害・脳卒中・頭部外傷

    くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞を主たる対象に手術治療・血管内外科治療を含めた集学的治療を行っている。特に血管内外科は2名の専門医を有し、全国でも高レベルの低侵襲卒中治療を実践している。さらに、脳動脈瘤に対し、神経内視鏡支援下の低侵襲・根治的手術治療を開発している。地域医療の指導的施設としてこれら脳卒中疾患を、直通電話回線(脳卒中コール)を通じて積極的に受け入れている。

  • 機能的脳神経疾患・てんかん

    機能的脳神経外科は当教室の伝統である。顔面痙攣・三叉神経痛に対し神経血管減圧術。パーキンソン病・頑痛症に対し定位脳手術により脳刺激装置・頭蓋内電極植込術による外科治療を行っている。新教授赴任に伴い、てんかんの外科的根治治療を開始した。

  • 脊髄・脊椎疾患

    脳神経外科の繊細な手術技術を活かし、脊髄腫瘍・脊椎症に対して低侵襲外科治療を行っている。

6.関連施設

  • 近畿大学医学部奈良病院
    近畿大学医学部堺病院
  • 讃和会 友愛会病院
    厚生会第一病院
    寝屋川藤本病院
    育和会病院
    沖縄協同病院


連絡先
近畿大学医学部脳神経外科教室
〒589-8511大阪府大阪狭山市大野東377−2
TEL 072-366-0221
E-Mail hisakubo@.med.kindai.ac.jp
担当 久保田 尚