日本肝がん分子標的治療研究会

Japan Association of Molecular Targeted Therapy for HCC

FAIL (the browser should render some flash content, not this).

第15回 日本肝がん分子標的治療研究会

研究会 詳細

■第15回日本肝がん分子標的治療研究会

 <当番世話人>

 武蔵野赤十字病院 消化器科 泉 並木

■日 時  2017年1月14日(土)
■会 場  イイノホール&カンファレンスセンター
東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階
TEL: 03-3506-3251
URL: https://www.iino.co.jp/hall/access/
■学会HP  http://www.waaint.co.jp/kangan15/

■プログラム

一般演題(公募)

 01.セカンドラインに移行するのはどんな場合か
 02.ソラフェニブの適応はどう変わったか
 03.long SDとPDの見極め
 04.肝癌治療後のC型肝炎の抗ウイルス療法と再発
 05.肝癌治療後のDAAによる肝予備能改善
 06.ソラフェニブと既存治療との組み合わせ
 07.SVR後の肝癌に対するソラフェニブ治療
 08.ソラフェニブと栄養療法の実際
 09.肝癌治療におけるDEB-TACEと分子標的治療薬の役割
 10.症例報告
 11.その他

 ※1.要望演題を公募いたします。公募演題はすべて口演が中心となります。
 ※2.演題の採否、発表セッション、一般演題の発表形式につきましては、当番世話人にご一任ください。

■一般演題・演題応募期間

2016年8月2日(月)〜 2016年10月3日(月)12:00正午 2016年10月24日(月)12:00正午

■研究会参加費

会 員     円

非会員     円

■お問い合わせ先

【事務局】
第15回日本肝がん分子標的治療研究会 運営事務局
〒180-8610 東京都武蔵野市境南町1-26-1
TEL:0422-32-0012
E-mail: kanzosokai@musashino.jrc.or.jp

ページ先頭へ戻る