日本肝がん分子標的治療研究会

Japan Association of Molecular Targeted Therapy for HCC

FAIL (the browser should render some flash content, not this).

第14回 日本肝がん分子標的治療研究会

研究会 詳細


第14回日本肝がん分子標的治療研究会

当番世話人

兵庫医科大学超音波センター・内科肝胆膵科 飯島 尋子



日 時  20166月11日(土)

会 場  スペース36(梅田スカイビルタワーウエスト36F)
               〒531-6023 大阪市北区大淀中1-1
       TEL: 06-6440-3901  
               URL:
http://www.skybldg.co.jp/access/

学会HPhttp://14jamtt-hcc.jp/index.html

プログラム


一般演題(公募)

01CRalmost CR症例から学ぶ
02
重篤な肝機能悪化例/副作用例から学ぶ
03
long SDから学ぶ
04
PD判定後のソラフェニブ継続の是非とその後の治療展開
05
ソラフェニブの治療効果ならびに予後予測のバイオマーカーの現状
06
ソラフェニブにおける治療効果判定基準の現状と課題
07
ソラフェニブと既存治療との組み合わせ
08
ソラフェニブ長期投与例の特徴とその工夫
09
ソラフェニブと栄養療法の実際
10
肝癌治療におけるDEB-TACEの位置づけ
11
症例報告
12
その他

※1.要望演題を公募いたします。公募演題はすべてポスター発表となります。
2.演題の採否、発表セッション、一般演題の発表形式につきましては、当番世話人にご一任ください。


一般演題・演題応募期間

2016年3月15日(火)〜 2016年4月5日(火)17:00 
4月30日(土)12:00正午

研究会参加費 
会 員     
非会員     円

お問い合わせ先
 【事務局
14回日本肝がん分子標的治療研究会 運営事務局
株式会社クレッシー(担当: 米田・福浦・大田)
〒561-0861 豊中市東泉丘4-3-5-1306
TEL
06-6850-8558 FAX06-6850-8540

E-mail: office@14jamtt-hcc.jp