本文へスキップ

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

                               

NEWS

2016年6月20日
業績リスト」・「ニュース」を更新しました。
2016年6月16日
「業績リスト」を更新しました。
2016年6月9日
「メンバー」を更新しました。
2016年5月19日
「ニュース」を更新しました。
2016年5月9日
「業績リスト」を更新しました。
2016年4月14日
「メンバー」を更新しました。
2016年4月6日
「ニュース」・「業績リスト」・「メンバー」を更新しました。
2015年12月9日
「ニュース」を更新しました。
2015年11月27日
「ニュース」を更新しました。
2015年10月19日
「業績リスト」を更新しました。
2015年7月29日
「ニュース」を更新しました。
2015年6月15日
汐見先生の論文「α2-Antiplasmin is involved in bone loss induced by ovariectomy in mice」がBoneIF4.461)にアクセプトされました。
2015年1月7日
田村助教の論文「Role of plasminogen activator inhibitor-1 in glucocorticoid-induced diabetes and osteopenia in mice.」がDiabetes(IF8.474)にアクセプトされました。
2014年7月22日
梶教授の記事が日本骨代謝学会ホームページの「基礎・臨床の骨研究のトップランナーを紹介」に掲載されました。
2014年7月11日
田村助教の研究課題「糖代謝異常と骨代謝異常の相互増幅機構における筋肉・骨の臓器連関の役割の解明」が公益財団法人武田科学振興財団 平成26年度医学系研究奨励(基礎)に採択されました。
2014年6月11日
河尾助教の論文「Tissue-type plasminogen activator deficiency delays bone repair: roles of osteoblastic proliferation and vascular endothelial growth factor」がAm J Physiol Endocrinol Metab(IF4.514)にアクセプトされました。
2014年5月5日
矢野助教の論文「Fibrodysplasia Ossificans progressiva-related activin-like kinase signaling enhances osteoclast formation during heterotopic ossification in muscle tissues」がJ Biol Chem(IF4.651)にアクセプトされました。
2014年3月17日
田村助教の研究課題、「糖代謝異常が引き起こす骨脆弱化における筋肉・骨の臓器連関の役割の解明」が公益財団法人骨粗鬆症財団 平成26年度(第22回)研究助成に採択されました。
2014年2月27日
毛莉先生の論文「Plasminogen activator inhibitor-1 is involved in impaired bone repair associated with diabetes in female mice」がPLOS ONE(IF3.730)にアクセプトされました。
2014年2月22日
田村助教の論文「Plasminogen activator inhibitor-1 deficiency ameliorates insulin resistance and hyperlipidemia but not bone loss in obese female mice」がEndocrinology(IF4.717)にアクセプトされました。
2014年1月28日
田村助教の研究課題、「骨の機能維持におけるビタミンD代謝を介した筋骨連関の役割の解明」が公益財団法人中冨健康科学振興財団 平成25年度(第26回)研究助成に採択されました。
2013年12月21日
毛莉先生の論文「Influence of diabetic state and vitamin D deficiency on bone repair in female mice」がBone(IF3.823)にアクセプトされました。
2013年10月26日
田村助教の研究課題、「糖代謝異常が引き起こす組織再生障害の新たな治療戦略の確立」が公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 平成25年度調査研究助成に採択されました。
2013年8月
河尾助教の研究課題、「進行性骨化性線維異形成症における筋由来破骨細胞分化因子の同定」が公益財団法人大阪難病研究財団 平成25年度医学研究助成に採択されました。
2013年5月30日
第35回日本血栓止血学会学術集会の学術推進委員会シンポジウム2「線溶と動物モデル」にて河尾助教が発表しました。
2013年5月14日
田村助教の論文がDiabetes (IF 8.286)にアクセプトされました。
2013年4月3日
平成25年度科研費にスタッフ全員の研究課題が新規および継続を含めて内定しました。
2013年2月22日
河尾助教の論文がJournal of Bone and Mineral Research (IF 6.373) にアクセプトされました。
2013年2月22日
平成24年12月 田村助教の研究課題、「糖尿病性骨粗鬆症の病態機序とその性差の解明」が公益財団法人神澤医学研究振興財団 平成24年度研究助成に採択されました。
2012年2月28日
ホームページをリニューアルしました。
2012年1月
河尾助教の論文がThrombosis and Haemostasis (IF 4.701)にアクセプトされました。
2012年1月
梶教授が、平成24年1月より、内分泌・代謝・糖尿病内科にて、毎週火曜日に外来診療を開始しました。主として、カルシウム骨代謝、骨粗鬆症を中心とした内分泌疾患を診療しています。
2011年10月
田村助教の研究課題「線溶系因子プラスミンの活性制御によるインスリン抵抗性の治療」が財団法人横山臨床薬理研究助成基金 平成23年度研究助成金に採択されました。
2011年7月
梶教授が、平成23年7月28日から30日開催の第29回日本骨代謝学会学術集会にて、学術賞を受賞しました。
2011年7月
河尾助教が、XXIII Congress of the International Society on Thrombosis and Haenostasisにて、Young Investigators Awardを受賞しました。

バナースペース

近畿大学医学部再生機能医学講座

〒589-8511
大阪府大阪狭山市大野東377−2

TEL 072-366-0221 (内線3165)
FAX 072-366-0206
E-mail: saiseiri(at)med.kindai.ac.jp