本文へスキップ

近畿大学 医学部 薬理学教室へようこそ


TEL. 072-366-0221(代表)

〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2

 求 人     RECRUIT

近畿大学 医学部 薬理学教室

募集
助教(任期制)1 名 (留学のため今夏に退職する助教の後任)

[機関の説明]
 近畿大学は総合大学で、近大マグロのように研究実用化を目標とする機運があります。医学部の臨床業務では大阪南部の基幹病院として先端医療を行い、一方、その基盤となる基礎医学的研究を活発に行っています。
 私共薬理学教室は、医学部学生への基礎医学教育と創薬研究を行っています。学生には既知の病態生理と薬の作用機序を教育し、研究では医学部の特色を生かした、未知の病態生理の解析による原因因子の特定を行っています。これまでに他施設との共同研究の結果、実用化に向けた薬開発と特許取得を達成してきました。現在注目しているのは、ホメオスタシスに調節される好中球・マクロファージを中心とした炎症反応で、傷害、修復・再生の機序です。この調節機序の知見が得られたところで、まずは神経再生、血管新生についての検証を行っています。他の臓器再生促進、さらには抗腫瘍作用の研究も開始しています。本来、生体に備わるホメオスタシスに沿った治療法の開発が重要と考えています。

[仕事内容]
本学は教員が研究をする環境に十分配慮していますので、教育と研究をバランス良く行えます。

●  研究
●  教育@ 医学部学生に対する薬理学系統講義・演習実習および基礎医学講義
     A 医学部大学院生に対する研究支援・指導
     B 他学部・他施設への出動講義
●  教室運営に関する業務
●  大学行事に関する業務
等の内容です。ご質問は教室にメールでお尋ねください。

[応募資格]
● 医学部生教育と研究を行うために、以下の@Cの全ての条件を満たすことを応募資格とします。
   @  平成 29 3に医学、薬学系の後期博士課程卒業(博士号取得)予定の方。MD、non-MD は問いません。
   A    薬理学教育の基本となる知識(薬学、解剖・組織学、生理学、免疫学など)を学んだ方。
   B   タンパク質分析に基づく創薬研究に意欲のある方。
   C   学生教育(実習指導を含む)の経験を持つ方。
 @ の条件以外で、平成 28 年度に医学、薬学系の博士号取得予定の方についても、
  A
Cの全ての条件を満たすことを条件に応募資格とします。


 
[待遇]
近畿大学の定める規定により優遇します。
 

[募集期間]
2016
07 31 日まで  

[着任時期]
2017
04 01 日から

[応募書類]
   応募希望の方は教室アドレスまでご連絡ください。近畿大学規格申請用書類をメールで送ります。
 近畿大学 医学部 薬理学教室  教室アドレス:dp-pharm@med.kindai.ac.jp

[選考内容]
 近畿大学教員採用規定に従い選考を行います。
 応募順に選考を開始します。採用決定次第、募集を終了します。
 選考結果については、合否に関わらず 2 週間以内にメールで通知します。

バナースペース

近畿大学医学部薬理学教室

〒589-8511
大阪府大阪狭山市大野東377-2

TEL 072-366-0221(代表)
FAX 072-367-1820
e-mail:
dp-pharm@med.kindai.ac.jp