近畿大学医学部 麻酔科学講座

メニュー一覧

ご挨拶

近畿大学医学部 麻酔科学講座 症例数

近畿大学医学部 麻酔科学講座の取組

手術室の麻酔科

集中治療室(ICU)

疼痛センター(ペインクリニック)

スタッフ

近畿大学医学部 麻酔科学講座への入局案内

お問合せ

サイトマップ

疼痛制御センター(ペインクリニック)
img1.jpg 近畿大学麻酔科学講座は医学部の開設に伴って昭和50年に開講され、京都大学から初代教授とし末包慶太教授が就任し、近畿大学麻酔科学講座の基礎を築きました。平成6年には2代目教授として東北大学から古賀義久教授が就任し、臨床・教育・研究すべての面でのさらなる発展を遂げております。平成22年4月1日には、私が3代目の教授として就任いたしました。
麻酔科の守備範囲は手術麻酔管理がメインですが、集中治療医学とペインクリニックも積極的に行っております。すなわちキーワードは全身管理と鎮痛です。
手術麻酔管理における麻酔科医の役割はいわゆる“縁の下の力持ち”ではありますが、患者さんの予後を左右する重要な役割を担っていると自負しております。昨今さまざまなモニターや薬剤の発達とともに、手術中の安全性は格段に改善されてきましたが、それらを使いこなすのはやはり人間です。そのためには最新かつ幅広い知識が必要ですし、常に技術の向上を心掛けることも必要だと思っています。
実際、我々はエコーガイド下神経ブロックや中心静脈穿刺等の技術をいち早く取り入れて、安全性の向上につとめています。
さらに安全性だけではなく、術後鎮痛や吐き気の防止など麻酔の質の向上にも注意を払っています。手術後の痛みを軽減することは、患者さんのQOL(クオリティーオブライフ)を改善するだけでなく、免疫能低下を防ぎ術後回復を促進するという報告もあります。集中治療室では塩川教授が中心となり、手術後や病院内発症の重症患者さんの全身管理を行っております。ペインクリニックでは森本教授が中心となり最先端の治療を行い、多くの患者さんを集めています。
手術麻酔管理・集中治療はともに中央部門ですので、他科の医者だけではなくコメディカルの方たちとのチーム医療が重要であり、良いチーム医療を遂行することは安全性の向上のみならず医療の質の改善にもつながるものと思い、日々努力しております。
このホームページを見て下さった方々には、麻酔科の存在を理解していただくとともに、御意見がございましたらお気軽にお問い合わせいただきたいと思っております。
臨床研修や入局の御相談も、随時お受けいたしております。

麻酔科学講座主任教授


中尾 慎一