校長挨拶|近畿大学附属看護専門学校

学校概要About us

校長挨拶

髙橋 英夫 校長

校長 髙橋 英夫

社会構造の変化によって、世の中の仕組みが大きく変わる日が、すぐ近くに来ていると言われています。近い将来に医療のあり方は変わり、従事者の役割は従来とは違ってくるでしょう。その変化にどのように対応していくのか、前例がない中で手腕が試されています。当然、看護師の仕事の内容も大きく広がっていくでしょう。そういう状況を見据えて、プロフェッショナルとして医療に従事する準備をすることは、極めて重要な意味を帯びてきます。
 医療現場からは、「科学と人間性」を基盤とする、新しい看護教育の実践が強く求められています。これを受けて、近畿大学附属看護専門学校の教育目標は、正しい看護のために必須な知識と技術・態度と、さらに、問題思考による「考えて行動する医療・看護」の能力を身につけることとしています。このために、教育体制の充実を図り、高い職業意識と優れた技術を持つ看護師の養成を目指して、教職員一同力を合わせて努力しています。また、近畿大学病院を中心に実習教育を受けることができ、恵まれた環境の中で学ぶことができます。
 本校は「人に愛され、信頼され、尊敬される人」として「人に奉仕できる医療人」の育成を目標とします。学生生活を有意義に過ごし、心身ともに病める方々に暖かい手を差しのべ、安らぎと力・希望をもたらす医療人となっていただきたいと願います。