TOP

学生の声

正木明日香さん(1年生)
(和歌山県立田辺高等学校出身)

看護師を目指すきっかけは。

看護師を目指したのは、中学校の職業体験がきっかけでした。
患者さまから感謝の言葉をいただいたときに、看護師として働くことのやりがいを感じたからです。近畿大学病院での実習に魅力を感じて近大看護に入学しました。オープンキャンパスで話した先輩たちの優しさに触れたことも、入学の決め手となりました。

専門性の高い看護の勉強にメリハリをつけて取り組んでいます。

正直、入学当初は、高校とは異なる専門的な学習に戸惑いも感じました。課題も多いので、計画的に課題に取り組むことを意識して実践。余暇の時間も作れるよう、早め早めに取り組むことを習慣にしました。一段落付いたら休むようにして、学習と余暇のメリハリをつけるように心がけています。

やりがいを求めて看護師に。
入職後は即戦力として活躍したい。

実習で印象的だったのが、無菌操作の技術練習です。1年生最後の実習なので、1年間で習得した様々な技術を用いて臨みました。クラスメイトとの協力が必要不可欠な実習で、実習後はクラスの絆が深まった気がします。卒業後は、即戦力になれる看護師を目指して頑張ろうと思います。

竹澤亜咲さん(3年生)
(和歌山県立田辺高等学校出身)

看護師の大先輩である⺟の姿に憧れて入学。

看護師を⻑年つづける⺟の姿に憧れて、看護師の道を選びました。私や周りの人がケガをしたり病気にかかると、⺟はいつも看護師として的確な対応をしてくれます。誰にでも起こりうる健康上の問題にかかわって、その人を支えていく看護師。⺟の背中を見ているうちに、そんな職業に就けたら素晴らしいと思うようになりました。

命に関わる仕事に携わる。
その覚悟を得た日々の学び。

1、2年生では主に知識や基本技術を身につけ、3年生になると培った知識や技術を活かして臨地実習を行います。
最も印象に残っているのは、初めての臨地実習です。それまで座学で学んできた医療現場を実際に訪れて、患者さまの安全を守るために行われている全ての業務の重要性を実感しました。

近大看護の魅力。

近大看護の魅力は、こうした実習病院で最新の医療知識や技術に触れられるところだと思います。教員と学生の距離が近く、日々の学習や臨地実習で困ったことがあればすぐに相談できる。そんな恵まれた環境で、1年生から国家試験に直結した勉強ができるのも有難いですね。

近畿大学附属看護専門学校
YouTube公式チャンネル