部長・主任挨拶|近畿大学附属看護専門学校

学校概要About us

部長・主任挨拶

教務部長 脇坂 眞由美

教務部長 
田上 晶子

看護師は病気や怪我でつらい思いをしている方に寄り添いながら回復へのサポートをする、また、助産師は生命の誕生にたずさわり、喜びをともに分かち合える素晴らしい職業です。
日本はこれから超高齢化社会にむかい、病院だけでなく、さまざまな場で看護の力が必要となります。そして、安心して子供を産み育てられる環境が必要であり、そのためには助産師の役割がとても重要になってきます。このように看護師・助産師は社会に求められるやりがいある仕事です。
本校では、実践的な技術を磨くことはもちろん、看護師・助産師としての姿勢・態度を学び、人としても成長できるよう学生達をサポートしていきます。ここで学んだことを糧に、自分自身の人生も豊かにして欲しいと願っています。

看護学科教務主任[小児看護学] 田上 晶子

看護学科教務主任
森 文美代

当校では対象となる人々の多様な価値観・思いや生活を大切に受けとめ、責任とチームケアの意識をもちながら健康問題の解決に取り組める看護師の育成に取り組んでいます。     
国家試験対策としても、1年次から受験ガイダンスや定期学習会、強化講義、予備校出張講座などのプログラムを段階的に展開し、3年次は個別指導により臨地実習とのバランスを保ちながら受験勉強を進めていけるようサポートしています。学生生活における出会いと学びの積み重ねは、人との関わりや自分自身を見つめ直すかけがえのない経験であり、看護師として根づくための礎(いしずえ)になります。いのちと向き合う学びの困難さを感じる時もあると思いますが、学生と教員が共に学び合い、乗り越え、お互いが成長できる関係でありたいと願っています。
アドミッションポリシーを理解し、"自分の意思"をもちチャレンジできる方を心よりお待ちしております。

助産学科教務主任代行 東尾 公子

教務主任
椎原 由美子

昨今、医療現場で求められている看護師像とは、「優しさ」「思いやり」など、相手を思いやる気持ちを持つ豊かな人間性と、熟練した知識・技術で「安全と安楽」を与えられる実践力です。
本校では、知識・技術・態度を兼ね備えた学生の育成に力を入れています。実習の主となる近畿大学病院では先進医療が行われており、質の高い医療や看護を学べる環境にあり、学生の成長に結びついています。
そして、卒業生たちは学校生活を通して豊かな知識・技術と人間性を身につけ、看護の現場で活躍をしています。
私たち教員は、看護師を目指す皆さんと共に励み歩んでいきたいと思っています。一緒に看護を追究できることを楽しみにお待ちしております。