認知症を対象としたPET

認知症とPETについて

超高齢社会の我が国においては認知症が医学のみならず社会的に大きな問題になっています。認知症の大半はアルツハイマー病(AD)であり、まだADの根治薬は完成していませんが、2021年6月にADUHELM(一般名:アデュカヌマブ)がADの病理(アミロイド・ベータ)に作用する初めての治療薬として、米国食品医薬品局(FDA)により承認されました。ADにおいては早い段階での治療・介入が重要視されています。ADでは症状が現れるずっと前に脳にアミロイド・ベータ沈着がはじまり、次にタウ沈着、代謝・血流低下、その後に脳萎縮が現れます。FDG-PET、アミロイドPET、タウPETでそれぞれ脳糖代謝低下、アミロイド沈着、タウ沈着の有無をみることができます。
近畿大学では大学病院として上記PET検査を研究も交えて施行しています。

  1. BATON研究(血液バイオマーカーによる認知症の統合的層別化システムの開発)
    多施設共同研究BATON研究に参加いただける軽度認知機能障害(MCI)、ADを含む早期認知症患者、正常高齢者の方を募っています。参加頂ける方に脳FDG-PET,アミロイドPET,タウPET検査を行っています。 物忘れ診断外来、メンタルヘルス科、脳神経内科またはPET受付で詳細を説明いたします。
  2. MABB研究(精神神経疾患における脳画像-体液バイオマーカー相関に関する多施設連携研究)
    多施設共同研究MABB研究に参加いただけるMCI、早期認知症の方を募っています。アミロイドPET、タウPET検査等を行います。 物忘れ診断外来、メンタルヘルス科、脳神経内科またはPET受付で詳細を説明いたします。
  3. 物忘れ脳ドック(検診PET/CT脳ドック(物忘れ)コース)-PET
    脳MRI, 脳FDG-PET, 神経心理検査等を行って正常範囲内かMCI、早期認知症がないかを調べます。
    このドックを受けて頂いた方の中から上記1,2の研究に参加頂ける方を募っています。 PET受付で詳細を説明いたします。
  4. 自由診療による脳FDG-PET
    脳の糖代謝の低下部位をみてADに移行するMCI,早期ADや他の認知症の鑑別を行います。 PET受付で詳細を説明いたします。
  5. 自由診療によるアミロイドPET
    自由診療によるアミロイドPETは「アミロイドPETイメージング剤の適正使用ガイドライン」に則り下記の適切な使用に該当する方のみ実施しています。

    現時点における適切な使用

    1. 臨床症状が非定型的であり、適切な治療のために確定診断を要する認知症症例(例えば、アルツハイマー病と前頭側頭葉変性症の鑑別を必要とする場合)
    2. 発症年齢が非定型的(65歳未満の発症)であるため、適切な治療のために確定診断を要する認知症症例
    PET受付で詳細を説明いたします。 「アミロイドPETイメージング剤の適正使用ガイドライン」では検診、ドックでのアミロイドPETは不適切使用とされていますので当院では検診、ドックでアミロイドPETは実施していません。
  • 図1 アルツハイマー病のFDG-PET
    頭頂側頭葉の糖代謝が低下している(→)
    後部帯状回の糖代謝が低下している(◯)
  • 図2
    アミロイドPET
    左:アルツハイマー病
    大脳皮質にアミロイド沈着がある(赤矢印)
    右:正常
    アミロイド沈着はない
電話での問合せ

(072)366-0221(代表)内線2604

受付時間

平日8:30~17:00
土曜8:30~12:30