近畿大学医学部附属病院 がんセンター Kindai University Faculty of Medicine Cancer-Center

近畿大学医学部附属病院 がんセンターは、がん診療の中心的・指導的役割を果たし質の高い医療の提供や情報発信を行なっています。
文字サイズの変更ができます。
  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

サイト内検索はこちらから

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

現在ご覧になっているページはこちらです。

HOME#がんセンターとは#がんセンターの組織構成

組織図

緩和ケア部
がん相談支援室
通院治療センター
放射線治療部
キャンサー・ボード
がんセンター
がんプロ事務局
医学物理室

page topへ


各部のご案内


部名 主な対象疾患と機能
がんセンター運営委員会 がん診療を担う各診療部門、研究部門、薬剤部門、看護部門、事務部門が、当院がんセンターの役割や機能を協議する組織です。
キャンサーボード 詳細 がんの診断医、腫瘍内科医、外科医、放射線腫瘍医、病理医、緩和ケア医、看護師、薬剤師などが参加し、それぞれ専門の立場から意見を交換して症例検討を行い、治療方針を決定するものです。
通院治療センター 詳細 点滴による治療が必要な各種悪性疾患。それだけにかかわらず、分子標的薬による治療が必要な関節リュウマチ、クローン病、ベーチェット病等の患者さんにご利用頂いています。
放射線治療部 詳細 脳腫瘍、頭頸部腫瘍、食道がん、肺がん、乳がん、膵臓がん、肝臓がん、胆道がん、直腸肛門がん、子宮がん、前立腺がん、膀胱がん、皮膚がん、骨軟部肉腫などすべての悪性腫瘍
医学物理室 詳細 医学物理士は、放射線を利用する医療分野(放射線治療、放射線診断、核医学)において、医学物理や医療技術学の専門家として貢献する職種です。放射線治療部医学物理室では、放射線治療分野に関する物理的技術的業務を行います。
緩和ケア室 詳細 全てのがん種にともなう苦痛を有する患者さんやそのご家族
緩和ケアチーム
緩和ケア外来
入院患者さんを対象に緩和ケアを提供する専門のチームです。治療と生活をより快適に過ごせるよう、医師(身体のつらさ担当・気持ちのつらさ担当)、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、口腔外科医、歯科衛生士など多職種で構成しています。
がん情報管理部 がんに関する情報を担当する部門です。
がん相談支援室 詳細 がん患者さんとご家族の「がん」に関する不安・悩み・疑問に対応いたします。
院内がん登録室 院内がん登録業務およびがんセンターにおける統計処理を行っています。
レジメン登録委員会 抗がん剤治療を安全に受けていただくため、治療レジメンの監査を行う委員会です。
(※レジメンとは、養生法のことで、がん治療で投与する薬剤の種類や量・期間・手順などを時系列で示した計画書を指します。)
教育研修部 がん診療を担うスタッフ教育を専門とする部門。 がんプロフェッショナル養成プランを実施 詳細しています。
がんプロ事務局
(7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン)
詳細
近畿の国・公・私立7大学の医学・看護学・薬学系大学院研究科が共同して質の高い医師、コメディカルのオンコロジーチームを養成する「7大学連携先端的がん教育基盤創造プラン」が文部科学省の「がんプロフェッショナル養成プラン」に採択されました。このプロジェクトは、近畿圏7大学が共同して、質の高いがん専門医師やコメディカルを養成するためのものです。

page topへ



近畿大学医学部附属病院 がんセンター 簡単ページアクセス目次