近畿大学医学部附属病院 がんセンター Kindai University Faculty of Medicine Cancer-Center

近畿大学医学部附属病院 がんセンターは、がん診療の中心的・指導的役割を果たし質の高い医療の提供や情報発信を行なっています。
文字サイズの変更ができます。
  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

サイト内検索はこちらから

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

現在ご覧になっているページはこちらです。

HOME#診療内容#緩和医療について

体だけでなく、心の痛みも和らげるために
#

緩和ケアとは、がん患者さまの苦痛を取りのぞき、患者さまとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするための医療です。
がんと闘いながら、また共に生きる中で感じる「からだ」「こころ」「人とのつながり」「人生そのもの」など様々な痛みをやわらげるために、いつでも相談できるパートナーとして私たちがいることを是非覚えておいて下さい。


緩和ケアは「治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」ではありません

緩和ケアはがんと診断された段階から、物理的な治療と共に一緒に受けることが出来ます。
がんと診断され治療が始まると、身体的な痛みや不快な症状やそのために、気分がゆううつになったり、
前向きに生きることが出来なくなることがあります。
これはがんと診断された多くの方に起こる症状です。
さまざまな「不快な症状」を少しでも解消し、がんそのものの治療に一緒に取り組みましょう。

対象となる方

全てのがん種にともなう苦痛を有する患者さまやそのご家族が対象です。
入院されている方だけでなく、外来で抗がん治療中の患者さまにも支援できるよう緩和ケア外来を設けています。
【年間の治療実績】
一般病棟の患者さま:年間100名以上
緩和ケア科外来患者さま:年間約100名

外来通院中の患者さまには「緩和ケア外来」で支援します。

どんなことでも私たちにお伝えください

がん患者さまは、身体的な苦痛だけではなく、精神的な苦痛や心の痛みを抱えていることが多いものです。
がんの進行に伴い出て来る、さまざまな症状に苦しむことがあります。
  • 食欲がない
  • 吐き気がする
  • つらい倦怠感がある
  • 呼吸がしにくい
  • 便秘・下痢・尿漏れなどの不調
  • 不眠・寝付きが悪くなった
  • 何もする気がおこらなくなった
  • 不安でたまらない....など

どんな小さなことでもかまいません。私たちにお聞かせください。

緩和ケアのサービスを受けるには

現在、近畿大学医学部 附属病院で入院・通院治療を受けている方は、担当医や看護師に
「緩和ケアを受けたい」とお伝えください。

入院中の患者様には「緩和ケアチーム」が支援します

緩和ケアチームは、身体症状担当医師、精神症状担当医師、がん看護専門看護師、がん性疼痛看護認定看護師、
緩和ケア認定看護師、歯科口腔科医師、歯科衛生士、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、ソーシャルワーカー
など、多職種のスタッフが恊働し治療にあたります。
多職種のスタッフが恊働し治療にあたります
■職種 ■対応内容
身体担当医 チームリーダー、痛み、吐き気、息苦しさ、だるさなど身体の症状を中心に対応
精神担当医 不安、眠れない、気持ちの落ち込みなど精神の症状を中心に対応
看護師 苦痛症状の評価、看護ケア、退院支援、家族サポート(グリーフケア含む)、
カンファレンスなど 対応とチーム内の各職種の調整
薬剤師 苦痛症状の評価、安全に薬物療法を受ける事ができるように情報提供、服薬指導の実施
管理栄養士 食欲がない時や栄養摂取に関するサポート、栄養補助食品の提案
臨床心理士 気持ちのサポート
ソーシャルワーカー 経済的な問題、医療福祉制度、サービスの情報提供、生活環境の整備、転院サポート
歯科衛生士 口腔内のさまざまな苦痛の軽減
理学療法士 緩和的リハビリテーションの実施
口腔外科医 口腔内のさまざまな苦痛の軽減

緩和ケア外来 診察日

全人的医療(身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルペイン)の緩和のトレーニングを受けた緩和ケア科医(内科医)が
診療しております。
初診の方:火(午後)、水(午後)、木(午後)、金(午後)
再診の方:月(午前)、火(午前・午後)、木(午前・午後)、金(午前)
※当院で治療を受けている患者さまが対象となります。緩和ケア外来を希望される方は、当院診療科の主治医にご相談下さい。

page topへ

近畿大学医学部附属病院 がんセンター 簡単ページアクセス目次