近畿大学医学部附属病院 がんセンター Kindai University Faculty of Medicine Cancer-Center

近畿大学医学部附属病院 がんセンターは、がん診療の中心的・指導的役割を果たし質の高い医療の提供や情報発信を行なっています。
文字サイズの変更ができます。
  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

サイト内検索はこちらから

ご覧になりたい項目をクリックしてください。

現在ご覧になっているページはこちらです。

HOME#がんセンターとは#がんセンターの役割


#
がんの診断と治療は大変複雑で多くの労力が必要です。それは、患者さまはそれぞれ、がんの種類やがんの広がりの程度や状況によって診断方法や治療方法が異なるからです。
がんセンターは、それぞれの患者さまに最適な治療方法を実施するために必要とされる診断医、外科医、放射線腫瘍医、腫瘍内科医、緩和ケア医など多種多様ながん診療専門医が効果的に協働するためのしくみなのです。
また、がん診療に関与するのは医師だけではありません。がん患者の看護を専門とする看護師や抗がん剤、放射線治療についての専門知識を有する薬剤師、放射線技師にの協力があって初めて効果的で安全ながん治療が可能となります。
がんセンターは多職種がん専門医療人の協働作業により患者さまお一人お一人の安心・安全に貢献します。



近畿大学医学部附属病院 がんセンター 簡単ページアクセス目次