リンク集お問い合わせ交通アクセスプライバシーポリシー

近畿大学医学部
内分泌・代謝・糖尿病内科

Kindai University Faculty of Medicine
Department of Endocrinology, Metabolism and Diabetes

教室案内

トップページ > 教室案内:教授ごあいさつ

教授ごあいさつ

内分泌・代謝・糖尿病内科教授 池上 博司

私たちの教室では目前の健康だけでなく、各個人の
一生涯を見据えた息の長い医療の提供を心がけています。

近畿大学医学部内分泌・代謝・糖尿病内科ホームページへようこそ。
当教室では糖尿病・高脂血症をはじめとする代謝疾患、甲状腺・副腎・下垂体をはじめとする内分泌臓器の疾患に関して診療・教育・研究を行っています。
内科学は医学の基本です。なかでも内分泌・代謝学はひとつの臓器単位ではなく、ヒトの体全体を統合的にとらえる学問です。内科のなかでも最も内科らしい分野といえます。

内分泌・代謝学の代表的疾患である糖尿病は今や国民病ともいえる程、患者数の多い疾患です。発症早期から適切なライフスタイルと治療を継続すれば、一生涯にわたって健やかな生活を送ることができますが、放置すると腎不全・失明・心筋梗塞など重篤な合併症を引き起こす可能性のある怖い疾患でもあります。現在の治療が適切かどうかで10年、20年先の人生が大きく左右される重要な疾患なのです。

私たちの教室では、個々の患者さまの体質や病態に応じた最適の医療、いわゆるテーラーメイド医療の提供と、目前の健康だけでなく各個人の一生涯を見据えた息の長い医療の提供を心がけています。研究面では、テーラーメイド医療の根本に位置する体質・遺伝素因の解明を中心テーマとして日夜励んでいます。遺伝素因を解明すれば疾患発症の分子メカニズムが明らかとなり、メカニズムに応じた根本的予防法・治療法を個々の患者さまごとに構築することが可能となるからです。

このような内分泌・代謝・糖尿病内科の診療・教育・研究理念に賛同する若い先生方の入局をお待ちしています。

内分泌・代謝・糖尿病内科 主任教授
池上 博司

ページTOPへ