近畿大学病院 臨床研究センター

センターについて

HOME > センターについて

センターについて

南大阪地域における唯一の大学病院である近畿大学病院は、地域の基幹病院および特定機能病院として、幅広い年齢層の患者に質の高い先進的医療を提供するとともに、地域がん診療連携拠点病院として、がん診療にも力を注いでいます。

当院は、国内屈指の臨床研究実施機関であり、新しい医薬品や医療機器の承認・申請を目的とした臨床研究である「治験」の実施件数は大阪府下でトップクラスの実績を誇っています。
また、治験を除いた臨床研究についても、学内の多くの研究者が年間約200件以上の新しい研究を実施しています。

臨床研究センターは、治験管理部門と臨床研究管理部門とによって構成され、当院における全ての臨床研究が適正に実施されるための司令塔の役割を担っています。
この中で、治験管理部門は企業治験や医師主導治験を管理し、臨床研究管理部門は治験以外の、医師を中心とした研究者が実施する臨床研究を支援しています。

当センターは、治験審査委員会(IRB)、倫理委員会・遺伝子倫理委員会、認定再生医療等委員会、利益相反マネジメント委員会などの各種審査委員会と連動して、「倫理的妥当性」と「科学的合理性」に基づいた「社会から信頼される臨床研究」の実施を目指しています。
また、医師、看護師、薬剤師、検査技師、事務系職員などの多職種が密接に連携した、患者中心のチーム医療を実践することによって、安全で質の高い臨床試験を提供できるよう、日々努めています。

近畿大学病院 臨床研究センター
〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL 072-366-0221 (病院代表)
アクセス方法
お問い合わせフォーム
プライバシーポリシー

PAGE
TOP