文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科・部門のご案内

皮膚科

責任者・診療部長 大磯 直毅

診察している特殊(専門)疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 乾癬
  • 白斑
  • 円形脱毛症
  • 皮膚悪性腫瘍(悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、悪性リンパ腫)
  • 自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)
  • 母斑(苺状血管腫、単純性血管腫、太田母斑、異所性蒙古斑)
  • 肝斑
  • 雀卵斑
  • 日光黒子(シミ・ソバカス・老人斑)
  • 遺伝性皮膚疾患
  • 薬疹
  • 接触皮膚炎(パッチテスト)
  • 掌蹠膿疱症
  • 膠原病(強皮症など)
  • 帯状疱疹
  • 膿皮症
  • 足爪白癬
  • 光線過敏症
  • ざ瘡(にきび)
  • お年寄りにみられる皮膚病(そう痒症、乾皮症)

など

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ― …休診

診療スタッフ

担当医師名 専門分野 専門医資格等
臨床教授、診療部長
大磯 直毅
白斑、乾癬、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、皮膚悪性腫瘍、悪性黒色腫 日本皮膚科学会皮膚科専門医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、難病指定医
医学部助教
大原 裕士郎
皮膚腫瘍、アトピー性皮膚炎、乾癬
専攻医
濵口 麻衣
皮膚科一般
専攻医
中嶋 万季
皮膚科一般

トピック

各種疾患への治療

  • アトピー性皮膚炎・乾癬に対する生物学的製剤、JAK阻害剤、紫外線療法などの全身療法
  • 白斑・円形脱毛症に対する各種治療
  • 皮膚悪性腫瘍・悪性黒色腫に対する手術療法、化学療法
  • 母斑(苺状血管腫、単純性血管腫、太田母斑、異所性蒙古斑)などに対する各種レーザー治療
  • 入院を要する水疱症、帯状疱疹、膿皮症、重症薬疹、皮膚の血管炎などに対する各種治療
  • アレルギー性接触皮膚炎におけるパッチテストを用いたアレルゲン精査と生活指導
  • 遺伝性皮膚疾患の専門的なカウンセリング

検査機器について

  • Qスイッチレーザー/ピコセカンドレーザー
    太田母斑、扁平母斑、日光黒子などの治療
  • CO2レーザー
    黒子や皮膚腫瘍などの治療
  • 紫外線治療
    UVA/UVB照射装置、VTRAC, NB-UVB照射装置など

診療部長から一言

近畿大学奈良病院皮膚科は、地域医療への貢献と、質の高い個別化医療に取り組んでいます。
急性期皮膚疾患に対する入院治療、難治性の皮膚疾患に対する新規治療、皮膚腫瘍に対する外科手術、血管腫などに対するレーザー治療、パッチテストによるアレルゲン同定、遺伝性皮膚疾患に対するカウンセリングなど、専門性の高い分野を担当し、地域の患者さんに貢献しています。
皮膚科の専門性を生かして的確に診断し、患者さんの悩みに寄り添い、希望に沿いながら患者さんごとに治療方針を選択しています。安全で安心できる治療を提供できるよう心がけています。

大磯 直毅