文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科・部門のご案内

形成外科・美容外科

責任者・診療科長 上田 吉生

診察している特殊(専門)疾患

形成外科

形成外科という科は、多くの方にとって聞きなれない馴染みのない診療科であると思います。
形成外科では、主に身体表面の先天的な(生まれつきの)異常や外傷(ケガ)・手術後の瘢痕(きずあと)や変形などに対して、形態および機能を整えて正常な状態に近づけることを目的として治療を行っています。具体的には下記のような疾患を対象としています。

  • 顔や手足のケガ(切り傷、すり傷、等のけが)
  • 火傷(やけど)
  • 瘢痕(きずあと)
  • 瘢痕拘縮(ケガやヤケド後の傷跡の引きつれ)
  • ケロイドや肥厚性瘢痕
  • 耳の変形や異常(副耳、小耳症、折れ耳、袋耳、立ち耳)
  • 唇顎口蓋裂(兎唇)
  • 血管腫(赤あざ)
  • 色素性母斑(黒あざ、ホクロ)
  • 老人性疣贅(シミ、イボ)
  • 老人性色素斑(しみ)や朱雀斑(ソバカス)
  • 皮膚良性腫瘍(ほくろ、黒子、いぼ)
  • 皮下良性腫瘍(しこり、できもの等)
  • 皮膚悪性腫瘍(皮膚癌・皮膚ガン)
  • 腋臭症(ワキガ)や多汗症、わきが治療後の再発
  • 乳癌術後の乳房変形や欠損
  • 胸廓異常(漏斗胸、鳩胸)
  • 顔面骨骨折(下顎骨骨折、鼻骨骨折、頬骨骨折など)
  • 手のケガや生まれつきの異常(切断指、多指症、合指症)
  • 爪の変形(巻き爪や陥入爪などのワイヤー矯正)
  • 頭蓋顔面変形(顔の変形)や咬合(噛み合わせ)異常
  • 褥創(床ズレ)
  • 真性包茎や尿道下裂

当科では、これらのすべての治療をオールラウンドに行っています。

美容外科

さらに美しくなることを目的とした美容外科は、形成外科の到達点でもあります。しかし、医療を施される側と施す側の間には主観の違いがあり、患者さまが希望される通りの結果が得られるような完全な手術は難しいと考えております。そのため当科では10年以上の形成外科のトレーニングを受けた専門医が、手術前に十分なインフォームドコンセントを行い、顔ならびに全身の美容外科治療を適正な金額で行っています。具体的には下記のような治療を行っています。

  • 眼(二重、目頭切開、たるみ、しわ)
  • 耳(ピアス)
  • 鼻(隆鼻手術、鼻の穴の縮小、だんご鼻の修正、低い鼻、わし鼻、斜鼻、その他の整鼻手術)
  • 唇(厚い唇や薄い唇の形成、ガミースマイルの形成)
  • 顔や首のたるみや、しわ(フェイスリフト)
  • 顔面の輪郭形成(エラ削り、ほほ形成、アゴ形成など)
  • 臍(でべそ、へそ形成)
  • 乳房(乳房縮小、陥没乳頭、乳輪乳頭形成)
  • 脂肪吸引(身体の各部位)
  • 入れ墨(刺青、Tattoo)除去
  • 自毛植毛
  • 男性器(仮性包茎、包茎手術後のきず修正)
  • 女性器(小陰唇縮小、膣形成)
  • 挿入異物除去(シリコン、その他注入物摘出)
  • コラーゲン・ヒアルロン酸注射

なお美容外科診療は全て自費診療となります。

外来受付

  • 平日(月~金曜日)午前8時30分~午前11時30分
  • 土曜日 午前8時30分~午前11時
  • 日・祝祭日・年末年始・創立記念日(11月5日)は休診

原則として再診は予約制です。
形成外科美容外科では、予約の変更は電話で可能です。

美容外科は、予約が必要です。
TEL:(0743)77-0880(代表) 内線(3650・3651)
緊急の場合は、予約がなくても対応します。

診療スタッフ

担当医師名 専門分野 専門医資格等
准教授、診療科長
上田 吉生
形成外科全般・マイクロサージャリーによる再建、美容外科全般 日本専門医機構形成外科専門医、日本形成外科学会領域指導医・皮膚腫瘍外科分野指導医・小児形成外科分野指導医、日本救急医学会救急科専門医、レーザー分野指導医
専攻医
西川 侑輝
形成外科一般
専攻医
家村 真実
形成外科一般

特色

  1. 救命科・麻酔科と協力して熱傷(やけど)、顔面外傷(ケガや顔面骨骨折)、手の外傷(切断指など)については、重症度に関係なく24時間体制で対応しています。
    TEL:(0743)77-0880(代表)2800・2450
  2. 顕微鏡下で血管縫合・神経縫合を行うマイクロサージャリー(切断指再接着術、組織移植術)の成功率は、95.3%と優れた手術成績です。
  3. レーザーを用いたホクロ・イボ・あざ・しみ・脱毛の最新治療。
  4. 美容外科手術のトラブルや性同一性障害についての相談にも対応します。セカンド・オピニオン可。要予約。

院内施設・設備

CO2レーザー

黒子や皮膚腫瘍の治療。レーザーピーリングにも使用可能

アレックスレーザー

太田母斑、扁平母斑、日光黒子、老人性色素斑、などの治療

Gentreレーザー

永久減毛が2000年6月にFDA(米国)で認められた脱毛専用 レーザー装置

Laica手術用顕微鏡

形成外科・整形外科領域のマイクロサージャリーに必須の手術用顕微鏡

科長から一言

形成外科医の基本である“目立たない傷跡”と“機能的にはより正常に近く、形態的にはより美しく”を実践して、患者さまのQOL(Quality of Life)を向上させることを目指した治療を心がけています。
また美容外科に興味のある患者さまの中には、マスコミに取り上げられるような一部の医療機関のトラブル(手術料金や術後結果など)を耳にして美容外科に対する不信感や不安のために治療をうけることを躊躇したり、医療機関の選択に迷っておられる方も多いと思います。そんな患者さまのナイスエイジング(nice-aging)をサポートする最適の治療を心がけています。美容外科についてのお悩みがありましたら気軽にご相談下さい。

上田 吉生