文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

外来のご案内

ご来院の方へ

初診時に原則、紹介状をご持参ください

初期の治療は地域の医院・診療所等で、高度な専門医療は病院(200床以上)で行うという、医療機関の機能分担の推進を目的として、厚生労働省により制定された保険外併用療養費制度に基づき、当院の外来診療は初診時に原則、紹介状を必要としています。令和2年4月より一般病床が200以上ある「地域医療支援病院」では患者さまが大きな病院に集中しないように、また、より重症の患者さまの診療に専念できるように本制度を取り入れることが義務化されました。 当院は令和4年4月 地域医療支援病院に認可。

当院は地域医療の中核を担う「地域医療支援病院」として、地域の「かかりつけ医」と連携し、「かかりつけ医」では対応が困難な急性期や高度の治療、検査等が必要な患者さまを受け入れています。その後、状態が落ち着き次第、「かかりつけ医」で治療を継続していただくことにより、病院と地域の医院・診療所等と役割分担を進めております。

紹介状をもたずに当院を初診で受診される場合は、初診時保険外併用療養費として11,000円(税込)をご負担いただきますので、ご了承ください。
また、当院では治療により病状が安定した患者さまにつきましては、他の医療機関に紹介を行っておりますが、患者さまご自身の判断で引き続き当院を受診される場合は、再診時保険外併用療養費として3,300円(税込)をご負担頂きますのでご了承ください。

予約手続

次回も、診察の必要がある方については、受診月日等を診察室で予約しております。各受診科で予約票は領収書と一緒に打ち出されていますので、切り取ってお持ちください。

健康保険証

受診時には必ずご持参ください。なお、毎月1回確認させていただいております。毎月ご来院の初日には、必ず再診受付もしくはブロック受付へご提出ください。保険証のご提出がない場合は、自費扱いとさせていただきますのでご了承ください。

健康保険証の内容変更

保険証の資格、住所・氏名・電話番号などに変更がありましたら、必ず2番再診受付にお申し出ください。

おくすり

お薬のある方にはお支払いの際に、[お薬引換券]をお渡しいたしますので、氏名・生年月日・受診科をご確認のうえ、5番投薬窓口でお薬をお受け取りください。

おくすりが処方された患者様へ

当院では医師の処方箋に基づき調剤しておりますが、医師の処方されたお薬を受け取らずに帰宅される方がおられます。このようなお薬は、医師が処方した日数の間は薬剤部でお預かりしますが、病状変化の確認ができないことや、薬品の品質保証ができない為、処方日数以上の保管はいたしかねます。通常は、再度診察を受け、病状にあったお薬が処方されます。

ご不明な点は、薬剤部へご相談ください。

診察券

全科共通(一人一番号)で永久に使用することができます。受診時には必ずご持参ください。

おたずね

ご不明な点がありましたら、お近くの受付窓口でご遠慮なくおたずねください。

受診の流れ

費用

診断書・証明書・発行