文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科・部門のご案内

腎臓内科

責任者・診療科長 渡瀬 謙仁

診察している特殊(専門)疾患

腎移植・泌尿器科疾患以外、全ての腎疾患について対応可能です。
具体的には、以下のようなものになります。

  • 蛋白尿
  • ネフローゼ症候群
  • 尿潜血
  • 慢性腎臓病
  • 多発性嚢胞腎
  • 急性腎不全
  • 血液透析、腹膜透析
  • 高血圧症
  • シャント手術、シャント

PTAなども当科で行っています。

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ― …休診

 
腎臓内科外来
CKD看護外来(※)
外来血液透析
腹膜透析外来
  • 看護師による、腎機能が低下した方のための外来です。腎臓内科医により指示された方だけが受診できます。普段、透析業務を行っている看護師が腎代替療法の説明を行い、その方に最も適した腎代替療法を一緒に相談しながら決めていきます。

診療スタッフ

担当医師名 専門分野 専門医資格等
診療講師、診療科長代理
渡瀬 謙仁
腎臓病全般、血液透析、腹膜透析、血症交換療法などの血液浄化療法、急性血液浄化、シャント手術・シャントPTAなど 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本腎臓学会指導医・腎臓専門医、日本老年医学会老年科専門医、日本透析医学会指導医・透析専門医、日本アフェレシス学会認定血漿交換療法専門医、日本急性血液浄化学会認定指導者、日本腹膜透析医学会認定医
診療講師
永澤 元規
腎臓病全般・高血圧症、血液透析、腹膜透析、血症交換療法などの血液浄化療法、急性血液浄化、シャントエコーなど 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本腎臓学会指導医・腎臓専門医、日本透析医学会透析専門医
専攻医
真鍋 昌平
腎臓病全般、血液透析、腹膜透析、血症交換療法等の血液浄化療法、急性血液浄化、シャントエコー、シャント手術・シャントPTAなど
専攻医
三木 美帆
腎臓病一般、血液浄化療法
専攻医
福田 雄基
腎臓病全般、シャントエコーなど
専攻医
三浦 純幸
腎臓病全般、シャントエコーなど
専攻医
山岡 諭史
腎臓病全般、シャントエコー、シャント手術・シャント、PTAなど
専攻医
山根 雅智
出向中
腎臓病全般、シャントエコー、シャント手術・シャント、PTAなど

手術・症例件数実績

科目 件数(2020年1月~12月) 件数(2021年1月~12月)
外来延べ患者数
新規紹介患者数
7,245名
89名
8,677名
123名
入院延べ患者数 215名 258名
腎生検 10件 17件
透析件数(他の血液浄化療法も含む)
血液透析導入
4,576件
29名
5,192件
26名
腹膜透析患者数
新規導入患者数
4名
3名
5名
1名
シャントエコー 135件 175件
シャント手術
(人工血管、動脈表在化法含む)
25件 23件
シャントPTA 20件 30件

トピック

当科について

  • 昨年度、お二人の専攻医の先生をお迎えしましたが、今年度もお一人の専攻医の先生をお迎えしました。
  • 看護師によるCKD 看護外来も開設しています。腎臓内科医により指示された、腎機能が低下している方だけが受診できます。普段、透析業務を行っている看護師が腎代替療法の説明を行い、その方に最も適した腎代替療法を、一緒に相談しながら決めていきます。透析導入となった場合も、ずっと寄り添ってきた看護師がそのまま透析導入のお手伝いをしますので安心です。
  • 定期的に腎臓病教室も行っています。(現在はコロナ禍のため休止中)
  • シャント手術、シャントPTAなども当科で行っており 、腎移植・泌尿器科疾患以外の全ての腎疾患について対応可能です。

科長から一言

腎臓は、縁の下の力持ちとして毎日働き続け、ギリギリになるまで弱音を吐きません。
つまり、ほとんど症状がないまま末期の状態(取り返しのつかない状態)になっていることもあります。ですから、腎臓の悲しみや苦しみに、血液や尿、画像、組織検査などで、できるだけ早く気付いてあげることが重要です。
残念ながら人間は、年を重ねれば重ねるほど、老化などにより能力が低下してきます。腎臓も例外ではありません。そしてさらに、生活習慣病や慢性腎臓病などで腎臓に負担をかけ過ぎている方は、かなり早くに腎機能を失ってしまうこともあります。このような場合、腎代替療法(移植や透析)で生命を保つことはできますが、現在の医療をもってしても、失ってしまった腎臓の機能を取り戻すことはできません。
このため、早期発見、早期保護が非常に重要になります。尿や腎機能の異常などを指摘されたら、できるだけ早めに、かかりつけ医や専門医で定期的に診てもらうようにしましょう。

渡瀬 謙仁