文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科・部門のご案内

整形外科・リウマチ科(初診時要紹介状)

責任者・診療部長 戸川 大輔

診察している特殊(専門)疾患

脊椎脊髄外科

さまざまな脊椎疾患を、ナビゲーションや神経モニタリングを用いて安全かつ有効な手術を行います。腰椎変性疾患や、骨粗鬆症や溶骨性腫瘍(転移性脊椎腫瘍、骨髄腫など)による椎体骨折の低侵襲治療(BKP:バルーンカイフォプラスティー)に力を入れています。また、椎間板ヘルニアに対する椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア)治療も行っています。

  • 脊椎変性疾患(椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,すべり症、変性側弯症)
  • 骨粗鬆症・溶骨性腫瘍(椎体骨折,骨髄腫,転移性脊椎腫瘍など)
  • 脊柱変形(成人脊柱変形,思春期側弯症)
  • 靭帯骨化症(後縦靭帯骨化症,黄色靭帯骨化症)
  • 脊髄腫瘍(神経鞘種,髄膜種など)

下肢関節外科

術後の痛みが少なく手術翌日から歩行可能な早期回復治療により、高い関節機能の獲得を目標に取り組んでいます。人工膝関節手術では、傷んだ箇所だけを治療する単顆人工関節(UKA)や、自己の靭帯を全て温存するBCR-TKAを積極的に取り入れています。

  • 変形性膝関節症
  • 変形性股関節症
  • スポーツ障害(十字靭帯再建術,半月縫合術,骨軟骨修復)
  • 関節リウマチ,感染性関節炎

膝関節血小板多血漿(PRP)療法(保険適応外(自費診療))
自己の血液から作成したPRPを関節内へ注射するPRP療法を行っています。PRP療法は再生医療としての認可を受けており、膝関節症に対する手術をしない治療法の1つです。当院ではPRPの中でも濃度を高め効果を増幅させたAPSも導入しており、症状に応じて使い分けも行っております。

関節リウマチ

リウマチ専門医による的確な診断後、スクリーニング検査(採血・採尿,全身CT,胸部及び各関節XP)にて薬物治療開始前の全身状態を評価.患者の疑問や不安(薬物治療に期待される有効性,起こりうる有害事象,医療費など)を確認・説明しながら、一人一人に則した目標達成に向けた治療(Treat to Target)を展開.既往や合併症には,常に内科医と連携しながら適切かつ積極的な薬物療法,理学療法,装具療法を導入。更に整形外科医ならでは、適切なタイミングでの手術療法によりQuality of life獲得を目指す。

  • 最新薬物療法:生物学的製剤,JAK阻害剤
  • 外科的治療:人工関節置換術(四肢各関節),関節形成手術,腱移行術など

骨粗鬆症

寝たきりの原因となる脊椎骨折や大腿骨骨折のための予防を念頭において治療します。最も精度の高い二重エネルギーX線装置であるDXEAと、HSA(大腿部強度評価)、TBS(腰椎海綿骨構造評価)、骨代謝マーカーなどを用いて評価し、一人一人に適した薬物療法の選択・食事や運動などの生活指導を行います。

最新薬物療法:従来の骨吸収抑制剤から最新の骨形成促進剤スクレロスチンまで選択

  • 外科的治療:脊椎椎体骨折の低侵襲治療(BKP:バルーンカイフォプラスティー),最小侵襲脊椎安定術(MISt:minimally invasive spine stabilization)など

整形外科で手術を受けられる患者さまへ

(日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について)
近畿大学奈良病院整形外科では、当科で手術を受けた患者さまの診療情報を用いた研究を2020年4月1日より実施しています。この研究を実施することによる患者さまへの新たな負担は一切ありません。また,患者さまのプライバシーの保護については法令等を遵守して研究を行います。患者さまの資料・情報について、本研究への利用を望まれない場合には、担当医師に御連絡ください。

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ― …休診 

診療スタッフ

担当医師名 専門分野 専門医資格等
臨床教授、診療部長
戸川 大輔
脊椎脊髄外科 日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本脊椎脊髄病学会認定脊髄モニタリング認定医
准教授
神谷 正人
関節リウマチ、関節疾患 日本専門医機構認定整形外科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
講師
森 成志
下肢人工関節手術、関節鏡手術 日本専門医機構認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本リウマチ学会リウマチ専門医
医学部講師
山﨑 顕二
脊椎脊髄外科、骨粗鬆症 日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本骨粗鬆症学会認定医
医学部助教
岡 尚宏
整形外科一般 日本整形外科専門医
医学部助教
正覺 展央
整形外科一般

手術・症例件数実績

科目 内容 件数
2019年度 2020年度 2021年度
手術実績 人工関節股関節 20件 25件 21件
人工関節膝関節
(UKA)
84件
(13件)
57件
(15件)
53件
(14件)
骨関節外傷関連
(椎体形成術以外)
201件 169件 163件
脊椎関連
(椎体形成術)
119件
(17件)
131件
(34件)
177件
(49件)
腫瘍関連(脊椎・脊髄腫瘍) 25件
(12件)
34件
(12件)
23件
(7件)
関節リウマチ関連
(人工指関節)
(人工肘関節)
15件
(1件)
(0件)
13件
(2件)
(0件)
20件
(0件)
(2件)
その他(腱鞘切開、
手根管開放、
感染症、抜釘術など)
105件 126件 132件
合計 569件 555件 589件
関節リウマチの
最新薬物療法
生物学的製剤
(バイオシミラー)
204名
(116名)
195名
(124名)
151名
(103名)
JAK阻害剤 56名 74名 130名
合計 260名 269名 281名

トピック

せぼねの骨折について

Balloon Kyphoplasty (BKP)について

高齢になると骨粗鬆症化が進みます。骨粗鬆症になると、転倒などをしなくても骨折をすることがあります。これを脆弱性骨折といいます。骨粗鬆症による脆弱性骨折の中で最も多いのはせぼねの骨折、通称圧迫骨折(椎体骨折)です。ほかの骨折はギプスによる固定などで治しますが、身体にギプスはかなり大変です。硬めのコルセットをするのが基本的な治療になりますが、それもまた大変です。BKPは5㎜の傷2か所でできる非常に低侵襲な手術です。全身麻酔というハードルはありますが、手術はおよそ30~40分、手術が終われば骨折はすぐに安定化し、動いても痛みがなくなります。是非ご相談ください。

がんロコモについて

骨転移の治療・骨転移をもつがん患者さまの治療

ロコモティブシンドロームとは、骨や神経、筋肉などの運動器が障害され、移動能力の低下をきたした状態のことをいいます。2人に1人ががんに罹患する時代ですが、近年、がんの治療法は著しく改良され、生存率が上昇しています。しかし約10%のがん患者さまには骨転移が発生します。骨転移があると、病的な骨折を起こしたり、せぼねの骨転移では神経に障害が出て両上肢が動かしにくくなったり、立ったり歩けなくなったりすることもあります。寝たきりになると、最良のがん治療を受けられなります。当科は患者さまの骨転移の状況を把握し、がんによるロコモティブシンドローム(がんロコモ)にならないように共に考えます。是非ご相談ください。

せぼねの変形について

成人脊柱変形・脊柱後弯・側弯の手術治療

せぼね(脊柱)は絶妙なバランスでできており、横から見ると美しいS字状のカーブを描きます。しかも身体を滑らかに動かし、大事な神経を格納するという素晴らしい臓器です。せぼねの骨折、椎間板の変性、神経の病気など原因は様々ですが、これらの病態を契機に脊柱が変形することがあります.脊柱が変形すると容姿が気になるばかりでなく、長時間立位、座位を保持すると疼痛が出たり、おなかが押されて食後に吐き気がでたり、神経が障害されて下肢痛が出たりします.このような状態になるとなかなか手術以外の方法では症状が改善できず、症状はさらに悪化してしまいます.手術はタイミングが重要です.是非ご相談ください。

膝の治療について

人工膝関節について

全ての患者さまに満足していただける痛みの無い良好な膝関節の再建を目指しています

①単顆人工膝関節(UKA)

患者さまの正常な部分を残す手術です。術後の痛みが少なく、正常膝に限りなく近い機能回復が可能です。

②人工膝関節全置換術(TKA)
十字靭帯機能を備えた最新機種を使用し、患者さまごとの生来の膝関節形状にあわせた設置を目標とします。従来の人工膝関節より自然な膝関節機能の獲得が可能です。

関節リウマチの関節変形について

足趾形成術について

関節リウマチ患者に対する手術はこの20年で半減しましたが,ここ数年減少傾向は一段落しています。その原因として大きく2つの理由が考えられます。1つは依然として関節破壊を完全に制御することができていないため,もう一つは手術適応や術式に変化が生じ,手術に対する新たな需要が創出されているためです。足の変形が気になって温泉に行けない,手はひと目につきやすいので見た目を直したい。手術の最大の目的は機能回復と疼痛の軽減ですが,整容も求めて手術を希望される患者も増えてきています。当科では,写真のような足趾変形に関節を温存する手術も行っています。担当医とご相談ください。

診療部長から一言

整形外科では、筋骨格系(筋肉・骨・靱帯・関節など)の診断と治療を担当します。
当院スタッフの専門分野は、脊椎・脊髄、下肢関節(股関節・膝関節)、関節リウマチ、骨粗鬆症、外傷などで、整形外科に受診する多くの患者さまの症状を丁寧に診察します。
つらい痛みや機能障害にやさしく対応しながら、整形外科専門分野の知識を生かし的確に診断します。治療方針は患者さまとご家族と十二分に相談し選択します。
スタッフは日々研鑽し最新かつ最善の治療を施せるように努力しています。

戸川 大輔