文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科のご案内

メンタルヘルス科(一部予約制)

診察している特殊(専門)疾患

児童期、思春期、青年期、成人期、老年期におけるメンタルヘルス全般の障害・疾患を幅広く扱っています。

  • 児童期
    不登校や小学校で落ち着きがない状態、注意欠如/多動性障害など
  • 思春期、青年期
    不登校、引きこもり、統合失調症など
    ※小学生以下の初診は予約制ですので電話でお問合せください。
  • 成人期
    うつ病・双極性障害(躁うつ病)などの気分障害、統合失調症、神経症性障害、ストレス関連障害など
  • 老年期
    認知症、うつ病など

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ー…休診

担当医師案内

   
メンタルヘルス科(初診) AM 交替制 細見 史治 橋本 衛
※完全予約制
柳 雅也
佐久田 静 安達 融  
PM 交替制 細見 史治 柳 雅也 佐久田 静 安達 融  
メンタルヘルス科全般 AM 柳 雅也
花田 一志
橋本 衛
山形 祥礼
森本 拓
西原 崇浩
瀧川 清統
細見 史治
森本 拓頌
寺田 徹
杉本 美和
花田 一志
安達 融
林 宏樹
谷 緑
花田 一志
辻井 農亜
池田 真優子
佐久田 静
田村 善史(隔週)
原田 毅
 
PM 柳 雅也
安達 融
花田 一志
山形 祥礼
森本 拓頌
西原 崇浩
細見 史治
森本 拓頌
寺田 徹
杉本 美和
安達 融
林 宏樹
谷 緑
中田 翼
辻井 農亜
池田 真優子
佐久田 静
土屋 有希
 
もの忘れ診断外来
《※完全予約制》
AM   上田 昌美 橋本 衛      
PM   橋本 衛
佐久田 静
  花田 一志 西郷 和真  
光トポグラフィー  《※完全予約制》 AM           辻井 農亜
児童 《※事前予約》 PM     辻井 農亜      
心理検査 AM 笠松 絵美 丹羽 篤
後藤 雄一郎
後藤 雄一朗
丹羽 篤
岡田 和枝 新宅 可奈子  
PM 笠松 絵美 丹羽 篤
後藤 雄一郎
後藤 雄一朗 岡田 和枝 丹羽 篤
新宅 可奈子
 

診療スタッフ

専門医資格について

担当医師名 専門分野 専門医資格
橋本 衛 教授/主任
橋本 衛
精神科全般、老年期精神医学(認知症、うつ病)、高次脳機能障害 日本精神神経学会精神科専門医、日本老年精神医学会専門医、日本認知症学会専門医、精神保健指定医
辻井 農亜 准教授
辻井 農亜
精神科全般、気分障害(双極性障害・うつ病)、統合失調症、児童思春期(院内予約制) 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
柳 雅也 講師
柳 雅也
精神科全般、気分障害(双極性障害・うつ病)、統合失調症 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
細見 史治 医学部講師
細見 史治
精神科全般、気分障害(双極性障害・うつ病) 日本救急医学会救急科専門医、日本精神神経学会精神科専門医
医学部講師
三川 和歌子
精神科全般 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
医学部助教A
池田 真優子
精神科全般 精神保健指定医
医学部助教A
安達 融
精神科全般 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
医学部助教A
佐久田 静
精神科全般
医学部助教A
山形 祥礼
精神科全般 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
医学部助教B
森本 拓頌
精神科全般
医学部助教B
西原 崇浩
医学部助教B
林 宏樹
花田 一志 講師
花田 一志
精神科全般、老年期精神障害、認知症、器質性精神障害、精神科画像診断、メンタルヘルス 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
非常勤医師
阪中 聡一郎
精神科全般 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
非常勤医師
杉本 美和
精神科全般、統合失調症 精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医
非常勤医師
原田 毅
精神科全般、気分障害(双極性障害・うつ病) 精神保健指定医
専攻医
瀧川 清統
専攻医
中田 翼
専攻医
寺田 徹
専攻医
金沢 健伸
精神科全般
専攻医
出口 愛
精神科全般

診療内容

  1. 精神疾患全般についての外来診療
  2. 専門外来…児童思春期、躁うつ病、脳機能検査など
  3. 精神科病棟(Medical.Psychiatry.Unit:MPU)での入院治療…神経症性障害や軽症うつ病が主な対象です。
  4. コンサルテーション・リエゾン精神医療、自殺企図者のケア、緩和ケア
  5. 光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助
    ※光トポグラフィー検査予約は、医療機関からの紹介による完全予約制です。
    ※「光トポグラフィー」についての詳細はこちらでご確認頂けます。

特色

  1. 最新の薬物療法と心理社会的アプローチによる統合的診療
  2. うつ状態の鑑別診断と治療
  3. 双極性障害(躁うつ病)の薬物療法とサイコエデュケーション
  4. 身体因性精神障害(症状精神病・器質性精神障害)、認知症の鑑別診断
  5. 児童思春期の精神疾患・発達障害の診断評価と治療
  6. 自殺企図者のケア
  7. 緩和ケア
    院内他科、救命救急センター、緩和ケアセンター、他医療機関等との連携を重視し、コンサルテーション・リエゾン精神医療を積極的に展開しています。