文字サイズ
T
T
ページの先頭です。
メニュー

診療科のご案内

東洋医学研究所附属診療所/漢方診療科

近畿大学 東洋医学研究所附属診療所 ホームページはこちら

診察している特殊(専門)疾患

漢方薬と鍼灸を用いた東洋医学的診療を幅広く行っている。外科的治療が優先されるような疾患(悪性腫瘍等)においても、治療(手術、抗がん剤、放射線治療)にともなう症状緩和が可能である。特に、女性疾患(更年期障害、月経前症候群、月経困難症等)皮膚疾患(アトピー性皮膚炎等)、冷え性については専門外来として、西洋医学的専門性をもった治療を行っている。

外来診療日一覧

○…初診・再診とも診療 □…初診のみ診察 △…再診(予約)のみ診察 ー…休診
火曜日は漢方診療科の診察のみ


8:30~11:30

8:30~11:30

8:30~11:30

【第2・4】
8:30~11:30

8:30~11:30

東洋医学研究所附属診療所では「自由診療」、漢方診療科では通常の「保険診療」を実施。

担当医師案内

    午前 午後
漢方一般
《※PM:予約のみ》
武田 卓
甲斐 冴
武田 卓
甲斐 冴
漢方【女性漢方】
《※PM:予約のみ》
武田 卓
甲斐 冴
武田 卓
甲斐 冴
漢方【冷え症】
漢方【むくみ】
《※第2・4週のみ》
鍼灸 鍋田 理恵
漢方一般
《※PM:予約のみ》
漢方【女性漢方】
《※PM:予約のみ》
漢方【冷え症】
漢方【むくみ】
《※第2・4週のみ》
鍼灸
漢方診療科 武田 卓
甲斐 冴
漢方一般
《※PM:予約のみ》
椎名 昌美
漢方【女性漢方】
《※PM:予約のみ》
漢方【冷え症】
漢方【むくみ】
《※第2・4週のみ》
鍼灸 上出 彩未
漢方一般
《※PM:予約のみ》
武田 卓(第2・4週)
漢方【女性漢方】
《※PM:予約のみ》
漢方【冷え症】
漢方【むくみ】
《※第2・4週のみ》
武田 卓
鍼灸
漢方一般
《※PM:予約のみ》
武田 卓
吉見 佳奈
菊川 忠之(第2・4週)
漢方【女性漢方】
《※PM:予約のみ》
漢方【冷え症】 武田 卓
吉見 佳奈
菊川 忠之(第2・4週)
漢方【むくみ】
《※第2・4週のみ》
鍼灸 井本 蓉子

診療スタッフ

責任者・東洋医学研究所長・診療部長:武田 卓 教授

専門医資格について

担当医師名 専門分野 専門医資格
武田 卓 漢方全般、女性医学、腫瘍 漢方専門医・産婦人科専門医・内分泌代謝科専門医・婦人科腫瘍専門医
椎名 昌美 漢方全般、女性医学 産婦人科専門医
吉見 佳奈 漢方全般、女性医学 産婦人科専門医
菊川 忠之 漢方全般、女性医学 産婦人科専門医

※鍼灸については、医師の指示のもとに鍼灸師がおこないます。

診療内容・特色

  1. 通常の西洋医学的診療とは異なる、患者様の個々の細かな特性に基づいた東洋医学的な診断・治療。
  2. 東洋医学研究所附属診療所では「自由診療」、漢方診療科では通常の「保険診療」を実施。
  3. 「自由診療」においては、保険診療の枠にとらわれないため、エキス剤においても保険病名に関係なしに有効な製剤が使用可能。煎じ薬(患者様の状態に合わせた生薬のオーダーメイド処方)においては高品質なものが使用可能。
  4. 女性漢方外来、冷え症外来では、保険診療では行わないような問診票等によるきめ細かい検査を実施。症状改善において必要であれば西洋薬との併用治療を行い、西洋医学・東洋医学の専門性をもった両者の利点を生かした診療を行う。
  5. 独自の高品質の生薬を使用した煎じ薬の院内処方。
  6. 漢方治療と鍼灸治療の併用。

初診患者・診療領域別疾患

  1. 内科領域
    頭痛、高血圧、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、慢性便秘、浮腫、がん治療中・治療後の愁訴など
  2. 整形外科領域
    肩こり、背部筋肉痛などの頚肩腕症候群、腰痛症、坐骨神経痛、膝関節症、椎間板ヘルニアなど
  3. 耳鼻咽喉科領域
    アレルギー性鼻炎、花粉症、慢性鼻炎、慢性副鼻腔炎、難聴、耳鳴り、慢性中耳炎、舌炎、舌痛症など
  4. 皮膚科領域
    アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、皮膚掻痒症など
  5. 精神神経科領域
    抑うつ、不眠症、不安神経症、過換気症候など
  6. 脳神経外科領域
    脳梗塞後遺症など
  7. 婦人科領域
    月経困難症、更年期障害、月経前症候群(PMS)、不妊症、子宮筋腫、子宮内膜症など
  8. 眼科領域
    眼精疲労、アレルギー性結膜炎など
  9. 泌尿器科領域
    頻尿、前立腺肥大症など